MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【簡単お腹痩せダイエット】くびれ効果抜群「お腹回し」のやり方

【簡単お腹痩せダイエット】くびれ効果抜群「お腹回し」のやり方

おなか回しは、振り子運動の一種です。足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)

私は長年、太極拳を皆さんに指導してきました。

最近は、健康維持ではなく「症状の改善」を求めて教室に通う生徒さんが多くなったと感じています。
肥満も、その一つです。やせたい、おなかをへこませたいという人が増えています。

そんな人にお勧めしているのが「おなか回し」です。

おなか回しは、正式には「スワイショウ」といい、太極拳を行うさいに、準備運動の一つとして行うものです。
おなか回しには、いくつかのパターンがありますが、最も手軽にできて、おなかをへこます効果の高いのが、ウエストを左右にひねりながら腕を振る回転のスワイショウ、つまりおなか回しです。
1日1回、3分を目安としておなか回しを行うと、ダイエット効果が期待できます。

お尻ではなくウエストを回す

おなか回しは、振り子運動の一種です。
足を肩幅に開いて、全身の力を抜いて、でんでん太鼓を振るように、なるべく余分な力を使わずに腕を振ります。

行ううえでのポイントがいくつかあるので、紹介しておきます。


①ひねるのは「ウエスト」
ひねる部分はあくまでもウエストです。
お尻をひねらないようにしましょう。

ウエストとは、ミロのビーナスのくびれラインが入っているところです。
つまり、ヘソの少し上になります。
ウエストの位置を確認してみましょう。

ウエスト=腰と考え、骨盤を回すと勘違いする人も多いのですが、骨盤を大きく動かしてしまうと、不安定になるうえ、肝心のウエストがあまりひねられず、くびれを作る効果も半減してしまいます。

なるべく骨盤を回さず、ウエストをしっかりひねり、上半身をひねるのがおなか回しの基本です。
上半身をしっかりひねることで、腹筋、背筋から、体の深層部にある筋肉まで、多くの筋肉がバランスよく効率よく動いて、さまざまな効能を発揮します。


②「視線で体を引っ張る」つもりで行う
おなか回しを上手にするコツは、「目で体を引っ張る」感じで、首、肩、ウエストを次々に動かすことです。
腕を振ろうと意識するのではなく、視線を後方に移しながら、肩からぶら下がった腕を体にまとわりつかせましょう。


③体の後ろの「目標」を決める
体をひねるときは、真後ろに何か目標物を決めておくとやりやすいでしょう。
体が硬い人は、精いっぱい向けるところまででけっこうです。
続けているうちに、だんだんと後ろを向けるようになってきます。

5分以上は行わない

おなか回しを行うのは、1日1回です。
左右の回転を1セットとして、30〜50セットを行いましょう。
時間にすると3〜5分程度といったところです。

途中で頭がクラクラする場合は、回数を少なめにしてください。
慣れるにつれ回数を増やして構いませんが、5分を限度にしましょう。

注意していただきたいのが、ひざの向きです。

ウエストをしっかりひねったときに、軸足のひざが内側に入りやすくなります。
このような動きを続けていると、ひざの故障や痛みにつながります。
つま先とひざ頭は、常に同じ方向を向いているようにして、軸足のひざが横振れしないように注意して行うようにしましょう。

解説者のプロフィール

楊進(よう・すすむ)
日本健康太極拳協会理事長。
北里大学卒、同大学大学院修士課程修了。内家拳研究会主幹。
太極学院学院長。
日本の太極拳普及に多大な貢献をした楊名時老師を父に持ち、自らも太極拳の普及、啓蒙に努める。

●日本健康太極拳協会
https://www.taijiquan.or.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt