【キーン】高音の耳鳴り、ふさがる耳閉感が改善する「呼吸法」のやり方はコレ!

【キーン】高音の耳鳴り、ふさがる耳閉感が改善する「呼吸法」のやり方はコレ!

近年、耳鳴りを訴える患者数は増加の一途をたどっています。これは、現在の日本の高齢化社会を反映したもので、加齢による難聴が、その主な原因といえるでしょう。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


石井正則
 東京慈恵会医科大学大学院修了。1987年に東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任。2000年より、同大学准教授。現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長。近著に、『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』(マキノ出版)がある。

耳閉感とは、耳の中が塞がったように感じる症状。患者の多くは呼吸が浅い!

 近年、耳鳴りを訴える患者数は増加の一途をたどっています。これは、現在の日本の高齢化社会を反映したもので、加齢による難聴が、その主な原因といえるでしょう。

 なかには、耳の中がつまったような、耳閉感を訴えるかたも少なくありません。皆さんも、新幹線に乗ってトンネルを通過するときに、耳の中がつまったような感覚に襲われることはありませんか。これは、移動で生じる気圧の変化によるもので、一時的な現象です。しかし、耳閉感を伴う耳鳴りは四六時中続くため、日常生活に大きな苦痛が生じるのです。

 このように、耳鳴り患者の多くは、日常的に大きな精神的ストレスを抱えて生活しています。そしてそれにより、体のある活動に悪い変化が生じてしまうのです。それは、呼吸です。

 私は初診時の心がけとして、その人の動作や体格、表情をよく観察するようにしています。そこから、病気の隠された原因が見えてくることが多いからです。耳閉感を伴う耳鳴り患者をよく観察すると、ほぼ全員が浅い呼吸をしていることがわかります。おなかの底からの深い呼吸をしておらず、肩と胸を上下させる胸式呼吸をくり返しているのです。そして、そのことを本人は全く自覚していません。

 このような浅い呼吸は、危険な呼吸といえます。なぜなら、自律神経の乱れにつながるからです。
 自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。

 1日を通して、両者がバランスよく働くことで私たちの健康状態は維持されています。しかし、浅い呼吸が慢性化すると、交感神経が優位な状態ばかりが続き、副交感神経に切り替わりません。そのため、体がなかなかリラックスしないのです。
 ストレスは解消されずにどんどん蓄積され、不眠や疲労感といったほかの症状も招きかねません。ますます自律神経のバランスはくずれて、耳鳴りが増悪するのです。

3ヵ月で首こりが解消し耳鳴り、耳閉感も消失

 この悪循環を断ち切るためには、ふだんの呼吸法を、浅い胸式呼吸から、深い腹式呼吸へと変える必要があります。

 腹式呼吸は、慣れればだれでも簡単に行えます。まず、いすに深く腰かけ、リラックスした状態で背すじを伸ばします。おなかをふくらませながら鼻からゆっくりと息を吸い、おなかをへこませながら鼻からゆっくりと息を吐いてください。これを何度かくり返します。

 ゆったりとした腹式呼吸によって横隔膜がよく動くようになると、しだいに副交感神経が優位になってきます。これを毎日続ければ、自然に深い腹式呼吸が身につき、耳鳴りの改善が期待できるでしょう。

 この腹式呼吸を身につけたうえで、私が考案した「C2呼吸法」を行うとより効果的です(詳しいやり方は、上の図解をご覧ください)。特に、冒頭で説明したような耳閉感を伴う低音性の耳鳴りに対しては、大変有効といえます。

 C2とは、第二頸髄神経のことで、後頭部と首の際から、首のつけ根や耳の後ろにかけて走行している重要な神経です。
 耳閉感を伴う耳鳴り患者の場合、首がひどくこっていることが多く、それによってこのC2が圧迫されていることが少なくありません。C2は自律神経の交感神経とも接しているため、ここが圧迫されると、自律神経の乱れを引き起こします。

 C2呼吸法を行えば、首の筋肉の緊張がほぐれていくので、自律神経のバランスもしだいに整います。耳のつまりや耳鳴りも改善していくでしょう。

 以前、耳鳴りと耳閉感に悩む30代の患者さんに、C2呼吸法を毎日続けてもらったことがあります。このかたは、ひどい首のコリにも以前から悩まされていました。3ヵ月ほど続けたところ、みごとに首のコリが解消し、耳鳴りと耳閉感も消失したと喜んでいました。
 皆さんも、これらの呼吸法を習慣化して、健やかで若々しい耳を手に入れてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


自律神経 耳鳴り 耳閉感

関連する投稿


【お腹をさする効果】方向は「時計回り」でガス腹解消!原因不明の痛みが取れる

【お腹をさする効果】方向は「時計回り」でガス腹解消!原因不明の痛みが取れる

体のどこかが痛くて病院で検査を受けたものの、「どこにも悪い箇所は見つからない」「原因がよくわからない」などといわれたことはないでしょうか。体に痛みや不快感を抱えても、その原因が医療機関で見つからないケースは、少なくありません。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)