医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「水飲み療法」で自力治療!耳閉感・高音やピーピーという耳鳴りが改善!

「水飲み療法」で自力治療!耳閉感・高音やピーピーという耳鳴りが改善!

昨年の8月半ば、夏カゼをひき、4〜5日体調をくずしたことがありました。発熱して寝ていたところ、両耳に空気がたまっているような感じになったのです。それとともに、原因不明の耳鳴りが始まりました。遠くで救急車のサイレンのような音が、けたたましく鳴っている感じでした【体験談】蟹江千鶴(神奈川県●主婦●49歳)


メニエール病、急性低音障害型感音難聴とも診断されたが

 昨年の8月半ば、夏カゼをひき、4〜5日体調をくずしたことがありました。発熱して寝ていたところ、両耳に空気がたまっているような感じになったのです。
 それとともに、耳鳴りが始まりました。耳のなかにたまった空気の層越しに、遠くで救急車のサイレンのような音が、けたたましく鳴っている感じでした。

 カゼがよくなってからも、耳の閉塞感と耳鳴りが治らないので、耳鼻科で診察を受けました。治療を受けると、右耳はよくなりましたが、左耳の状態は変わりませんでした。
 そのときの診断は、「突発性難聴」の疑いがあるとのことで、ステロイド剤を服用。しかし、いくら飲んでも、左耳は悪いままでした。耳閉感に加えて、相変わらず耳鳴りが続いていたのです。

 困り果てた私は、大学病院でも診察を受けました。MRI(磁気共鳴画像法)などの画像検査で、脳には異常がないことがわかりました。ですが、大学病院の医師の間でも、私の診断については、意見が分かれていました。急に低音が聴こえなくなる「急性低音障害型感音難聴」という先生もいれば、「メニエール病」という先生もいらっしゃったのです。

 こうして、毎日飲まなければならない薬が、どんどんふえました。しかも、「これらの薬は、一生飲み続けなければいけませんよ」と宣告されていました。しかし、いわれたとおり、大量の薬を服用しているのに、症状は全く改善しません。
 それどころか、耳鳴りと病気への不安から不眠症に陥り、いっそう暗澹たる日々が続くようになったのです。

 そんなときにインターネットで見つけて、最後の頼みの綱と思い伺ったのが、一掌堂治療院でした。初診の日、院長の藤井德治先生は、「だいじょうぶです。心配いりませんよ」といってくださいました。私は、このひとことで、どんなに勇気づけられたかわかりません。

 早速、藤井先生のところで施術を受けると、なんと3回の治療で、低下していた聴力が復活したのです!
 ただ、耳閉感と耳鳴りについては残っていました。これを改善するのに、大きな助けとなったのが、藤井先生のところでご指導いただいた「水飲み療法」です。
 実は、藤井先生にお会いする前から、耳鳴りや難聴を解消するには、水をたくさん飲んだほうがいい、と知人から勧められて実践していました。しかし、そのときは、思うように効果は上がりませんでした。

 以前は、大量の水を一度に飲もうとしてきました。ですが、藤井先生に教えていただいた方法では、一度に大量の水を飲むのではなく、少量の水を何度にも分けて複数回飲むのです。
 そこで、小さなペットボトルにミネラルウォーターを入れておき、こまめに給水することを心がけました。このようにして、1日に2Lの水を飲むようになったのです。

 また、運動も同時に行います。1日に3~4kmを歩くように心がけました。体を動かせば、それだけ汗をかいて水分が欲しくなるからです。
 一度に4㎞を歩くのではなく、何度か歩く機会を設け、トータルで3~4kmになることを目指します。歩いている最中にも水を飲みます。今まで、休憩時間などにコーヒーやお茶を飲んでいたところも、水で代用するようになりました。

「有り難いです!」と蟹江さん

閉塞感が消え、右耳のピーピー音もほとんど消えた!

 このように水飲みを続けていたある日、ふと気づいてみると、左耳の閉塞感がなくなり、恐ろしいほどの音量の耳鳴りもほとんどやんでいました。
 左耳の耳鳴りが解消するのと入れ替わりに、右耳に「ピーピー」という通信音のような耳鳴りが起こり始めました。それはおそらく、左耳の耳鳴りが起こっているときから存在したのでしょう。左のほうがひどかったので、右の耳鳴りに気づいていなかったのだと思います。

 ですが、水飲みを続けたおかげで、この右耳の耳鳴りもほとんどなくなりました。現在は、疲れがたまったときにのみ、少し聴こえる程度に改善したのです。
 耳鳴りに悩まされつつ、一生を終わるのかと落ち込んでいた日々が、今ではうそのようです。耳鳴りと不眠からくる不安のため、心身ともに消耗しきっていた私は、まるで幽霊のように歩いていました。耳鳴りに悩まされず、元気に暮らせることがどんなに有り難いことか!
 絶望していた私に希望を与え、実際にその希望を実らせて、健康を取り戻してくださった藤井先生には、心から感謝しています。

耳にたまったリンパ液が新しく入れ替わる(アクア鍼灸療法一掌堂治療院院長・藤井德治)

 内耳にリンパ液がたまると、耳鳴りや難聴、めまいなどの症状が出てきます。耳鼻科ではこのような場合に、たまったリンパ液を排出するため、利尿剤を処方します。利尿剤と同じ効果を目指すのが、「水飲み療法」です。
 水を大量に飲むことで、利尿ホルモンが出れば、耳にたまったリンパ液の排出も促され、リンパ液が新しいものに入れ替わります。それが、難聴や耳鳴りの改善につながるのです。
 水飲み療法を実践する際は、前向きに生活習慣を整えることが奏功します。蟹江さんのケースは、なにより、それを示す好例といえます。

「水飲み療法」のやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


ジージーと不快な耳鳴りにレモン酢が効果絶大!私のレモン酢活用法

ジージーと不快な耳鳴りにレモン酢が効果絶大!私のレモン酢活用法

常に耳元で、セミがジージーと鳴くような音が聞こえ、不快でたまりませんでした。レモン酢をドリンクや食事に活用していたところ、ジージーという音の大きさと頻度がだんだん少なくなっていき、レモン酢を飲み始めて1年が過ぎる頃には、ほとんど気にならなくなったのです。【体験談】伊藤洋子(主婦・61歳)


耳鼻科医監修! 聴力が回復する【耳鳴り・難聴】特効レシピ

耳鼻科医監修! 聴力が回復する【耳鳴り・難聴】特効レシピ

食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)


【耳鳴り・めまいが続く】改善のために必ず行うべき「3つの生活習慣」

【耳鳴り・めまいが続く】改善のために必ず行うべき「3つの生活習慣」

実際のところ、耳鳴りやめまいは、複数の原因が複雑に絡み合って生じることが少なくありません。ただ、どの症状に対しても多くの場合に共通しているのが、生活習慣の乱れです。そこで私は必ず行ってほしいことを、①睡眠、②水分、③ウォーキングの三つにしぼり、患者さんに伝えています。【解説】板谷隆義(板谷耳鼻咽喉科院長)


最新の投稿


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)