医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


会議中に睡魔に襲われ電車では寝過ごす日々

 年齢を重ねてくると、体に変化が生じ、いろいろと不調が現れるものです。私の場合、60歳ごろから更年期障害に悩まされるようになりました。その症状の一つが、不眠でした。

 60代半ばを過ぎたころから、布団に入ってもなかなか寝つけない日が増えるようになったのです。寝ようとすればするほど、頭が冴えてしまいます。

 夜に眠れないのは、日中の活動量が少ないとか、床に就く時間が早いせいではありません。
 というのも、私は昼間は会社勤め、帰宅後も家事などをこなし、それなりに忙しくしているからです。床に就くのは、いつも0時半ごろ。仕事のストレスもありますし、心身ともに疲れて眠くなるのが自然でしょう。それなのになぜか、寝つきが悪いのです。

 眠くなるよう、あえて就寝時に難しい本を読むなどしてみましたが、効果はあったりなかったりといったところでした。

 会社では、デスクに向かっている間は、支障なく仕事ができます。しかし会議になると、決まって強い眠気に襲われます。
 また、通勤の電車では、一度座席に座ると、必ず睡魔がやってきます。降車駅を寝過ごしてしまうこともありました。

 このころ私は、更年期障害のほかの症状で病院を受診していました。そこで、担当の医師に不眠で悩んでいることを伝えました。
 ただし、私は薬を飲むのが嫌いです。そのうえ、普通の睡眠薬は習慣性があって好ましくないと考えているため、そうした意向も伝えたところ、睡眠導入剤として有効な、抗不安薬を処方されました。
「副作用も習慣性もない」と説明を受けましたが、やはり抵抗感は消えません。そこで、就寝時に読書をしても寝つけないときだけ、処方された錠剤を半分に切って服用しました。

 処方量のたった半分でも、薬の効果は絶大でした。服用して30分ほどで、必ず寝つくことができます。起床時の不快感や、日中の眠気もありません。薬に頼るのは極力避けたかったのですが、やむを得ず使用するようになりました。

自然と眠りに落ちて薬の量が激減!

 しぶしぶ薬を用いつつ、不眠とつきあっていた、2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ、「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。
 薬嫌いの私にとって、この方法は、まるで天からの贈り物のように感じられました。そこで、直ちに実行に移すことにしました。

 試したところ、始めてそう日が経たないうちに、寝つきがよくなったことに気づきました。いつの間にか、自然と眠りに落ちているのです。
 就寝前につけていたラジオを消し忘れたまま眠りについてしまい、真夜中にラジオの音で目が覚めたこともあります。それほどスムーズに入眠できるようになり、効果に驚きました。

 しかし、毎日タマネギをみじん切りにするのは、横着者の私にとって、かなり負担でした。
 そこで、試行錯誤の末、皮つきで丸のままのタマネギ2~3個に、数ヵ所切り込みを入れた物を枕元に置くという、ズボラ流を追求した方法に至りました(やり方は下の図参照)。

 なにしろズボラなので、切り込みを入れたタマネギは、何日も使い回します。床に就く前にタマネギを嗅ぎ、まだにおうようなら、枕元に置いて寝ます。起床後は、においが気にならない場所へ移しておきます。

 同じタマネギを長く使うと、黒っぽい汁がにじみ出てくるなど、傷んでくるのがわかりますが、においが残っているうちは効きめがあるようです。
 においが消えていたら、また新しい切り込みを入れて、枕元に戻します。もちろん、切り込みを入れたタマネギが悪くならないうちに、料理に使うこともあります。そのあたりは、臨機応変です。

 今では、枕元にタマネギを欠かせません。おかげで、抗不安薬を使う回数はめっきり減り、不眠は解消しました。一晩中まんじりともできなかった日を思えば、ありがたい限りです。

 医師には、タマネギのことを伝えていません。以前に比べ薬の処方量が激減しているので、不思議に思っていることでしょう。一方で身内には、枕元にタマネギを勧めていますが、どうも信じてもらえません。不眠に悩む人は、だまされたと思ってぜひお試しください。

