【キーン】高音の耳鳴り、ふさがる耳閉感が改善する「呼吸法」のやり方はコレ!

【キーン】高音の耳鳴り、ふさがる耳閉感が改善する「呼吸法」のやり方はコレ!

近年、耳鳴りを訴える患者数は増加の一途をたどっています。これは、現在の日本の高齢化社会を反映したもので、加齢による難聴が、その主な原因といえるでしょう。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


石井正則
 東京慈恵会医科大学大学院修了。1987年に東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任。2000年より、同大学准教授。現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長。近著に、『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』(マキノ出版)がある。

耳閉感とは、耳の中が塞がったように感じる症状。患者の多くは呼吸が浅い!

 近年、耳鳴りを訴える患者数は増加の一途をたどっています。これは、現在の日本の高齢化社会を反映したもので、加齢による難聴が、その主な原因といえるでしょう。

 なかには、耳の中がつまったような、耳閉感を訴えるかたも少なくありません。皆さんも、新幹線に乗ってトンネルを通過するときに、耳の中がつまったような感覚に襲われることはありませんか。これは、移動で生じる気圧の変化によるもので、一時的な現象です。しかし、耳閉感を伴う耳鳴りは四六時中続くため、日常生活に大きな苦痛が生じるのです。

 このように、耳鳴り患者の多くは、日常的に大きな精神的ストレスを抱えて生活しています。そしてそれにより、体のある活動に悪い変化が生じてしまうのです。それは、呼吸です。

 私は初診時の心がけとして、その人の動作や体格、表情をよく観察するようにしています。そこから、病気の隠された原因が見えてくることが多いからです。耳閉感を伴う耳鳴り患者をよく観察すると、ほぼ全員が浅い呼吸をしていることがわかります。おなかの底からの深い呼吸をしておらず、肩と胸を上下させる胸式呼吸をくり返しているのです。そして、そのことを本人は全く自覚していません。

 このような浅い呼吸は、危険な呼吸といえます。なぜなら、自律神経の乱れにつながるからです。
 自律神経とは、私たちの体の諸機能を調節している神経のことで、交感神経と副交感神経の2種類からなります。交感神経は、主に昼間に働き、体を活動モードへと導きます。一方の副交感神経は、主に夜間に働き、体を休息モードへと導きます。

 1日を通して、両者がバランスよく働くことで私たちの健康状態は維持されています。しかし、浅い呼吸が慢性化すると、交感神経が優位な状態ばかりが続き、副交感神経に切り替わりません。そのため、体がなかなかリラックスしないのです。
 ストレスは解消されずにどんどん蓄積され、不眠や疲労感といったほかの症状も招きかねません。ますます自律神経のバランスはくずれて、耳鳴りが増悪するのです。

3ヵ月で首こりが解消し耳鳴り、耳閉感も消失

 この悪循環を断ち切るためには、ふだんの呼吸法を、浅い胸式呼吸から、深い腹式呼吸へと変える必要があります。

 腹式呼吸は、慣れればだれでも簡単に行えます。まず、いすに深く腰かけ、リラックスした状態で背すじを伸ばします。おなかをふくらませながら鼻からゆっくりと息を吸い、おなかをへこませながら鼻からゆっくりと息を吐いてください。これを何度かくり返します。

 ゆったりとした腹式呼吸によって横隔膜がよく動くようになると、しだいに副交感神経が優位になってきます。これを毎日続ければ、自然に深い腹式呼吸が身につき、耳鳴りの改善が期待できるでしょう。

 この腹式呼吸を身につけたうえで、私が考案した「C2呼吸法」を行うとより効果的です(詳しいやり方は、上の図解をご覧ください)。特に、冒頭で説明したような耳閉感を伴う低音性の耳鳴りに対しては、大変有効といえます。

 C2とは、第二頸髄神経のことで、後頭部と首の際から、首のつけ根や耳の後ろにかけて走行している重要な神経です。
 耳閉感を伴う耳鳴り患者の場合、首がひどくこっていることが多く、それによってこのC2が圧迫されていることが少なくありません。C2は自律神経の交感神経とも接しているため、ここが圧迫されると、自律神経の乱れを引き起こします。

 C2呼吸法を行えば、首の筋肉の緊張がほぐれていくので、自律神経のバランスもしだいに整います。耳のつまりや耳鳴りも改善していくでしょう。

 以前、耳鳴りと耳閉感に悩む30代の患者さんに、C2呼吸法を毎日続けてもらったことがあります。このかたは、ひどい首のコリにも以前から悩まされていました。3ヵ月ほど続けたところ、みごとに首のコリが解消し、耳鳴りと耳閉感も消失したと喜んでいました。
 皆さんも、これらの呼吸法を習慣化して、健やかで若々しい耳を手に入れてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

【ストレス対策】幸せホルモン「オキシトシン」 分泌を高める「お祈り」の効果

オキシトシンは以前から幸福感や愛情と深い関わりがあること、母乳の分泌を促す作用があることがわかっていました。近年の研究からストレスを抑えたり自律神経を調整したり、免疫力が高まったり、体の痛みを抑えたりといった効果があることが次々と証明されてきたのです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック院長)


集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)