【椅子の形】首が痛い 疲れる 肩が凝る そんな悩みを一掃 "疲れないイス" はこれ

【椅子の形】首が痛い 疲れる 肩が凝る そんな悩みを一掃 "疲れないイス" はこれ

職場では、与えられたイスを使わざるを得ず、やむを得ない面もありますが、実際には自宅でも体に合わない大きすぎるイスを使っていることがあります。体の大きさに合ったイス選びはとても大切です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


首にやさしいイスの形を覚えておこう

 「イス選び」は、首の生活処方箋において非常に重要な項目です。

 私は、首の痛みを訴える患者さんがみえると、ふだん、職場や自宅でどんなイスを使っているか、くわしくうかがったり、携帯電話のカメラで撮ったイスの写真を見せてもらったりしたうえで、その対策を指導します。

 首にやさしいイスは腰にもやさしいイスなのですが、そういったイスを使っている人はまれで、ほとんどの場合は、首にも腰にも悪いイスを使っています。
 幸いにして職場などで買い換えてもらえるときや、患者さん自身が買い換える気持ちになられたときは、よいイスの条件を伝えて買いに行ってもらいます。さらに、可能な限り、候補に選んだイスの写真を見せてもらい、私がチェックしたうえで買ってもらうようにしています。

 職場でも自宅でも、簡単には買い換えられないことのほうが多いので、その場合はクッションなどを使って補正してもらいます。
 いずれにしても、首にやさしいイスの条件を知っておくことが大切です。以下にその条件をあげてみましょう。

【首にやさしいイスの条件】

❶自分の体に合う大きさ
 奥まで深く腰かけたとき、床にきちんと足の裏がつくのが、その人に合う高さ・大きさのイスです。小柄な人が大きすぎるイスを使っているケースが多く見受けられます。

❷背もたれが肩甲骨の下端より高い
 これより低いと、安定して体を支えられないので、背もたれの役割をじゅうぶんに果たせません。背もたれが高いイスを選びましょう。

❸背もたれが垂直か心持ち鋭角に立ち上がったあと、ゆるやかなカーブで後ろに反っている
 具体的には図のようなフォルムで、これなら背骨のラインとフィットしやすいといえます。補正するときは、このフォルムに近づけます。

❹座面や背もたれに適度なクッション性がある
 硬すぎるとリラックスできず、緊張を招いて首によくありません。硬い場合は薄いざぶとんなどを敷きましょう。

❺ひじ掛けはないか、もしくは調整できる
 固定式のひじ掛けがあると、つっかえて体が机やテーブルに近づくことができず、前かがみ姿勢を助長することになりがちです。

 実際には座ってみないとわかりにくいので、そのイスに深く腰かけて、前述の五つのステップの姿勢をとり、背もたれに寄りかかってみます。ある程度、力が抜ける位置でよい姿勢をつくることができ、背もたれと背中や腰の間に隙間ができないなら、首にやさしいイスといってよいでしょう。

 逆に首に悪いイスの例としては、
・自分の体格に合わない(大きすぎる、小さすぎる)
・背もたれがない、一部分しかない、肩甲骨より低い
・背もたれの角度が、直立しすぎ、寝すぎなどで不適切
・座面や背もたれが硬すぎる
・ひじ掛けがじゃまな位置にあって調整できない
 などがあげられます。

 しかし、現実には、こうしたイスをがまんして使わなければならないことのほうが多いでしょう。なかでも、事務用のイスでは、背もたれが一部分しかなかったり、角度が好ましくなかったりすることが多いものです。そういう場合には、クッションや丸めたタオルなどで補正しましょう。

 職場では、与えられたイスを使わざるを得ず、やむを得ない面もありますが、実際には自宅でも体に合わない大きすぎるイスを使っていることがあります。小学校では、同じ教室に大きさの違うイスや机があります。体の大きさに合ったイス選びはとても大切です。

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【身長を伸ばす方法】背伸ばしストレッチのやり方 大人も高校生も伸びる 視力も向上

【身長を伸ばす方法】背伸ばしストレッチのやり方 大人も高校生も伸びる 視力も向上

猫背は姿勢の生活習慣病です。背伸ばしストレッチで猫背を改善し、背すじの伸びた正しい姿勢を手に入れてください。子供だけでなく、中学生も高校生も、大人の身長も伸びます。目が良くなるうえに、腰痛や肩こりの症状が改善され、背まで高くなる、というオトクなです。【解説】清水真(札幌スポーツケア治療室院長)


乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

乳がん術後の【むくみ改善】クリニックも導入する画期的なウォーキング法 「かかと体重」がポイント

プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【腰痛改善・ダイエット】頑張らなくても体が変わる!「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

【腰痛改善・ダイエット】頑張らなくても体が変わる!「かかと体重」の立ち方・歩き方のコツ

プライマリーウォーキングの特徴は、かかと体重で脚を後ろに残して歩くということです。行進歩行のように脚を前に上げることを意識すると、腸腰筋を緊張させて使うため、筋肉が疲れて腰が丸まってしまいます。ひざや股関節に負担がかかりゆがみや痛みを引き起こすのです。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)


【きくち体操とは】脳と体をつなげる足指体操 糖尿病の改善に 脳梗塞後のリハビリに効果

【きくち体操とは】脳と体をつなげる足指体操 糖尿病の改善に 脳梗塞後のリハビリに効果

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)