MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【男女の脳の違い】恋愛の「消費期限」3年!熟年離婚を避けるには「距離」が大事

【男女の脳の違い】恋愛の「消費期限」3年!熟年離婚を避けるには「距離」が大事

高齢になるほど、心身ともに、支え合いが必要なはず。年を重ねた末に離婚してしまっては、互いにとって、なんのメリットもありません。熟年離婚を避けるには、くり返し述べてきたように、夫婦間でも一定の距離を保つことです【解説】上山博康(禎心会脳疾患研究所所長・脳神経外科医師)

解説者のプロフィール

上山博康
禎心会脳疾患研究所所長・脳神経外科医師。
社会医療法人禎心会脳疾患研究所所長。1948年、青森県生まれ。日本脳神経外科学会専門医。73年、北海道大学医学部卒業。秋田県立脳血管研究センター、北大医学部脳神経外科講師などを経て、92年に旭川赤十字病院脳神経外科部長に就任。脳血管障害、脳動脈瘤などの手術件数はおよそ40年間で2万件を超え、全国屈指の手技と実績を持つ。2012年4月から現職。手術治療と並行し、禎心会病院脳卒中センター内「上山博康脳神経外科塾」の総帥として、若手脳神経外科医の育成に努める。テレビ東京『主治医が見つかる診療所』(レギュラー)、NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』ほか、テレビ出演多数。

互いが平等に支え合ってこそ夫婦間の安定した関係が成り立つ

 以前、「人」という字は1画めと2画めが支え合ってできている、とお話をしたことがあります。人は独りでは生きていけません。
 ましてや夫婦であれば、互いに支え合ってこそ、しっかり立っていられるというものです。もし、片方がもう片方に寄りかかり過ぎてしまうと、バランスがくずれます。

 団塊の世代あたりまでは、「男が外で稼ぎ、女は家を守る」といった概念が、一般にまかりとおっていました。この考え方は文字どおりにとれば、夫も妻もそれぞれの務めがあるといった意味で、平等です。

 ところが、経済成長と女性の社会進出に伴い、このいい回しは男尊女卑的なニュアンスを帯びてきます。外で稼いでくる夫のほうが偉い。妻が家にいられるのは、夫が稼いでくるおかげ。専業主婦はいいご身分だ、といったぐあいです。つまり、妻が夫に寄りかかり過ぎているというわけです。

 しかし、無論のこと、夫が外で安心して仕事ができるのは、妻が家庭を切り盛りし、子供の世話を一手に引き受けているおかげです。一方で、妻が家のこまごましたことに専念できるのは、夫が外で仕事をして、稼いできてくれるおかげです。お互いが平等に支え合っているからこそ、安定した関係性が成り立っているのです。

 夫が認識をそうと改めないまま、定年退職の日を迎えてしまうと、さあ大変。
 一日中やることがなく、家事もできずに、家でゴロゴロしている。ひどい場合は妻にベッタリとひっつき、なにかと干渉してきます。これまで自由裁量を任されてきた妻にしてみれば、我慢なりません。そうしたわけで、熟年離婚を切り出すのは、たいてい女性の側です。

 個人的には、それまで「風呂、メシ、寝る」しかいわなかったような夫なら、妻にしっぺ返しを食らっても当然だと思います。妻は、家政婦ではありません。残りの人生くらい自由に生きたい、と願う気持ちは、理解できます。

 しかし妻は妻で、夫が稼がなくなったらポイ捨てというのはいただけません。長年会社勤めをしてきた夫に対し感謝の念もなく、じゃま者扱いするのは恩知らずです。

恋愛の消費期限は持って3年! でも…夫婦間の賞味期限は長い!

