医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた! 私の「酢玉ねぎ」レシピ

【ダイエット成功】8kg楽痩せできた! 私の「酢玉ねぎ」レシピ

酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。【体験談】井田貴美代(仮名・香川県・39歳パート)


血管障害を防ぐための血液サラサラ健康法

 2年半ほど前に、父が脳梗塞で倒れました。このとき、脳や心臓の血流障害の恐ろしさを知り、自分も予防策を取らなくてはと思うようになりました。

 そこで、血液サラサラになる健康法をいろいろと調べ、たどりついたのが「酢タマネギ」でした。

 酢タマネギとは、タマネギを酢漬けにしたものです。おそらく、健康雑誌の酢タマネギ特集で目にしたのが、最初だったと思います。

酢タマネギの作り方

タマネギのにおい成分が、血液サラサラに有効

 タマネギのにおい成分が、血液サラサラに有効なのだそうです。そうと知って、酢タマネギのレシピ本も購入し、本格的に作り始めました。

 私は酢タマネギを、毎日朝晩の食事のときに、小鉢に1杯ずつ食べています。その際、タマネギを漬けた酢も、大さじ2杯ずつ飲むようにしています。
 また、料理にもタマネギを積極的に使います。最も頻繁に作るのは、みそ汁でしょうか。タマネギをたっぷり入れたみそ汁は甘く、おいしいものです。

 ところで私は、酢タマネギを始める前に、オリーブオイル健康法を試していました。オリーブオイルをとると健康にいいとどこかで耳にしたのです。
 しかし、オイルをたっぷりヨーグルトにかけたり、料理に使ったりしていたら、みるみる太ってしまいました。20代から30代にかけて、ずっと56kgを維持していたのに、気づいたら60㎏を超えていたのです。身長は152cmと、小柄なほうです。
 健康のためと思ったのに、逆効果となってしまったのは、少しショックでした。
 酢タマネギを食べ始めたのは、ちょうど「増えてしまった体重をなんとか戻したい」と、焦っていた矢先でした。

ダイエットできたのは うれしい誤算!

 酢タマネギをメインに据えつつ、タマネギをさまざまな料理に活用していたところ、意外な方面に変化が現れました。なんと、体重が減ってきたのです。

 もちろん、特にダイエットをしていたわけではありません。それまでの食事にタマネギを加えただけなのに、1ヵ月に1~2kgのペースで、体重が減っていきました。

 けっきょく、60kgあった体重が、酢タマネギを始めて1年も経たないうちに8kg減り、52kgになったのです。
 酢タマネギを始めた目的は、血液サラサラ効果を得るためだったので、これはうれしい誤算でした。しかも、ずっとキープしてきた56kgを、やすやすと下回ったことにも、驚かされました。
 ちなみに、酢タマネギの味に飽きてきたときは、食べる量を減らすなどして調整します。するとたちまち、体重が1~2kg増えてしまうのです。

 そこで、慌ててまた酢タマネギをきちんと食べると、増えた分が戻ります。こうしたことからも、酢タマネギがダイエットに効いているのは確実です。

 今のところ、血液サラサラ効果については、残念ながら自覚できる変化はありません。しかし、体重コントロールにこれだけ役立ったのですから、きっといい成果が出ているはずです。
 これからも、酢タマネギを続けていきたいと思います。

全身の代謝がアップし やせやすい体になる(クリニック真健庵院長 星子尚美)

 タマネギのにおい成分である硫化アリルには、血液をサラサラにする作用があります。酢のアミノ酸やハチミツの作用も加わり、全身の代謝をアップさせるので、酢タマネギを常食すると、やせやすい体になります。
 加えて、辛み成分の硫化プロピルが糖の代謝を促進します。中性脂肪やコレステロールを減少させるので、これらも減量に一役買ったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

【特集】3ヵ月で-10kg!確実にやせる賢者のダイエット5選

なかなか痩せない、続かない。そんなダイエットの失敗は「自分に合ったダイエット法」が見つかっていないから。今回は、日頃ダイエットを指導する立場にある 医師や専門家が自ら実践する、安全で続けやすく、確実性の高いダイエット法をご紹介します。食事、運動、ツボで自分に合う方法を見つけましょう!【構成】ケンカツ!編集部


「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

「へそさすり」で左ひざの激痛が劇的改善!正座ができるようになった

私は、若いころに仕事で体を酷使した結果、50代半ばで左ひざを悪くして、半月板の手術を受けました。その後は何事もなく過ごしてきましたが、年を取るにつれて、左ひざが痛むようになってきたのです。【体験談】守谷宏(79歳・自営業)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)