医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

【ツボ】耳管開放症の治し方 耳鳴り、メニエール病にも効く「爪もみ」療法

爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。爪の生え際を指でつまんで、ツボを刺激するだけで、「メニエール病のめまいが改善した」「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。【解説】永野剛造(永野医院院長・日本自律神経免疫治療研究会会長)


爪もみとは何か

 爪もみは、手軽で効果の高い家庭療法の一つです。

 爪の生え際を指でつまんで刺激するだけで、「耳鳴りが消えた」「頻尿が治った」「白内障と老眼が改善し、視力が向上した」など、さまざまな効果が現れます。
 爪もみは、日本自律神経免疫治療研究会の初代理事長の故・福田稔医師が開発したものです。私も患者さんに勧めて、その効果を実感しています。

なぜ、爪の生え際を刺激すると良いのか

 では、なぜ、爪の生え際を刺激することで、多様な健康効果が得られるのでしょうか。
 私たちの体は、意識せずに、内臓や血管などの働きを調整している自律神経によって、コントロールされています。自律神経のおかげで、体温は一定を保ち、血液は全身を巡り、食べたものは消化され、必要な栄養を吸収しているのです。
 体内に侵入した病原体などの異物を識別して、自動的に攻撃し、体が病気にならないようにする免疫システムにも、自律神経が大きく関与しています。

 自律神経には、交感神経と副交感神経の二つがあります。この二つが、アクセルとブレーキのように拮抗して働き、バランスをとっているのです。この二つの神経のバランスが乱れることで、耳鳴りやめまいなどを始めとした多くの病気が発生すると考えられます。

 ストレスの多い生活を送っていると、交感神経が優位になってしまいます。反対に、ゆったりしすぎた生活を送っていると、副交感神経が優位になっていまいます。
 特に多いのは、前者の交感神経が優位になって、病気を招いている人です。交感神経が優位になると、血圧は高くなりますし、夜眠れなくなります。免疫力の低下にもつながるのです。

 そこで有効なのが、爪もみです。爪の生え際というのは、神経線維が密集していて、感受性が非常に強い場所です。ここをもむと刺激が瞬時に伝わり、交感神経と副交感神経のバランスの調整に役立ちます。
 耳鳴りや難聴、耳管開放症にお悩みのかたは中指を、メニエール病にお悩みのかたは小指を特に刺激してください。

爪もみのやり方

爪もみの症例報告(40年間毎日続いていた耳鳴りが激減)

 では、実際に、爪もみで症状が改善した例をご紹介します。

 66歳の男性、Tさんのケースです。Tさんは、20代前半から耳鳴りに悩まされておりました。特に左耳の症状がひどく、365日24時間、「ジーン、ジーン」という耳鳴りが絶え間なく起こっていたようです。
 もちろん、耳鼻科にも通い、薬も処方されたようですが、ほとんど効果はなかったといいます。

 40年ものほんとうに長い間、耳鳴りに悩まされていたTさんですが、数年前に爪もみを本で知りました。以降、Tさんは毎日、起床後と入浴中に爪もみを行うようにしたそうです。
 すると、3ヵ月後には「ジーン、ジーン」という音が軽くなり、音の大きさが3分の1ぐらいにまで改善。おかげで、精神的にも楽になり、夜もぐっすり眠れるようになったと喜んでいました。

 Tさんの耳鳴りは、自律神経の失調による血流障害が原因だったのでしょう。
 爪もみは、爪の生え際をもむだけなので、いつでもどこでも自分で簡単にできるのが特徴です。爪もみを毎日の習慣にすれば、自覚しにくいストレスを解消することができるでしょう。

 なお、2012年の日本耳鼻咽候科学会では、金沢市立病院耳鼻咽候科の石川滋医師が、「耳管開放症患者の8割以上に爪もみが効いた」と発表されています。これからも、ますます注目されることでしょう。

爪もみの体験談はこちら

解説者のプロフィール

永野剛造
永野医院院長。日本自律神経病研究会理事長。1975年、慈恵会医科大学卒業。麻酔専門医として働いていた1989年、脱毛症の特別な針治療である閻(エン)三針に出合い、針(東洋医学)と皮膚科治療(西洋医学)を併用する「統合的医療」を目指し、永野医院を開設。波動療法や自律神経免疫療法で円形脱毛症、アトピー性皮膚炎などの難病治療を行う。
●永野医院
http://nagano-hosp.com/index.html

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

リンパを流す「手のひら押し」とは? 症状別の押し方&血液型別ドリンクを紹介!

手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


疲れると起こるめまいが1日2個の手作り梅干しを食べて消えた!

疲れると起こるめまいが1日2個の手作り梅干しを食べて消えた!

担当医師の話によれば、めまいや頭痛といったメニエール病の症状も、甲状腺の機能異常と無縁ではないだろうということでした。たぶん、梅干しを食べ始めて半年くらい経ったころには、長年にわたって苦しめられてきためまいが、全く起こらなくなっていたと思います。吐き気や頭痛に襲われることも減りました。【体験談】堤聖子(自営業・64歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


最新の投稿


立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

立ち仕事でむくんだ足に塩カイロが効果!酷かった生理痛も軽くなった

2週間後には、日中に頭がスッキリするのを感じました。今思えば、以前の私は常に眠気を感じていた気がします。その後、すぐにふくらはぎが軟らかくなりました。そして3週間目には、足がむくまなくなったのです。今は靴がきつく感じることはありません。仕事中の気持ちにゆとりができました。【体験談】今村由利(仮名・会社員・28歳)


間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

間欠跛行が改善!首・腰のこわばりをリセットする「ひざ倒し」のやり方

首のこわばりをほぐし、背中や腰の緊張が緩めば、間欠跛行の改善も期待できます。いったん固まってしまった首の緊張をほぐすのは、実は、簡単ではありません。この体操を行うと、首のこわばりがリセットされ、全身の筋肉の緊張を一挙にほぐすことができます。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

【良性発作性頭位めまい症】手のひらの反射区を押す方法で症状が改善した

手のひらを押し始めてすぐに腰の痛みがやわらぎ、この数年は治療を受けることもなくなりました。以前はめまいが起こる前に「めまいが来るな」という前兆があったのですが、今はそれすらなくなりました。50歳前後の頃より、58歳になった今のほうがよいくらいではありませんか。【体験談】新田博子(仮名・会社員・58歳)


腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

腰痛のセルフケア「わきの押し回し」で20年使ったコルセットが不要に!

特につらかったのが、洗い物をしたり、風呂場の掃除をしたりするなど中腰の姿勢になるときです。それに加え腕が上がらないので、洗濯物を干すのもひと苦労で、家事を満足にこなせませんでした。施術を受けながらセルフケアを続けたところ、わずか1ヵ月間で腰痛はうそのように軽くなりました。【体験談】中村芳美(仮名・無職・70歳)


脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

脊柱管狭窄症が招くロコモティブシンドロームの進行・症状を抑える体操「ロコトレ」のやり方

「ロコモティブシンドローム」は、骨、筋肉、関節、神経などの運動器に障害が起こり、歩いたり体を動かしたりする機能が低下して、要支援・要介護になるリスクが高い状態をいいます。このロコモを引き起こす病気の一つに、腰部脊柱管狭窄症があります。【解説】重松英樹(奈良県立医科大学整形外科学内講師)