MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【頚椎症性脊髄症の症状】腕や手の痛みやしびれ、足のもつれや頻尿が起こる重症

【頚椎症性脊髄症の症状】腕や手の痛みやしびれ、足のもつれや頻尿が起こる重症

ここでは、椎間板が飛び出て頸椎症性神経根症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを「頸椎椎間板ヘルニアの神経根症タイプ」、椎間板が飛び出て頸椎症性脊髄症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを、「頸椎椎間板ヘルニアの脊髄症タイプ」と呼ぶことにします。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)

進行して真ん中の脊髄が圧迫されると……

頸椎症性脊髄症とは

 頸椎症スペクトラムの最後の段階、つまり第四段階では、「頸椎症性脊髄症」などが起こってきます。

前項にあげた頸椎症性神経根症は、頸椎症によって、頸椎の左右後方から出ている神経のつけ根が圧迫されて起こるものでした。

それに対して頸椎症性脊髄症は、頸椎の真ん中を通っている脊髄が圧迫されて起こるものです。
頸椎の変形やトゲ、靱帯の肥厚などによって、頸椎の中央を通っている脊柱管が狭くなり、脊髄が押されることで起こります。
先ほどの道路のたとえでいうと、ど真ん中を通っているメインストリートが狭くなって、通りが悪くなるようなものです。

脳から体の各部に行く指令は、まず中枢神経である脊髄を通って伝達されます。
まさに道路のたとえのとおり、全身に向かう神経が、まず脊髄というメインストリートを通っていくわけです。

それだけに、脊髄が圧迫されて起こる症状は、首や腕だけにとどまりません。
もちろん、首の痛みや腕のしびれなどの症状も出ますが、枝の道(末梢神経)だけが圧迫される頸椎症性神経根症とは、症状のレベルが違います。

腕と手の症状としては、しびれや痛みが出るだけでなく、手を使ういろいろな作業そのものができなくなってきます。
たとえば、はしやスプーンを使って食事をする、服のボタンをとめる、字を書くといったことができなくなります。
さらには、下半身にまで症状が出てきます。
たとえば、足がもつれる、足に力が入らない、足がふらつく、歩くときに足が突っぱる、うまく歩けなくなる、といった足の症状が見られます。

膀胱や直腸に障害が起こることもあります。
膀胱の症状としては、頻尿、排尿に時間がかかる、尿が漏れる、尿が出なくなる(尿閉)などの排尿障害が起こります。直腸の場合は、腸の働きが衰ろえて便秘になります。

首の痛みや重苦しい感じとともに、こうした全身に及ぶさまざまな症状が出るのが、頸椎症性脊髄症です。
当然、重くなるにつれて、日常生活に大きな支障をきたすようになります。

頸椎椎間板ヘルニアも同様に脊髄症タイプがある

さて、前項では、椎間板ヘルニアで飛び出た椎間板が、頸椎の左右後方から出ている神経のつけ根を圧迫すると、頸椎症性神経根症と同じ症状が出るといいました。

同じように、椎間板ヘルニアで飛び出た椎間板が、真後ろやそれに近い位置に突出し、頸椎の真ん中にある脊髄を圧迫すると、頸椎症性脊髄症と同じ症状が出ます。

同じ頸椎椎間板ヘルニアでも、椎間板がどこに飛び出てどこを圧迫するかによって、腕の痛みやしびれといった頸椎症性神経根症と同じ症状が出るのか、足や膀胱、直腸にまで及ぶ頸椎症性脊髄症の症状が出るのかが違ってくるわけです。

ここでは以下、便宜上、椎間板が左右後方に飛び出て頸椎症性神経根症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを「頸椎椎間板ヘルニアの神経根症タイプ」、椎間板が真後ろに近い後方に飛び出て頸椎症脊髄症と同じ症状を起こす頸椎椎間板ヘルニアを、「頸椎椎間板ヘルニアの脊髄症タイプ」と呼ぶことにします。

頸椎症スペクトラムとしては、重症度の順に、第三段階に「頸椎症性神経根症と頸椎椎間板ヘルニアの神経根症タイプ」、最終の第四段階に「頸椎症性脊髄症と頸椎椎間板ヘルニアの脊髄症タイプ」を配置しました。

ただし、必ずこの順番で発症するとは限らず、圧迫される部位によっては、第三段階をへないで、いきなり第四段階になることもあります。また、実際には第三段階と第四段階が同時に起こることもあります。

とはいえ、頸椎症性脊髄症や頸椎椎間板ヘルニアの脊髄症タイプが、頸椎症のなかで最も重症で、最終段階に位置することには違いありません。

手術を要するような重症の頸椎症でもセルフケアは大事

脊髄症の段階になれば、日常生活への支障が大きくなるにつれて、手術が検討されるようになります。
しかし、そうなっても、セルフケアが役立たないということでは決してありません。

手術を要するような重症の頸椎症であればなおのこと、本サイトで紹介するセルフケアや生活上の工夫が重要になってきます。
手術の前に、あるいは術後に状態が落ち着いてきたら、ぜひとり入れていただきたいと思います。

もう一つ、ここで強調しておきたいことがあります。
それは、くり返しになりますが、頸椎症スペクトラムは「ひとつながり」だということです。
頸椎症性脊髄症の説明を読んでいると、重い病気であって、肩こりや寝違えとはまったく別のものだという感じがするでしょう。
しかし、それらは紛れもなくつながっているということを忘れないでください。

また、第一、第二段階の肩こりや首の痛みをまったく経験せず、いきなり第三、第四段階で初めて発症する人もまれにいます。
こりや痛みの感覚にやや鈍感だとそうなりやすいようです。

肩こりや寝違えをよく経験する人や、軽い頸椎症を自覚している人は、脅かすわけではありませんが、いまの状態を放置すると、どんな病気に行き着く危険性があるのかをよく知って、ぜひ早めに対策を講じていただきたいと思います。

解説者のプロフィール

竹谷内康修(たけやち・やすのぶ)
竹谷内医院院長。
東京慈恵会医科大学医学部医学科卒後、福島県立医科大学整形外科学講座へ入局。
福島県立医大附属病院等で整形外科診療に携わった後、米国へ留学。
ナショナル健康科学大学を卒業し、Doctor of Chiropracticの称号を取得。
2007年、東京駅の近くにカイロプラクティックの専門クリニックを開設。
腰痛、肩こり、頭痛、関節痛、手足のしびれなどの治療に取り組む。
日本整形外科学会会員、日本カイロプラクターズ協会(JAC)会員、日本統合医療学会(IMJ)会員。

●竹谷内医院
東京都中央区日本橋3-1-4日本橋さくらビル8階
TEL 03-5876-5987
http://takeyachi-chiro.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt