MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠?幼稚園児がすぐに昼寝!

【不眠症に効果】玉ねぎを置けば快眠?幼稚園児がすぐに昼寝!

今、日本人の約3割に、「よく眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害があるといわれています。高齢者になるとその割合はさらに増え、約半数にも及びます。整形外科医である私が睡眠の研究をするようになったのも、ひざや腰が悪いご高齢の患者さんから、睡眠の相談を受けることが多かったからです。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)

解説者のプロフィール

坪田聡(雨晴クリニック副院長)
●雨晴クリニック
http://www.meijukai.com/new/ama-cli-index.html

幼稚園児たちがすぐに昼寝した!

 今、日本人の約3割に、「よく眠れない」「寝つきが悪い」といった睡眠障害があるといわれています。高齢者になるとその割合はさらに増え、約半数にも及びます。整形外科医である私が睡眠の研究をするようになったのも、ひざや腰が悪いご高齢の患者さんから、睡眠の相談を受けることが多かったからです。

 睡眠不足が続くと脳や体の疲れが取れず、翌日の活動性も著しく低下してしまいます。しかし、問題はそれだけではありません。睡眠不足は、生活習慣病にも深くかかわります。睡眠時間が短い人や、質のよい眠りを取れていない人は、生活習慣病になりやすく、かつ、悪化しやすいのです。

 平均睡眠時間が5時間以下の人は、高血圧の危険性が高まるという欧米の調査があります。特に、47〜67歳の女性で睡眠時間が5時間以下の人は、7時間の人に比べて、高血圧の患者が1.7倍も多かったのです。

 また、糖尿病や脂質異常症、肥満、うつなどの心の病気までも、睡眠時間が短いと発症率が高くなることがわかっています。ですから、適正な睡眠時間と睡眠の質を確保することは、健康を維持するうえで、非常に大切なのです。

 こうした睡眠時間や質の向上にひと役買ってくれると期待されるのが、タマネギです。
 ご存じのように、タマネギには、ツンと鼻をつく刺激臭があります。これは、ネギ類特有の硫化アリルという成分によるものです。
 このにおいを上手に利用すると寝つきがよくなることが、私たちの実験でわかりました。

 実験のきっかけは、西洋の民間療法でした。「眠れないときは枕元にタマネギを置くとよい」と耳にしたテレビ局の人から、ぜひ実証したいという申し出があり、検証したのです。
 幼稚園児を二つのグループに分け、一つの部屋にはくし形に切ったタマネギを置き、もう一つの部屋には何も置かず、子供たちが昼寝をするかどうか観察しました。

 すると、タマネギを置かなかった部屋の子供たちはなかなか寝なかったのに対し、タマネギを置いた部屋の子供たちは、すぐに眠ったのです。この結果に、園の先生たちもたいへん驚いていました。

 この実験を2回、別の子供たちで行いましたが、2回とも同じ結果となりました。

スムーズに入眠できれば血圧も上がりにくくなる

 幼い子供は、遊びに夢中になると、昼寝の時間になってもなかなか寝つかないものです。体は疲れ、ほんとうは眠たいのに、自律神経のうちの交感神経が優位になり、眠れなくなるのです。

 自律神経は、私たちの意志とは無関係に働き、体調を整えている神経です。自律神経には、交感神経と副交感神経があり、互いにバランスを取り合いながら、生命活動に必要なあらゆる機能を調節しています。

 タマネギのにおいで気持ちが落ち着くと、だんだん眠気を催してきます。これは、硫化アリルが、覚醒作用のある交感神経を抑え、リラックス作用のある副交感神経を優位にして眠りを誘うからです。

 こうして寝つきがよくなると、冒頭で述べた生活習慣病にも、よい影響が出てきます。
 例えば、血圧は、起床時から徐々に上がり、日中にピークを迎えます。その後、夜に向かって下がっていき、夜中は、日中よりも約2割程度、血圧が低くなります。

 同じように自律神経も変動し、日中に高かった交感神経は夜になると下がり、かわりに副交感神経が優位になります。それによってスムーズに入眠でき、質のよい眠りが得られます。

 ところが、夜になっても交感神経が優位なままだと、意識が覚醒してよく眠れず、血圧も下がりません。そして、そのまま朝を迎えると、血圧はさらに上昇してしまいます。

 タマネギのにおいで副交感神経が優位になれば、入眠しやすくなります。夜間の血圧も下がるので、朝、過剰に血圧が上がることはありません。

 糖尿病も、睡眠障害があると、糖を細胞に取り込むインスリンの抵抗性が強くなり、血糖値が上がりやすくなります。しかし、睡眠が改善すれば、インスリンの感受性がよくなり、血糖値が上がりにくくなるのです。
 なお、硫化アリルのにおいは、強過ぎると逆に眠れなくなってしまいます。におうかにおわないか、わからないくらいの微香が効くようです。

 においは、タマネギの表面積が多いほど強くなるので、くし形なら8分の1〜6分の1個、みじん切りならさらに少量でいいでしょう。自分に合う量を見つけてください。
 寝つきが悪いかたは、生活習慣病予防のためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。

タマネギを置いて寝ると睡眠の質がアップ

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
手の小指に湿布を貼る「小指シップ」は交感神経の緊張をゆるめ首すじのこりをほぐします。交感神経は副交感神経と対になって働き内臓や血管などの働きを調整しています。交感神経が緊張して自律神経のバランスがくずれるとさまざまな不調が出てきます。小指シップにはそれを抑える作用があるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)
更新: 2019-04-15 10:01:23
私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)
更新: 2018-12-30 18:00:00
実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-25 18:00:00
横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)
更新: 2018-12-18 18:00:00
あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)
更新: 2018-12-13 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt