【血圧を下げる】糖尿病が改善!脳梗塞の予防に、と中国でブーム「タマネギワイン」とは

【血圧を下げる】糖尿病が改善!脳梗塞の予防に、と中国でブーム「タマネギワイン」とは

現在、私の故郷である中国で、大ブームを巻き起こしている民間療法があります。それが「タマネギワイン」です。お手軽な民間療法ですが、「血圧が下がった」「糖尿病が改善した」「血栓(血液の塊)を溶かして脳梗塞の予防になる」と、健康意識の高い中国人の間で絶大な人気を博しているのです。【解説】劉莉亜(劉先生鍼灸院院長・医学博士) 


ダブルの抗酸化作用で関節の炎症を一掃!

 現在、私の故郷である中国で、大ブームを巻き起こしている民間療法があります。それが「タマネギワイン」です。

 切ったタマネギを瓶に入れ、赤ワインを注いで3日間漬けるだけで完成。こんなお手軽な民間療法ですが、「血圧が下がった」「糖尿病が改善した」「血栓(血液の塊)を溶かして脳梗塞の予防になる」と、健康意識の高い中国人の間で、絶大な人気を博しているのです。

 実際、栄養学の観点からも、タマネギと赤ワインは、それぞれ優れた薬効があります。

 まず、タマネギの健康効果といえば、血流をよくしたり、血管をやわらかくしたりする作用が挙げられます。
 この効果をもたらすのは、主に、硫化アリルや硫化プロピルなどのイオウ化合物です。

 タマネギを包丁で切ると、よく涙が出ることがあります。このときに目を刺激する成分が、硫化アリルです。
 硫化アリルには、血小板の凝固作用を抑制して、血液をサラサラにする働きがあります。加えて、末梢血管を広げる作用もあるので、血栓予防に役立ちます。
 硫化プロピルは、タマネギ特有の辛み成分です。糖の代謝を促進する働きがあり、血糖値のコントロールに役立ちます。

 さらに、タマネギに含まれるケルセチンには、老化や病気を招く活性酸素を消す、優れた抗酸化作用があります。生活習慣病の改善・予防はもちろん、アンチエイジングにも力を発揮するのです。

 一方、赤ワインの特長といえば、やはりポリフェノール類が豊富なことでしょう。ポリフェノール類には、前述したケルセチン同様、強力な抗酸化作用があります。
 また、1日1杯の赤ワインが、高血圧や糖尿病、認知症、骨粗鬆症の予防に役立つこともわかっています。
 このようなすばらしい薬効を持った二つの食材を組み合わせたタマネギワインは、まさに最強コンビといえるでしょう。

 ちなみに、中国では、タマネギワインは、ひざ痛や腰痛などの関節痛にも効果があるといわれています。これは、タマネギとワインの抗酸化作用により、関節の炎症を引き起こす活性酸素を消すためです。
 また、血流がアップすることも、痛みの改善に大いに役立ちます。

 タマネギワインを作るときに用意するタマネギは、スーパーなどで売られている普通の物で問題ありません。より健康効果を得たい場合は、紫タマネギがお勧めです。紫タマネギには、アントシアニンというポリフェノールが豊富に含まれているので、より強力な抗酸化作用が期待できます。

 赤ワインは、添加物が多い物を避けるようにすれば、お好きな銘柄でかまいません。

血液の検査数値が正常化インフルエンザとも無縁

 タマネギワインは、1日2回、朝晩の食前に、25~50mlを目安に飲みましょう。仕事をされているかたは、夜だけでもОKです。食前に飲むことで、糖質の吸収を抑える効果が期待できます。胃腸が弱いかたは、食後でもけっこうです。

 タマネギの薬効を余すことなく得るために、漬けたタマネギも、必ず食べてください。赤ワインに漬けたことで辛みが抑えられているので、そのままでもおいしく食べられます。また、サラダなどに混ぜてもいいでしょう。
 赤ワインは継ぎ足さず、漬けたワインがなくなるころ、タマネギも食べ切るようにしてください。

 私も、1年前からタマネギワインを愛飲しています。私の場合は、お酒があまり得意ではないので、ワインは温めて、アルコール分を軽く飛ばしてから飲むようにしています。

 全国各地から集まる患者さんの治療で、忙しい毎日を送っていますが、タマネギワインが私の体調を支えてくれています。カゼ知らずで、インフルエンザとも無縁です。実際、昔は引っかかっていた血液検査も、今では、あらゆる項目で正常値をキープしているのです。

 ただし、タマネギワインの効果を実感するには、少なくとも半年は続けるべきでしょう。地道に続けることが大切です。そうすれば、きっとすばらしい成果が出ることでしょう。

「血管が若返る!」と劉先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】