MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスク

【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスク

手術を絶対にしなければいけない状態を黒、手術がまったく必要のない状態を白とします。黒と白の間のグレーの状態、つまり、手術を行ってもよいけれど、必ずしも必要ではないという医学的状態がとても多いのです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)

手術が検討されるのは頻尿や尿漏れ、直腸障害による便秘など、日常生活への支障があるとき

 頸椎症が重症になり、日常生活への支障が大きくなってくると、手術が検討されるようになります。

 一般に、頸椎症性神経根症や頸椎椎間板ヘルニアの神経根症タイプでは、手術が行れることはあまりありません。前項までに述べたさまざまな保存療法(手術以外の療法)で、ある程度、長い期間がかかるとしても、回復が図れる場合が多いからです。

 しかし、腕の痛みやしびれが非常に強くて、保存療法で改善できず、日常生活や仕事に大きな支障があるときや、急激に腕や手の筋力が衰えてきたときなどは、手術が検討されることがあります。

 この場合の手術は、多くの場合、首の前側から切開し、神経根を圧迫している骨のトゲや突出した椎間板などを除去して神経の圧迫を除いたのち、上下の頸椎を固定する「頸椎前方除圧固定術」という方法が用いられます。

 病状によっては、首の後ろ側から切開して、同様に神経の圧迫を取り除く「頸椎後方拡大術」が行われることもあります。頸椎後方拡大術は、脊柱管の後ろ側にある椎弓を広げたり、削り取ったりする手術です。

 頸椎症性脊髄症や椎間板ヘルニアの脊髄症タイプでは、腕や手の症状、下肢や膀胱・直腸(肛門の内側に位置する腸の最後の部分)の症状などによって、日常生活に大きな支障が出てきた時点で手術が検討されます。具体的には、以下のような症状が出てきたときです。

◆腕と手の動きが悪くなり、細かい字を書いたり、はしやフォーク・ナイフなどを使ったり、服のボタンをとめたりする動き(巧緻運動)ができなくなった。

◆足に力が入らない、ころびやすい、ふらつくなど、歩行に支障が出てきた。

◆頻尿や尿漏れ、尿がなかなか出ないなどの排尿障害、あるいは直腸障害による便秘がひどくなって日常生活への支障が大きい。

 この場合の手術は、病状に応じて、頸椎前方除圧固定術が用いられたり、頸椎後方拡大術が用いられたりします。一般に、対象となる圧迫部分が一つか二つの椎間(頸椎の間)であれば前者の術式が、三つ以上の椎間に及ぶ場合は後者の術式が選ばれることが多くなります。

 ある程度の時間をかけても、じっくり保存療法を行っていけば回復が期待できる頸椎症性神経根症や椎間板ヘルニアの神経根症タイプと違って、頸椎症性脊髄症や椎間板ヘルニアの脊髄症タイプの場合は、手術をするタイミングが遅くなりすぎると、術後の回復が悪くなる場合があります。そのため、整形外科ではタイミングを逃さないように手術の検討に入ります。

 ただし、実際のところ、本当に手術をするかどうかは、しばしば医師によって意見が大きく分かれます。それはなぜでしょうか。

 手術を絶対にしなければいけない状態を黒、手術がまったく必要のない状態を白とします。黒と白の間のグレーの状態、つまり、手術を行ってもよいけれど、必ずしも必要ではないという医学的状態がとても多いのです。黒と白の間のグレーでは、ある医師は手術をすすめ、別の医師は手術はまだ必要ないと話すことになります。困ったことに、どちらも医学的に正しい判断です。

 手術の話が出たときに、まず患者さんがすべきことは、自分が黒なのかグレーなのかをきちんと医師にたずね、把握することです。もしグレーなら、よく医師と話し合ったうえで、手術をするかどうかを自分で決めると後悔が少ないでしょう。

 とはいえ、基本的には、手術は「最後の手段」です。タイミングを逃してはいけませんが、それまでの間にできることはたくさんあります。
 可能な限り、セルフケアや生活上の工夫に取り組んだり、場合によってはこのあとに述べるカイロプラクティック治療を受けたりしていただきたいと思います。

 くり返しになりますが、手術を受けることになったら、セルフケアや生活上の工夫が必要なくなるわけではありません。手術を要するほどの頸椎症なら、余計にそれらが大切になります。再手術を防ぐ意味でも、ぜひセルフケアなどを行ってください。

解説者のプロフィール

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。
●竹谷内医院
東京都中央区日本橋3-1-4日本橋さくらビル8階
TEL 03-5876-5987
http://takeyachi-chiro.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt