医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 

【不眠改善】私のイチオシの入眠方法は「枕元に○○」を置くだけ 

2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。薬嫌いの私にとって、この方法はまるで天からの贈り物のように感じられました。【体験談】和田太郎(仮名・大阪府・84歳会社員)


会議中に睡魔に襲われ電車では寝過ごす日々

 年齢を重ねてくると、体に変化が生じ、いろいろと不調が現れるものです。私の場合、60歳ごろから更年期障害に悩まされるようになりました。その症状の一つが、不眠でした。

 60代半ばを過ぎたころから、布団に入ってもなかなか寝つけない日が増えるようになったのです。寝ようとすればするほど、頭が冴えてしまいます。

 夜に眠れないのは、日中の活動量が少ないとか、床に就く時間が早いせいではありません。
 というのも、私は昼間は会社勤め、帰宅後も家事などをこなし、それなりに忙しくしているからです。床に就くのは、いつも0時半ごろ。仕事のストレスもありますし、心身ともに疲れて眠くなるのが自然でしょう。それなのになぜか、寝つきが悪いのです。

 眠くなるよう、あえて就寝時に難しい本を読むなどしてみましたが、効果はあったりなかったりといったところでした。

 会社では、デスクに向かっている間は、支障なく仕事ができます。しかし会議になると、決まって強い眠気に襲われます。
 また、通勤の電車では、一度座席に座ると、必ず睡魔がやってきます。降車駅を寝過ごしてしまうこともありました。

 このころ私は、更年期障害のほかの症状で病院を受診していました。そこで、担当の医師に不眠で悩んでいることを伝えました。
 ただし、私は薬を飲むのが嫌いです。そのうえ、普通の睡眠薬は習慣性があって好ましくないと考えているため、そうした意向も伝えたところ、睡眠導入剤として有効な、抗不安薬を処方されました。
「副作用も習慣性もない」と説明を受けましたが、やはり抵抗感は消えません。そこで、就寝時に読書をしても寝つけないときだけ、処方された錠剤を半分に切って服用しました。

 処方量のたった半分でも、薬の効果は絶大でした。服用して30分ほどで、必ず寝つくことができます。起床時の不快感や、日中の眠気もありません。薬に頼るのは極力避けたかったのですが、やむを得ず使用するようになりました。

自然と眠りに落ちて薬の量が激減!

 しぶしぶ薬を用いつつ、不眠とつきあっていた、2年ほど前のことです。健康雑誌を読んでいたところ、「タマネギをみじん切りにして枕元に置くと不眠に有効」という記事を見つけました。におい成分に、眠りを誘う効果があるのだそうです。
 薬嫌いの私にとって、この方法は、まるで天からの贈り物のように感じられました。そこで、直ちに実行に移すことにしました。

 試したところ、始めてそう日が経たないうちに、寝つきがよくなったことに気づきました。いつの間にか、自然と眠りに落ちているのです。
 就寝前につけていたラジオを消し忘れたまま眠りについてしまい、真夜中にラジオの音で目が覚めたこともあります。それほどスムーズに入眠できるようになり、効果に驚きました。

 しかし、毎日タマネギをみじん切りにするのは、横着者の私にとって、かなり負担でした。
 そこで、試行錯誤の末、皮つきで丸のままのタマネギ2~3個に、数ヵ所切り込みを入れた物を枕元に置くという、ズボラ流を追求した方法に至りました(やり方は下の図参照)。

 なにしろズボラなので、切り込みを入れたタマネギは、何日も使い回します。床に就く前にタマネギを嗅ぎ、まだにおうようなら、枕元に置いて寝ます。起床後は、においが気にならない場所へ移しておきます。

 同じタマネギを長く使うと、黒っぽい汁がにじみ出てくるなど、傷んでくるのがわかりますが、においが残っているうちは効きめがあるようです。
 においが消えていたら、また新しい切り込みを入れて、枕元に戻します。もちろん、切り込みを入れたタマネギが悪くならないうちに、料理に使うこともあります。そのあたりは、臨機応変です。

 今では、枕元にタマネギを欠かせません。おかげで、抗不安薬を使う回数はめっきり減り、不眠は解消しました。一晩中まんじりともできなかった日を思えば、ありがたい限りです。

 医師には、タマネギのことを伝えていません。以前に比べ薬の処方量が激減しているので、不思議に思っていることでしょう。一方で身内には、枕元にタマネギを勧めていますが、どうも信じてもらえません。不眠に悩む人は、だまされたと思ってぜひお試しください。

枕元タマネギのやり方

におい成分に鎮静作用。強過ぎると逆効果(雨晴クリニック副院長坪田聡)

タマネギに含まれるにおい成分である硫化アリルには、鎮静作用があります。リラックスできて、寝つきをよくしてくれる効果があるのです。においが強過ぎると逆効果なので、みじん切りの場合は少量で十分です。丸のままなら、和田さんのように、皮つきで切り込みを入れるくらいが適しており、いい方法だと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


「発酵タマネギ」を食べて2週間で4キロやせた!美味しくて毎日継続中

「発酵タマネギ」を食べて2週間で4キロやせた!美味しくて毎日継続中

発酵タマネギを食べ始める直前、私は暴飲暴食をして3㎏太ってしまったのですが、発酵タマネギを食べ始めて2週間で、体重が4㎏も減ったのです。さらに2年以上治らなかった、原因不明の首の皮膚炎も治まってきました。【体験談】後藤優美子(神社受付・53歳)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


ぐっすり快眠体質に! 睡眠専門医が勧める温冷交互の“足だけ”シャワーのやり方

ぐっすり快眠体質に! 睡眠専門医が勧める温冷交互の“足だけ”シャワーのやり方

温かいお湯をかけたあとに冷たい水をかけることで、血管が刺激を受けて拡張し、全身の血流がよくなります。入浴後の深部体温も下がりやすくなるのです。さらに、全身の諸機能をつかさどる自律神経のうち、副交感神経が優位な状態になります。体がリラックスするため、より眠りにつきやすくなるでしょう。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)