耳鳴り、難聴、メニエール病 耳管開放症にとてもよく効く 爪もみのやり方を写真図解

耳鳴り、難聴、メニエール病 耳管開放症にとてもよく効く 爪もみのやり方を写真図解

爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。爪の生え際を指でつまんで刺激するだけで、「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)


爪をもむと瞬時に 自律神経が整う!

 爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。
 爪の生え際を指でつまんで刺激するだけで、「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。
 爪もみは、日本自律神経免疫治療研究会の初代理事長の故・福田稔医師が開発したものです。私も患者さんに勧めて、その効果を実感しています。
 では、なぜ、爪の生え際を刺激することで、多様な健康効果が得られるのでしょうか。
 私たちの体は、意識せずに、内臓や血管などの働きを調整している自律神経によって、コントロールされています。自律神経のおかげで、体温は一定を保ち、血液は全身を巡り、食べたものは消化され、必要な栄養を吸収しているのです。
 体内に侵入した病原体などの異物を識別して、自動的に攻撃し、体が病気にならないようにする免疫システムにも、自律神経が大きく関与しています。
 自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがあります。この二つが、アクセルとブレーキのように拮抗して働き、バランスをとっているのです。この二つの神経のバランスが乱れることで、耳鳴りやめまいなどを始めとした多くの病気が発生すると考えられます。
 ストレスの多い生活を送っていると、交感神経が優位になってしまいます。反対に、ゆったりしすぎた生活を送っていると、副交感神経が優位になっていまいます。
 特に多いのは、前者の交感神経が優位になって、病気を招いている人です。交感神経が優位になると、血圧は高くなりますし、夜眠れなくなります。免疫力の低下にもつながるのです。
 そこで有効なのが、爪もみです。爪の生え際というのは、神経線維が密集していて、感受性が非常に強い場所です。ここをもむと刺激が瞬時に伝わり、交感神経と副交感神経のバランスの調整に役立ちます。
 耳鳴りや難聴、耳管開放症にお悩みのかたは中指を、メニエール病にお悩みのかたは小指を特に刺激してください。

40年間毎日続いていた 耳鳴りが激減した!

 では、実際に、爪もみで症状が改善した例をご紹介します。
 66歳の男性、Tさんのケースです。Tさんは、20代前半から耳鳴りに悩まされておりました。特に左耳の症状がひどく、365日24時間、「ジーン、ジーン」という耳鳴りが絶え間なく起こっていたようです。
 もちろん、耳鼻科にも通い、薬も処方されたようですが、ほとんど効果はなかったといいます。
 40年ものほんとうに長い間、耳鳴りに悩まされていたTさんですが、数年前に爪もみを本で知りました。以降、Tさんは毎日、起床後と入浴中に爪もみを行うようにしたそうです。
 すると、3ヵ月後には「ジーン、ジーン」という音が軽くなり、音の大きさが3分の1ぐらいにまで改善。おかげで、精神的にも楽になり、夜もぐっすり眠れるようになったと喜んでいました。
 Tさんの耳鳴りは、自律神経の失調による血流障害が原因だったのでしょう。
 爪もみは、爪の生え際をもむだけなので、いつでもどこでも自分で簡単にできるのが特徴です。爪もみを毎日の習慣にすれば、自覚しにくいストレスを解消することができるでしょう。
 なお、2012年の日本耳鼻咽候科学会では、金沢市立病院耳鼻咽候科の石川滋医師が、「耳管開放症患者の8割以上に爪もみが効いた」と発表されています。これからも、ますます注目されることでしょう。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

私の治療院では、6〜7年前から難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して水飲み療法を勧めています。この療法を始めたきっかけは、「大量に水を飲んだら、耳鳴りがよくなった」という、患者さんの話でした。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法 一掌堂治療院院長)


【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。いわゆる「医者の不養生」。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日でした。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


血圧降下成分の宝庫で 耳鳴りまで強力に解消する タマネギの薄皮茶

血圧降下成分の宝庫で 耳鳴りまで強力に解消する タマネギの薄皮茶

タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。【解説】三浦於菟(東邦大学東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


病院で治らなかった耳鳴りが消えた! 蒸しタオル療法で めまいや聴力も改善した

病院で治らなかった耳鳴りが消えた! 蒸しタオル療法で めまいや聴力も改善した

耳鳴りの症状は、いくら本人がつらくても、周りの人にはなかなか理解されにくいものです。頭の中で四六時中、音が鳴り響くために、うつ病や不眠症といった、精神的な疾患につながるケースも少なくありません。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング