MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【名医も愛飲】「黒豆の煮汁」の血圧を下げる効果 ちょいメタボに特にお勧め

【名医も愛飲】「黒豆の煮汁」の血圧を下げる効果 ちょいメタボに特にお勧め

黒豆の煮汁をお勧めしたいのは「ちょいメタボ」の人です。高血圧も糖尿病も脂質異常症も実は同じ病態のもので、それを別の指標から見たものです。ですから、一つがよくなれば、すべてがよくなります。黒豆の煮汁は、そのよいきっかけになるのです。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)

尿の出がよくなり血圧の薬いらず

大豆は「畑の肉」といわれるほど、栄養価の高い食品です。
また、漢方では昔から、黒い食品は体によいとされてきました。

黒豆(黒大豆)は、大豆と同じ栄養価を持ちながら、さらに黒い食品のよさも併せ持つ優れものです。
この黒豆を煮出したのが、「黒豆の煮汁」です。

私が黒豆の煮汁を飲むようになったのは、20年前からです。
もともと豆は大好きで、黒豆も好きでしたが、難点は、砂糖で甘く煮てあることでした。

「黒豆は、大豆以上に体によいだろう」と思っていた私は、試しに砂糖なしで黒豆を煮てみました。
すると、煮た豆ももちろんおいしいのですが、煮汁にも豆の甘味が出ていて、結構いけるのです。

それから、黒豆の煮汁をお茶代わりに飲むようになりました。
そしてしばらくすると、トイレの回数が増えてきました。

漢方では、黒豆は利尿作用があるとされますが、これは血圧を下げる働きにつながります。
私の両親はともに血圧が高く、私も高めでしたが、黒豆の煮汁を飲むようになって、血圧が上がらなくなったのは、この利尿作用のおかげでしょう。
今も私は、薬を飲まずに血圧のコントロールができています。

黒豆の煮汁は、真っ黒な色をしています。
この黒い色は、黒豆の表皮に含まれるポリフェノールの一種、アントシアニンという成分の色です。
アントシアニンには強い抗酸化作用があり、色が濃いほど、パワーは強くなります。

アントシアニンで私が注目しているのは、血液や血管に対する作用です。
アントシアニンの強い抗酸化作用が、活性酸素による酸化から、血管や血液を守ってくれるのです。

例えば、コレステロールが活性酸素に酸化されると、悪玉の酸化コレステロールになって、血管に沈着します。
これが動脈硬化の原因になり、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)を引き起こします。

アントシアニンは、コレステロールの酸化を防いで動脈硬化を予防するだけでなく、血中の脂質やコレステロールを減少させて血液をサラサラにしたり、高過ぎる血圧や血糖値を下げたりする作用があるのです。

黒豆の煮汁には、アントシアニン以外にも、体に有効な働きをする多くの成分が溶け出しています。
その一つ、イソフラボンには女性ホルモンと似た作用があり、更年期の症状の改善や、骨粗鬆症の予防に役立ちます。
また、カリウムには利尿作用がありますし、マグネシウムやカルシウムには、血圧を下げる働きがあります。

食前や空腹時に飲むとより効果的

私が黒豆の煮汁をお勧めしたいのは、やや太めで運動不足、血圧やコレステロールが少し高めの、「ちょいメタボ」の人です。
メタボリックシンドロームとは、腹囲が男性なら85cm、女性なら90cm以上で、血糖値、血圧、コレステロール(脂質)のうちの二つが基準値より高めの状態をいいます。

しかし、高血圧も糖尿病も脂質異常症も実は同じ病態のもので、それを別の指標から見たものです。
ですから、一つがよくなれば、すべてがよくなります。

黒豆の煮汁は、そのよいきっかけになるのです。
しかも低カロリーなので、いくら飲んでも太りません。

黒豆の煮汁は、黒豆を弱火で煮て作ります。
吹きこぼれやすいので、火にかけている間は目を離さず、注意しながら作ってください。
煮汁の色は、黒ければ黒いほど中の成分も濃いので、十分色が出たら、火を止めます。

私は通常、3時間かけて煮ています。
しかし、3時間も煮るのが大変なら、1時間ほど煮たものでも構いません。
出来上がったら、熱いうちに豆と煮汁を分けます。

作りたてを、その日のうちに飲みきるのがお勧めですが、それが難しい場合は冷蔵庫で保存し、2日くらいで飲みきるようにしましょう。
そのさい、冷たいままだとおなかが冷えるので、温めて飲むほうがいいでしょう。

私は、黒豆の煮汁をポットに詰め、のどが渇いたときなどに飲んでいます。1日に飲む量の目安は、500mLほどです。
いつ飲んでも構いませんが、食事の前や食間など、空腹時に飲むと、体への煮汁の成分の吸収がより速くなります。

煮た後の黒豆にも、体によい成分が残っていますから、残さず食べてください。
そのまま食べてもおいしいですが、サラダや煮物、カレーに加えるなど、いろいろ活用できます。

ただし、黒豆の煮汁は健康によいとはいっても、薬ではありません。
効果の現れ方も緩やかですから、気長に飲み続けることが大事です。

次の記事では、「黒豆の煮汁」の作り方をご紹介しましょう。

解説者のプロフィール

秋津壽男(あきつ・としお)
秋津医院院長。
日本内科学会認定専門医、日本循環器学会認定専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。
『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京)など、テレビでもおなじみのスーパードクター。
『血管が若返る!黒豆茶健康法』(ナツメ社)など、著書・監修書多数。

●秋津医院
東京都品川区戸越3-1-2
TEL 03-5749-2062
http://akitsu-clinic.life.coocan.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)