枕元タマネギのやり方

におい成分に鎮静作用。強過ぎると逆効果(雨晴クリニック副院長坪田聡)

タマネギに含まれるにおい成分である硫化アリルには、鎮静作用があります。リラックスできて、寝つきをよくしてくれる効果があるのです。においが強過ぎると逆効果なので、みじん切りの場合は少量で十分です。丸のままなら、和田さんのように、皮つきで切り込みを入れるくらいが適しており、いい方法だと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

帰宅しても仕事のことを引きずっていたのでしょうか、布団に入っても明日の仕事のことが頭に浮かんでなかなか寝つけないことがよくあったのです。それが、おでこ冷やしを行ってから布団に入ると、スッと寝入るようになり、朝目覚めたときもよく寝た!さっぱりした、となんとも爽快な気分なのです。【体験談】吉沢智子(仮名・会社員・46歳)


【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

【眠りトラブルに効果】快眠食は「卵かけごはん」と「キウイヨーグルト」と判明

よい眠りを得るための栄養成分もあるのです。その一つが「L-トリプトファン」。卵にはL-トリプトファンが豊富に含まれ、炭水化物といっしょに取ると脳に伝達されやすくなるという性質があります。腸は脳と強い相互関係があり、ヨーグルトなどで腸内環境を整えることが重要です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


五十肩を「意外な場所」を押して改善!肩がスッと上がる不思議に効果を確信

五十肩を「意外な場所」を押して改善!肩がスッと上がる不思議に効果を確信

私の腰痛は、肩こりも原因の一つなのだとか。最近は特に肩のこりを感じていなかったので、この指摘は少し奇妙に感じました。しかし、実際に手首押しを始めて1週間ほどで、腰はかなりらくになりました。1ヵ月たった今、完全に痛みが消えたとまではいきませんが、腰の調子はかなりよいです。【体験談】有田孝一(仮名・無職・77歳)


【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)


【睡眠薬の種類は4タイプ】薬との正しいつきあい方・やめ方(医学博士解説)

【睡眠薬の種類は4タイプ】薬との正しいつきあい方・やめ方(医学博士解説)

必要以上に睡眠にこだわらず、「日中眠くならなければ睡眠は足りている」と考えましょう。「眠れないけれど、昼間は全然眠くならない」という人も、不眠治療をする必要はありません。睡眠が足りているのに眠れないと訴えるかたがたには、薬を出すのではなく、考え方を変えてもらうことが大事です。【解説】櫻井武(筑波大学医学医療系教授)


最新の投稿


【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

【腰痛・股関節痛】背骨を揺らす気功で改善「痛み取り呼吸」のやり方

気功教室では、体に無理のない運動と、心地よいリラクゼーションを行い、少しずつ元気を蓄積していきます。教室ではいろいろな運動を行いますが、左右に背骨を揺らす気功を行うと、腰痛が改善し、前後に背骨をゆらす気功を行うと股関節痛が改善します。これらは、「痛み取り呼吸」としてお勧めです。【解説】古屋ネネ(九州気功協会会長)


【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

【酢野菜レシピ】酢の物だけなんてもったいない! 調味料ソムリエが新提案

酢が体にいいのは知っているけれど、料理に使うとなると酢の物しか思い浮かばない……そんな人にこそ試していただきたいのが、今回の「酢野菜」のレシピです。今回は、MICHIKO先生に12品提案していただきました。【料理】MICHIKO/ミチコ(料理研究家・調味料ソムリエ・食養生士)【栄養計算】村山愛子(管理栄養士) 


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

ヒラメ筋と腓腹筋の同時刺激「アキレス腱トントン体操」で血圧が下がった!

毎年秋になると不安定になり、薬を飲んでいても180mmHgくらいまで上がることがありました。これをすると、足から上半身に向かって、血液がグッグっと上がっていくようで、全身がポカポカして最高に気持ちいいのです。歯みがきと同じように、私の生活の一部になっています。【体験談】松原知子(仮名・主婦・79歳)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)