【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

【緑内障・飛蚊症】「体の酸素不足」が原因? ペットボトルを使って視力を改善する方法

疲れ目、老眼、近視、緑内障、飛蚊症など、なんらかの目の不調に悩んでいる人に、私がぜひお勧めしたいのが「ペットボトル呼吸」です。底に穴を開けたペットボトルをくわえて、息を吸ったり吐いたりするだけの簡単な呼吸法ですが、視力改善に大きな効果を発揮します。【解説】今野清志(日本リバース院長)


今野 清志
1953年、宮城県生まれ。中国北京国際針灸倍訓中心結業・中国中医研究院にて研修。帰国後、日本で唯一の酸素療法を取り入れた整体院を開業し、視力回復をはじめ、乱視や緑内障、耳鳴りなどの施療で多くの実績を上げている。『目は1分でよくなる!』(自由国民社)、『目はスプーン1本でよくなる!』(マキノ出版)など、視力に関する著書も多い。

働き者の目にはたくさんの酸素が必要

疲れ目、老眼、近視、緑内障、飛蚊症など、なんらかの目の不調に悩んでいる人に、私がぜひお勧めしたいのが「ペットボトル呼吸」です。
底に穴を開けたペットボトルをくわえて、息を吸ったり吐いたりするだけの簡単な呼吸法ですが、視力改善に大きな効果を発揮します。

視力改善と呼吸法。
なんら関係がなさそうですが、実はおおありです。

あらゆる目の不調に、目の酸素不足がかかわっているからです。
視力を改善するには、目に十分な酸素を送ることが不可欠なのです。

酸素は、体を構成する60兆個の細胞すべてのエネルギー源です。
酸素が不足すると細胞の働きが低下し、体内の各器官は本来の働きができなくなります。

目も例外ではなく、酸素不足が大きなダメージをもたらします。
目は心臓の次に働き者です。
1日に2万回近くまばたきを行い、眼筋は10万回以上動いています。

そのうえで、膨大な情報が網膜や視神経を通して入ってくるわけですから、それを処理するためにも、多くの栄養や酸素が必要になります。

人間の体は、筋肉運動をすると体に乳酸がたまります。
たまった乳酸は酸素によって分解され、血液に乗って排せつされます。

十分な酸素が得られないと、分解できなかった乳酸が過剰に蓄積し、視力に影響が出ると考えられるのです。

スマホの前かがみ姿勢が酸素不足を助長する

ここで、酸素不足が引き起こす代表的な目のトラブルを挙げてみましょう。

・疲れ目・ドライアイ
 酸素や血流が不足し、目の細胞の働きが低下。涙の分泌が滞ったり、目が疲れやすくなったりする。

・近視・老眼
 レンズの働きをする水晶体や、水晶体の厚みを調節する毛様体筋の弾力が酸素不足で失われ、症状が加速する。

・白内障
 酸素不足によって水晶体の新陳代謝が衰え、濁りが生じる。

・飛蚊症
 酸素が不足することで、眼球内の老廃物が排せつできなくなる。

・緑内障
 眼圧が高くなって発症するケースと、正常な眼圧で発症するケースがある。
 いずれも目の血流不足による酸欠が視神経の働きをそこね、症状の悪化に拍車をかける。

酸素不足の害についてお話ししましたが、「私はちゃんと呼吸できているから大丈夫」と思う人もいるでしょう。

下の表をご覧ください。

加齢とともに心肺機能は衰え、酸素の摂取量は確実に減少していきます。
50代を過ぎたら、うかうかしていられないのです。
加齢のほかにも、日常生活には酸素不足を招く要因があります。

一つはストレスです。
ストレスを抱えていると胃腸が硬くこわばります。
すると胃腸と連動して動く横隔膜などの呼吸筋が使われず、呼吸が浅くなって酸素が十分に取り込めなくなるのです。

二つ目は、前かがみの姿勢です。
パソコンやスマートフォンの使い過ぎが目によくないことは皆さんご存知ですが、前かがみの姿勢は呼吸が浅くなり、酸素不足も引き起こします。
ここに運動不足が加わり、慢性的な血流不足で体内に取りこまれる酸素量が低下してしまいます。

始めたその日から視界が明るくなった

こうした酸欠状態から脱する有効な手段が、ペットボトル呼吸です。
底に小さな穴を開けたペットボトルを通しての呼吸は、空気の抵抗が生じ、肺に適度な負荷がかかります。

ペットボトル呼吸をくり返すことで、呼吸筋が効率よく鍛えられ、深い呼吸ができるようになり、酸素をたっぷり取りこむことができます。

深い呼吸を行うと自律神経(内臓や血管の働きを無意識に調節している神経)の働きが整います。
自律神経は毛様体筋や水晶体などの働きにかかわっているので、これら目の器官の働きも安定して視力の回復が期待できます。

私の治療院では、目の不調を抱えた方には、必ずペットボトル呼吸を指導しています。
毎日続けていただくと、2週間ほどで、視力の改善を感じる方が多いようです。
中には始めたその日から「視界が明るくなった」「目の疲れが取れた」とおっしゃるかたもいます。

ペットボトル呼吸の効果は目にとどまりません。
自律神経の働きが整うことで全身の血流もよくなり、冷え症や便秘、うつ、生活習慣病の改善にも役立ちます。

ペットボトル呼吸を実践して、視力回復に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。特に目は、肝との関係が深い部位とされています。今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

【脳が活性化】脳梗塞後の物忘れが改善!ニンニク油で老眼鏡も不要になった

ニンニク油の効果は多彩ですが、私の体には二つのいい影響がありました。一つは、もの忘れしにくくなったこと。もう一つは、老眼鏡をかけなくても、はっきりと文字が見えることです。ただし、ニンニク油をたっぷりかけたニンジンサラダを食べないと、視力が下がる日もあります。【体験談】コンラード・トシ(主婦・78歳)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)