 高齢になるほど、心身ともに、支え合いが必要なはず。年を重ねた末に離婚してしまっては、互いにとって、なんのメリットもありません。熟年離婚を避けるには、くり返し述べてきたように、夫婦間でも一定の距離を保つことです。あまりに密な関係は、自由を奪います。「利害が一致するから共同生活をしている」くらいのつもりで、ドライに暮らすのがちょうどいいのです。

 恋人どうしのホットな感情は、持って3年。恋愛の消費期限は短いものです。純愛で知られるロミオとジュリエットも、放っておけば、3年ほどで別れたかもしれません。

 ただ、「時間の経過により風味は損なっても、まだ大丈夫」という期間、つまり賞味期限は、ずっと長い。恋愛感情はなくなっても、家族としての愛に変化を遂げ、長く連れ添うことができるのが、夫婦なのです。

 私は妻のことを、同じ境遇をともにくぐり抜けてきた「戦友」だと思っています。妻には、不遇の時代も支えてもらいました。感謝してもしきれないほどです。
 しかしあるとき、妻へのメールに「人生最大の友人だ」と書いたら、ひどく機嫌を損ねてしまいました。自分では最上の賛辞のつもりだったのですが、どうも通じない。

 こうした「なぜ妻に(または夫に)理解してもらえないんだろう」といった経験は、皆様もお持ちではないでしょうか。

 私たちの大脳は、左脳と右脳に分かれており、左脳と右脳とをつなぐ経路を、脳梁といいます。ここの太さが男女で異なるという研究報告があることから、男性と女性では脳の構造が違うとされてきました。ただ、近年はこれを否定する説もあります。
 事の真偽はさておき、男性脳・女性脳といった言葉が独り歩きしているのは、実際に多くの人が「男女により思考や言動の傾向が異なる」と感じているからでしょう。

 男性は理論型なので、よけいな経緯は省いてよし。話の結論を聞きたがります。また、空間把握能力に優れている場合が多いようです。男性のほうが地図を見るのが得意といわれるのはそのためです。反面、感情を読み取るのは比較的苦手。私が妻を怒らせたのも、そう考えれば納得がいきます。

 一方、女性は共感型。相手に共感を求めたいので、結論に至るまでの話が長くなります。感情重視で、コミュニケーションを大切にし、人間関係を良好に保つことに意義を見い出すのです。それが高じると、感情的になり過ぎるきらいがあります。

 一般的に挙げられるだけでも、これだけの差異が、傾向として見受けられるのです。話し合いでは解決せず、どうしても意見が合わないときは、「男女の脳の違い」と割り切ってしまうのも、一つの手かもしれません。夫婦げんかになりそうなとき、ぜひ思い出してください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私たちの体は、使わないと衰えていきます。例えば、運動せずにいると筋力が落ちていき、ついには立ったり歩いたりすることができなくなります。それは、脳も同じです。使わないでいると、頭はどんどんボケていきます。いちばんいいのは、あっと驚く物を見ることです。【解説】武田邦彦(中部大学特任教授・工学博士) 
更新: 2018-10-08 00:51:34
私は大学院生のころから、夫婦関係や結婚をテーマに研究を行ってきました。昔から、子どもの結婚は親にとっても大きな関心事であることから、最近は「結婚と親子の関係」について研究しています。そんな中、興味を持ったのが、「親同士のお見合い」です。【解説】大瀧友織(大阪経済大学情報社会学部准教授)
更新: 2018-09-10 23:22:07
最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)
更新: 2018-09-10 23:25:48
今日、社会的な環境が大きく変化し、縁結びの世話をしてくれる人もいなくなりました。そこで、「良縁親の会」のような場を活用して、親が子どもの出会いをサポートするのは自然な流れといえます。子どもが「結婚したい」と思うようになるには、親の接し方がとても大切です。【解説】宮越のり子(一般社団法人良縁親の会理事・結婚カウンセラー)
更新: 2018-09-10 23:24:04
孤独力を身につけることは、家族や友人に頼り切らずに、周りの人たちと適度に交わりながら、充実した人生を送る秘訣だと思います。そのためにも、自分にとってほんとうにたいせつな物事を取捨選択する「人生の片づけ」が必要なのです。【解説】弘兼憲史(漫画家)
更新: 2018-09-11 00:21:27
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt