MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【更年期障害の症状】ほてりや多汗が改善!足をモゾモゾする「操体法」の効果

【更年期障害の症状】ほてりや多汗が改善!足をモゾモゾする「操体法」の効果

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)

解説者のプロフィール

永島知子(ながしま・ともこ)
ながしまクリニック院長。
大阪市立大学医学部卒業。
日本東洋医学会専門医。
2000年、大阪市中央区にながしま東洋医学専門クリニックを開設、2013年に大阪市北区に移転し現在に至る。女性の不定愁訴の改善などを得意とする。

●ながしまクリニック
大阪市北区芝田2丁目9-19イノイ第二ビル5F
TEL 06-6374-5556
http://www.nagashima-kampo.com/

「操体」で何年も悩んだ足や腰のしびれが消えた!

私は「操体」に出会い、すっかり虜になった1人です。
7年前からはクリニックで操体法講習会を開催し、患者さんとともに実践しています。

私自身、40代半ばのときに足を捻挫して以来、ずっと左の足から腰までがしびれていたのですが、操体をするようになっていつの間にか治っていました。

また、女性は更年期になると女性ホルモンが減り、血管も固くなって、全身の潤いがなくなります。
関節もきしみ、足腰の衰えも目立ってきます。

操体なら無理なく体を動かせるので、運動がまったく苦手な私でも続けることができて、更年期もうまく乗り越えられています。

操体は筋肉をゆるめて全身のバランスを整えるため、血液・リンパ・経絡の流れがよくなります。
気・血・水が整うということは、どんな病気でも改善するチャンスがあるということです。薬の効きや栄養の吸収率もよくなるでしょう。

寝たきりでも床ずれや関節痛を自分で防ぐことができる

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。
脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。

ガンとリウマチの両方を患ってい人にも、リウマチ治療のために免疫抑制剤を使うとガンが再発する恐れがあるため、操体を勧めました。
漢方薬との併用で手術後5年以上たつ今もガンは再発せず、リウマチもうまくコントロールできています。

そのほか、むくみが取れる、肌に輝きが出るという声もあります。

操体の中でも「寝床で足をモゾモゾする」動きは、特に基本となる動作で、あらゆる人にお勧めです。
寝たままでできるので、たとえ寝たきりになっても、床ずれや関節痛を自分で防ぐことができます。

創始者の橋本敬三医師は90歳で大腿骨を骨折され、6年間も寝たきりになられました。
しかし、操体で床ずれも関節症もなく逝かれたそうです。

特に、脱力して呼吸を繰り返すときは、体がゆるんで、最大限にリラックスします。
忙しい現代人にとっては贅沢かつ、とても有意義な時間です。「ふにゃ〜」と体も心もゆるめる気持ちで、やってみてください。

「操体法」のやり方は、↓の記事で詳しく紹介されています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
更新: 2018-10-21 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt