【肩凝りの正体】実は初期の病気「頚椎症」の可能性 首の痛みに要注意

【肩凝りの正体】実は初期の病気「頚椎症」の可能性 首の痛みに要注意

肩こりは病気ではない、と捉えていませんか。確かに、「肩こり」は医学的な病名ではないのですが、その実態は、決して軽く見てよいものではありません。それどころか、肩こりは広い意味の頸椎症の始まりで、いわば「首の痛みの入り口」にあたる症状です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


首の痛みの入り口は「肩こり」

 「こり」とは、筋肉が緊張して硬さやこわばりが持続している状態を指します。一般的に、「こり」と「痛み」は別のものだと思われていますが、こりが高じると痛みが起こることからもわかるように、両者は密接な関係にあります。

 多くの人は、肩こりは病気ではなく、取るに足りない日常的な症状ととらえているのではないでしょうか。確かに、「肩こり」は医学的な病名ではないのですが、その実態は、決して軽く見てよいものではありません。
 それどころか、肩こりは広い意味の頸椎症の始まりで、いわば「首の痛みの入り口」にあたる症状です。頸椎症スペクトラムを先ほどの虹にたとえるなら、最初の赤色は「肩こり」なのです。

 なお、実際の肩こりは、文字どおりの肩のこりだけでなく、首から肩にかけて、さらに肩甲骨(背中の上部で左右にある三角形の大きな骨)付近を含めた広い範囲がこります。ここでいう肩こりは、そういった広い範囲のこりを意味すると思ってください。

 厚生労働省で行っている「国民生活基礎調査」では、症状別の有訴者率(自覚症状を訴える人の割合)を調べています。それによると、男性では第1位が腰痛で2位が肩こり、女性では1位が肩こりで2位が腰痛となっています(2010年調査)。

 これは、広い意味での頸椎症が、腰痛と並んで1〜2位を占めているといい換えることもできます。同時に、首の痛みを起こす予備群が、非常に多く存在することを意味しています。しかも、平成10年と比べて近年、肩こりを訴える人は増加する傾向にあります。

 肩こりが増加している原因としては、ここ数十年で、車や電車をはじめとした便利な移動手段の普及により、「歩かない生活」になってきたことが考えられます。さらに、ここ十数年で起こったパソコンの普及などにより、長時間、同一の姿勢をとる「動かない生活」になったことも考えられます。極端にいえば、人間が「動物」から「静物」に近づいていることが、肩こりの増加の原因と考えられるのです。

 とくに、座り続けて動かない生活様式は、近年、「セデンタリーライフスタイル」と呼ばれて注目を集めています。WHO(世界保健機関)では、セデンタリーライフスタイルが病気のリスクを高めると警告しています。セデンタリー(sedentary)は、「いつも座っていてほとんど体を動かさない」という意味の英単語です。そういう生活は、糖尿病や心臓病をはじめとした生活習慣病などと並んで、首の痛みのリスクも高めることを、ぜひ知っていただきたいと思います。

 そのほかに肩こりがふえているのには、精神的には緊張を強しいられる場面が多くなったことなど、現代人の多くに当てはまる社会的要因が深くかかわっていると考えられます。

 ここで、肩こりが起こるときの体の変化について簡単に説明しましょう。
 肩こりがある人は、首や肩が張って、肩が上がっています。肩がこるのは、何かに夢中になって取り組んだり、フォーマルな場に出たりするときですが、そのようなときには、自然と肩が上がります。肩が上がったときは、後頭部から肩甲骨にかけて広がっている上部僧帽筋と肩甲挙筋が縮み、肩甲骨を持ち上げて、それによって肩が上がるのです。

 また、肩こりの人は、たいていネコ背で肩が前に出た姿勢になっています。肩が前に出ると、その力に引っぱられて肩甲骨が左右に広がります。さらに、肩が前に突き出て、胸筋(大胸筋と小胸筋)が縮んで固まります。
 肩こりを解消するには、このような体の変化を元に戻す必要があります。

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

【名医】モヤモヤ血管が肩凝りの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【老けて見える原因】背中のハミ肉を落とすダイエット 使うのはタオルだけ!

【老けて見える原因】背中のハミ肉を落とすダイエット 使うのはタオルだけ!

「タオルを脚で挟む」エクササイズと「ふんどし」エクササイズには、体の軸を矯正する効果があるので、毎日1回以上は行いましょう。筋肉は、体の中で最も多くのカロリーを消費しています。ですから、エクササイズで筋肉が増えれば増えるほど、カロリーの消費量も増えるのです。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【近視・老眼】猫背を治すと視力がアップ?「背伸ばし体操」で0.2から1.0に回復した!

【近視・老眼】猫背を治すと視力がアップ?「背伸ばし体操」で0.2から1.0に回復した!

猫背を固定させないよう、こまめにリセットすること。効果的な方法として考案したのが「背伸ばし体操」です。この体操は、家事や仕事の合間などに手軽にでき、短時間でうつむき姿勢をリセットできます。背伸ばし体操は、ネコ背という姿勢の生活習慣病の「特効薬」と言えるでしょう。【解説】清水真(札幌スポーツケア治療室院長)


【身長を伸ばす方法】背伸ばしストレッチのやり方 大人も高校生も伸びる 視力も向上

【身長を伸ばす方法】背伸ばしストレッチのやり方 大人も高校生も伸びる 視力も向上

猫背は姿勢の生活習慣病です。背伸ばしストレッチで猫背を改善し、背すじの伸びた正しい姿勢を手に入れてください。子供だけでなく、中学生も高校生も、大人の身長も伸びます。目が良くなるうえに、腰痛や肩こりの症状が改善され、背まで高くなる、というオトクなです。【解説】清水真(札幌スポーツケア治療室院長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)