MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

【肩コリ・首コリ】悪化しやすい姿勢 「あぐら」「床座り」はNG

あぐらをかくと、股関節の角度が狭くなって骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まってきます。あぐらをかくのは短めにしましょう。お尻の下だけに、クッションや半分に折った座布団を敷くと「正座イス」のようにお尻が持ち上がって骨盤が後ろに倒れにくくなるのでお試し下さい。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)

床に座る姿勢は基本的に首にはNG

 イス以外の座り姿勢、つまり、畳や床に座るときはどうでしょうか。
 全般的に、床に座るライフスタイルは、首に負担がかかることが多いといえます。

 まず、正座で背すじを伸ばした姿勢は、礼儀作法にかなっていて、見た目も美しいのですが、首に関しては疑問符がつきます。というのは、イスの座り姿勢の記事で説明したように、力を抜いて、よい姿勢を保つのが基本ですが、正座ではそれがむずかしいからです。正座では、背すじを伸ばそうと力を入れ続けるか、もしくは続けられずに背中が丸まってくるかのどちらかです。力を入れ続けると、首に強い張力が発生して、痛みやこりの原因となります。

 次善の策としては、正座イス(正座をするときにお尻の下に敷く小さなイス)を使う方法があります。正座イスを使うと、使わないときよりお尻が持ち上がって骨盤が倒れにくくなり、リラックスしながらもネコ背を防ぎやすくなります。

 このほかの床に座る姿勢は、以下のように軒並み首に負担がかかります。短時間ならよいとしても、長く続けるのはさけましょう。

【床に座る首に悪い姿勢】

首をいたわるには、原則として床に座るライフスタイルはさけるほうがよい

・あぐら
 あぐらをかくと、股関節の角度が狭くなって骨盤が後ろに倒れ、どうしても背中が丸まってきます。あぐらをかくのは短めにとどめるようにしましょう。お尻の下だけに、クッションや半分に折ったざぶとんを敷くと、正座イスのようにお尻が持ち上がって骨盤が後ろに倒れにくくなるので試してください。

・長座
 脚を前に長く伸ばす座り方です。壁や座イス、ソファなどに(ソファの場合は座らずに)寄りかかってこの姿勢をとることが多いものです。すると、骨盤が後ろに倒れて背中が丸まってきます。長座をするときは、必ず骨盤か腰椎部の後ろにクッションなどを置いて、骨盤を起こして座るようにしましょう。

・体育座り
 両脚を前に出してひざを曲げ、手で抱えた姿勢です。この姿勢で背すじを伸ばすのは、普通は困難で、背骨全体がCの字型に丸まってしまいます。

・横座り
 正座の状態から両脚を横にずらした姿勢で、女性に多い座り方です。骨盤が後ろに倒れるだけでなく、左右に傾いて首や腰を痛めやすい座り方です。

・女の子座り(アヒル座り)
 正座の状態から、すねを左右に開いてお尻を落とすと、この座り方になります。女性に多い座り方で、正座よりお尻が低くなるので、骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まりやすい姿勢です。


 以上は、いずれも首に負担をかける座り方です。

 座イスを使っても、これらの座り方をしている限り、背もたれにあたるのは丸まった背中や腰の部分だけになりがちで、あまり役立ちません。
 首をいたわるには、原則として床に座るライフスタイルはさけるほうがよいでしょう。どの姿勢にしても、床に座るのは短時間にとどめ、力を抜いて長く座るには条件の整ったイスを使うのがおすすめです。

解説者のプロフィール

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。
●竹谷内医院
東京都中央区日本橋3-1-4日本橋さくらビル8階
TEL 03-5876-5987
http://takeyachi-chiro.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
背骨のなかでも重要なのが頸椎、つまり首です。首の骨は重い頭を支えているため負担が大きく、ゆがみが生じやすいものです。背骨の出発点である頸椎のゆがみは、背骨全体のゆがみを引き起こします。それが、首の痛みばかりか、腰痛やひざ痛なども誘発するのです。【解説】三野喜邦(シンキュウタカオ院長)
更新: 2019-05-16 10:00:43
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
患部に痛みがあったり、炎症があったりする場合、腰や首をもんでも効果が出ないばかりか、かえって逆効果になることも多いのです。こうしたケースで大いに役立つのが、今回紹介する耳への刺激です。【解説】能見登志惠(とちの実健康倶楽部クリニック医師)
更新: 2018-11-24 07:00:00
名前を呼ばれて振り向いたり、何かを見上げたり見下ろしたりというちょっとした動作で、首に激痛が走ります。足の指回しを続けたところ、首を回したり、上下左右に振ったりしても、痛みを全く感じなくなったのです。半年後には、スポーツを再開することができました。【体験談】高田俊介(仮名・事務員・26歳)
更新: 2018-11-07 07:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt