医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

【変形性膝関節症の改善】骨と筋肉が強くなる食材とは?

変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。【解説・監修】服部麻倫(東京ひざ関節症クリニック院長)


変形性ひざ関節症の改善・予防には、まずは食事を見直しましょう

 変形性ひざ関節症の改善・予防には、増え過ぎた体重を減らし、骨や軟骨を丈夫にして、筋肉を増やすことが肝心です。いきなりランニングや筋トレを始めて、ひざ痛を悪化させる人がいますが、まずは食事を見直しましょう。摂取エネルギーを抑え、骨や軟骨、筋肉の元になる食品を積極的にとることで、運動できる体になっていきます。ランニングや筋トレは、それからです。ひざ痛の患者さんにお勧めの栄養素と食材を示しました。毎日の食事に取り入れましょう。

変形性ひざ関節症の改善・予防に役立つ食材

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


変形性膝関節症

関連する投稿


【トリガーポイント療法とは】体中のあらゆる慢性痛を“筋肉”から治す治療法

【トリガーポイント療法とは】体中のあらゆる慢性痛を“筋肉”から治す治療法

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【変形性膝関節症を改善】プロテオグリカン(軟骨の水分保持成分)の増やし方とは

【変形性膝関節症を改善】プロテオグリカン(軟骨の水分保持成分)の増やし方とは

ひざの専門医が、今最も注目しているのが、「プロテオグリカン」という、ひざの軟骨に含まれる物質です。最近、これをMRI(磁気共鳴断層撮影)で見られるようになり、変形性ひざ関節症を早期に発見できるようになりました。【解説】渡辺淳也(東千葉メディカルセンターリハビリテーション科部長)


【変形性膝関節症】軟骨再生を促す効果「ひざ振り子体操」のやり方

【変形性膝関節症】軟骨再生を促す効果「ひざ振り子体操」のやり方

ひざ痛は、多くの人を悩ませている症状です。日本では、治療を要するひざ痛を持つ人が約800万人いるといわれ、その大部分は、変形性ひざ関節症です。しかし、そのようなひざ痛でも、ある体操をきちんと行うことで、驚くほど改善できます。その体操は、「ひざ振り子体操」です。【解説】勝呂徹(東邦大学名誉教授)


変形性ひざ関節症改善のカギ「膝蓋支帯(しつがいしたい)」を緩める運動

変形性ひざ関節症改善のカギ「膝蓋支帯(しつがいしたい)」を緩める運動

一般的に、変形性ひざ関節症によるひざの痛みは、「筋肉に原因がある」とする説が多いようです。しかし、私は筋肉は関係ないと考えています。なぜなら、ひざ関節の周囲に筋肉はないからです。では何が原因かというと靭帯(骨どうしをつなぐ組織)と関節包(関節を包む膜)の拘縮だと考えています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【ひざ痛が解消】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

【ひざ痛が解消】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

手首つかみは手首を押さえながら1分ほど歩くという簡単な体操です。これを行うだけでひざ痛をはじめとする関節痛が驚くほど軽快します。ひざが悪い人はほぼ例外なく股関節がかたくなっており太もも前面の筋肉が緊張して、ひざ関節を圧迫します。そのためひざがうまく動かず痛みが出てくるのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)