【血圧、血糖値を下げる】白髪、メタボも解消する「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

【血圧、血糖値を下げる】白髪、メタボも解消する「黒豆の煮汁」作り方とお勧めの飲み方

黒豆を水で煮ると、黒豆の香りとほのかな甘味のある、おいしい煮汁が出来上がります。五臓六腑に効く、健康長寿の若返りドリンクです。「黒豆の煮汁健康法」を自ら実践し、患者に勧めている医師に取材しました。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


秋津先生が毎日飲んでいる「黒豆の煮汁」の作り方

【材料】
・黒豆…125g
・水…適量

【作り方】
①黒豆はさっと水洗いし、たっぷりの水に一晩つけておく。
黒豆を一晩水につけると、2倍くらいに膨らむので、豆が水から出ないよう、豆の4倍くらいの量の水につけて戻すとよい。

②❶を水ごと鍋に入れて火にかける。
沸騰したら弱火にし、豆が煮汁から出そうになったら、水を足しながら、さらに煮る。

※煮る時間の目安は、煮汁の色が赤紫から黒っぽく変わるまで。
秋津先生は3時間煮ている。

※煮ている途中に出る泡のようなアクは取らなくてよい。
※内側が白いホーロー鍋などを使うと、黒豆の色がついて取れなくなるので、ステンレスなどの色移りしない素材の鍋か、色が付いても構わない鍋を使うこと。

③温かいうちに煮汁を容器に移す。
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて保存する。

※あまり日持ちがしないので、作って2~3日中には飲み切るようにすること。

秋津先生お勧めの「黒豆の煮汁」の飲み方

お勧めの飲み方

作ったらすぐ、温かいまま飲む
作りたてを温かいうちに飲むのが、おいしいのでお勧め。冷蔵庫で保存したものを飲む場合は、少し温めてから飲むと、体を冷やさない。

1日に飲む量の目安

500~600mL
いつ飲んでもよいが、空腹時に飲むと、煮汁の成分が効率的に体に吸収される。

残った黒豆の活用法

①もう一度煮汁を作る
1回煮汁を作った後の黒豆で、もう一度煮汁を作ることができる。

効果は1回目の煮汁と変わらない。
ただし、豆自体の味は薄くなってしまうので、残った黒豆もおいしく食べたい場合は、再利用はやめたほうがよい。

②保存して料理などに活用する
残った黒豆は、冷蔵・冷凍保存が可能。

粗熱が取れたら水気を切って、密閉容器などに入れて保存する。
軟らかく煮えているので、そのままサラダのトッピングやスープの具などに使える。

冷蔵なら3日ほど、冷凍なら1ヵ月ほど保存可能。

③酢などに漬ける
酢などの調味料に漬けておくと、そのまま食べてもおいしい常備菜になり、料理にも活用できる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


黒豆

関連する投稿


【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

【名医も愛飲】利尿作用で血圧を下げる「黒豆の煮汁」はちょいメタボにお勧め!

私が黒豆の煮汁をお勧めしたいのは、やや太めで運動不足、血圧やコレステロールが少し高めの、「ちょいメタボ」の人です。メタボリックシンドロームとは腹囲が男性なら85cm、女性なら90cm以上で、血糖値、血圧、コレステロール(脂質)のうちの二つが基準値より高めの状態をいいます。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

【黒豆の煮汁】利用法とその効能を医師が解説!高血圧やめまいに効く!

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。また、尿の出をよくする作用、血管の筋肉をゆるめる成分、血管を拡張する成分も含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるのです。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)