MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ひざ痛が改善】ひざを伸ばして上下させたら「半月板損傷」でも正座ができた!痛み、こわばりも改善

【ひざ痛が改善】ひざを伸ばして上下させたら「半月板損傷」でも正座ができた!痛み、こわばりも改善

10年前、突然右ひざが固まって動かなくなってしまったのです。曲げることも伸ばすこともできず無理に動かそうとするとひざに激痛が走りました。整形外科を受診すると「半月板を損傷している」といわれました。内視鏡手術を勧められましたが、そうすると1週間入院しなければなりません。【体験談】森下美恵子(東京都・62歳・自営業) 

階段でひざに力が入らずガクッと体が傾いて怖い

 私は20代のころから、座禅を組んで精神統一するのを日課としてきました。また、年に一度、京都で座禅を組むのを楽しみにしながら、日々の仕事に励んでいました。

 ところが10年前、京都で座禅を組んでいたときに、突然右ひざが固まって動かなくなってしまったのです。曲げることも伸ばすこともできず、組んだ足を無理に動かそうとすると、ひざに激痛が走りました。「とにかく足を外そう」と、汗をかきながら試みましたが、少しでも動かすと痛いので、かなりの時間を要しました。
 そのまま、痛む右足を引きずりながら薬局に行き、サポーターと湿布薬を購入して、ひざを固定しました。なんとか東京まで帰ってきたものの、突然のトラブルで京都での座禅が台無しになってしまい、ほんとうに残念でした。

 東京に戻り、すぐ整形外科を受診すると、「半月板を損傷している」といわれました。内視鏡手術を勧められましたが、そうすると1週間入院しなければなりません。仕事を休めないので手術は受けず、一生痛みとつきあう覚悟をしたのです。

 それからは、ひざが固まらないように、曲げ伸ばしの際には常に注意を払ってきました。また、ひざに負担をかけないように意識して立ち、ひざをぶつけないように気をつけました。

 それでも、たまにひざが固まることがありましたし、階段を下りるときはひざに力が入らず、いつもガクッと体が傾いて怖い思いをしていました。

 そんな生活が続き、「一生このままでは困る」という思いがわいてきました。ひざの曲げ伸ばしができないと、趣味の園芸も満足にできません。正座ができないので、座禅はおろか、日課の精神統一さえままならないからです。

O脚にもならずさっさと歩ける!

 転機が訪れたのは、今から4年前でした。知人から、東京女子医科大学附属病院の整形外科を勧められたのです。

 受診して意外だったのは、手術を勧められず、ヒアルロン酸注射を打つ治療法とともに、自分で行うトレーニングを指導されたことでした。トレーニングといっても、あおむけになってひざを伸ばし、足を上下させるだけです(図参照)。

ひざ伸ばし足上げのやり方

簡単なトレーニングだが、効果は確かにある

 自分でいうのもなんですが、熱心に続けています。私は左右の足を50回ずつ上下させて1セットとしますが、5分もかかりません。
 朝、起きてお風呂に入ってから1セット、昼は仕事場でイスに座って1セット、夜も入浴後に1セット行います。

 簡単なトレーニングですが、効果は確かにあると思います。以前に比べてひざが固まることが少なくなりました。ゆっくりひざを曲げれば、正座もできます。座禅は組めなくなりましたが、精神統一は正座で行っています。

 年齢を考えると、何もしなければ筋力がどんどん衰えて、ひざ痛は悪化するでしょう。それを防ぐためにも、筋肉を強化するトレーニングが必要だと信じて、毎日熱心に続けています。年齢と競争しているようなものです。

 ひざの調子がよくないことは、周囲の人たちに話していません。歩くときは背すじを伸ばし、ひざが曲がらないように気をつけて、さっさと足を運びます。ですから、私のひざが悪いことを知っている人は、ほとんどいません。これも毎日、ひざを伸ばして足を上下するトレーニングをしているからでしょう。

 私は毎朝、鏡で足の形を見ることにしています。両ひざの内側がしっかりついて、O脚になっていないことを確認し、「今日も大丈夫」と安心するのです。
 運動は嫌いですが、習慣にしてしまえば意外と苦になりません。なにより、効果を実感できるので、やる気になります。ひざの健康のために、これからもトレーニングを続けていくつもりです。

セルフケアで半月板が再生した好例(東京女子医科大学東医療センター・整形外科部長 千葉純司)

 森下さんの右ひざの半月板は、加齢によって水分量が減っていました。そのため、軽微な刺激で損傷して組織がめくれることがあります。それが、ひざ関節に引っかかったり、はさまったりすると、ひざが固まって動かなくなる「ロッキング」という現象が起こります。

 半月板は血管に乏しく、外側3分の1にしか血管がないため、内側を損傷すると元に戻りません。森下さんの場合、幸い外側の損傷で軽度だったので、半月板の接着効果があるといわれているヒアルロン酸注射に加え、セルフケアとして、「ひざ伸ばし足上げ」を勧めました。その結果、血流と代謝が改善して半月板が再生し、ロッキングが起こらなくなったのです。

 ひざ伸ばし足上げは、大腿四頭筋を強化するだけでなく、関節包を柔軟にして、痛みを軽減します。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2018-12-11 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt