【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

【腕のしびれ】頚椎症とは違う手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群とは?

腕や手にしびれを起こして、頸椎症性神経根症と間違われやすい病気としては、以下の三つがあげられます。手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群です。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【質問】頸椎症以外の腕にしびれを起こす病気は?

頸椎症性神経根症以外にも、腕にしびれの起こる病気はありますか。主な病気の種類と、頸椎症との見分け方などを教えてください。

【回答】間違われやすい三つの代表的な病気があります

 腕や手にしびれを起こして、頸椎症性神経根症と間違われやすい病気としては、以下の三つがあげられます。

●胸郭出口症候群
 頸椎(背骨の首の部分)から腕に伸びていく神経や、心臓から腕にいく血管が、鎖骨や第一肋骨の周辺で、筋肉や骨で圧迫されると腕に痛みやしびれ、だるさなどが生じます。これが胸郭出口症候群です。とくに姿勢や筋肉の張りと関係が深い病気です。

 この病気の特徴は、腕全体・手全体がしびれることです。頸椎症性神経根症の場合は、症状が腕に出る場合でも、小指側とか親指側というように、ラインがハッキリしています。さらに、指がしびれる場合は、「この指とこの指」というように、二〜三本の指が限定的にしびれるので、その点が胸郭出口症候群と大きく違うところです。

 なお、頸椎症性神経根症は、両腕に起こることもありますが、多くは一方の腕に見られます。胸郭出口症候群は、一方の腕に出ることもありますが、両腕に出ることが比較的多くあります。また、頸椎症性神経根症は四十代以降の中高年に多く、胸郭出口症候群は若い女性に多く発症します。これらの点も見分けるヒントになります。

 頸椎症性神経根症と胸郭出口症候群を間違えて診断されていることも多いので、患者さんも見分ける知識を持っておくとよいでしょう。

●手根管症候群
 手首の手のひら側には、骨と靱帯でできたトンネル状の部分があり、中に腱と正中神経が通っています。この部分を「手根管」といい、手根管を通る正中神経がなんらかの原因で圧迫されて、親指、人さし指、中指の三本の指と、薬指の一部にしびれが起こるのが手根管症候群です。
 手根管症候群の特徴は、しびれるのが指だけで、腕や手のひらには症状が出ないことです。また、寝ているときに無意識に手首が曲がったままになって、指がしびれて目が覚めるというのも特徴です。ちなみに、手首が曲がらないようなサポーターをして寝ると、この夜間のしびれを防ぐのに役立ちます。
 手根管症候群も頸椎症性神経根症と間違えて診断されやすい病気です。

●肘部管症候群
 ひじの少し内側を不意にぶつけて手がしびれた経験を持つ人は多いでしょう。ひじのこのあたりが肘部管と呼ばれ、そこを尺骨神経が皮膚の真下に走っています。肘部管のあたりで、尺骨神経が圧迫されたり引っぱられたりすると、指や腕にしびれが起こるのが肘部管症候群です。

 この病気の特徴は、手と腕の小指側がしびれることです。症状が出るのは、小指と薬指、およびひじから先の腕の小指側と決まっています。

 頸椎症性神経根症でも、圧迫される神経によっては、同じように小指側がしびれるので、その場合は区別がむずかしくなります。
 しかし、肘部管症候群には、ひじを長い間曲げていると手のしびれが増すという特徴もあります。やはり、寝ているときに無意識にひじが曲がったままになり、小指や腕がしびれて目が覚めることがあります。そのようなときは、ひじを伸ばせば、しびれがらくになります。また、小指と薬指のマヒを伴う場合もあるので、こうした点が見分けるポイントになります。

 いずれにしても、腕や手のしびれが起こったら、早めに整形外科で受診し、原因を確かめましょう。

竹谷内康修
 竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)