【持たない暮らし】エコ生活者の光熱費?は 冷蔵庫もエアコンもなしのシンプル生活

【持たない暮らし】エコ生活者の光熱費?は 冷蔵庫もエアコンもなしのシンプル生活

一般的な感覚では、我が家の暮らしは豊かなものではないのかもしれません。けれども、モノに振り回されず、自分や家族の気持ちをたいせつにして過ごせ、何気ないことにもありがたみを感じられるこの暮らしが、私にはとても楽しくて、なによりぜいたくなのです。【解説】アズマカナコ(省エネ生活研究家)


5人家族で電気料金は月500円台

東京郊外にある築約60年の日本家屋が、私と夫、そして3人の子どもたちが暮らす家です。
私はこの家で、昔ながらの知恵を生かして、家電製品に極力頼らず、モノを大事に使うエコ生活を実践しています。

我が家には、ほかの家庭ではあたりまえにある家電が、ほとんどありません。
エアコンも冷蔵庫も洗濯機も掃除機も、電子レンジも炊飯器もないのです。

テレビはありますが、ふだんは押し入れの中にしまってあり、夫が観たい番組があるときに出す程度。
日々のニュースは、新聞とラジオで得ています。携帯電話も、夫が持っているだけです。

毎日の家事の大部分は、家電製品に頼らないやり方。
例えば、衣服は、たらいで手洗い、部屋の掃除はほうきやハタキ、雑巾で行います。
暖を取りたいときには、炭を使う掘りごたつと湯たんぽで体を温めます。

冷蔵庫がないので、常温保存が難しい肉や魚の生鮮品や牛乳などは、その日か翌朝までに食べられる量だけ、近くのお店でその都度購入。
それでも残った分は、干して乾物にしたり、ぬか床や、みそ、しょうゆ、塩麹などに漬けたり佃煮にしたりといった、昔ながらの保存法も活用しています。

家の中で電気を使うのは、居間の照明や、仕事と子どものメール連絡網で必要なパソコンなど、ほんのわずか。
毎月の電気料金は、平均で500円台です。

日中は、日当たりのいい縁側が気持ちいいので、明るいところにちゃぶ台を移動させて食事したり子どもの世話をしたりしています。
食事のしたくや、私や子どもたちのお風呂も日のあるうちに済ませてしまうので、台所やお風呂の電気もほとんど使いません。

家電以外も、必要なモノ以外は持たないようにしています。
ふだん着る洋服は1シーズンに3パターンほどでじゅうぶん。
洗濯も食器も入浴も、すべて固形の石けん1つできれいに洗えるので、用途別に洗剤をそろえる必要もありません。

こうした生活を続けていると言うと、「たいへんそう」とか、「不便を我慢しているのでは?」などと思われることも少なくありません。
でも、自分自身が「いいな」と思えるやり方を少しずつ取り入れてきただけで、苦痛を我慢しながら続けているわけでも、禁欲的な思想に基づいているわけでもなく、この生活が「好き」でやっているのです。

山小屋での最小限の暮らし方が理想

私の現在のライフスタイルのルーツは、「昭和の暮らし」と、「山小屋での生活」です。
私は家電もひととおりそろった、いわゆる「普通」の家庭で育ちましたが、隣家の祖母は「もったいない」が口癖の人で、肥料にするために生ゴミを庭に埋めたり、暗くなるまで明かりをつけなかったりと、モノを大事にする生活を送っていました。

また、実家を離れてから、近所のお年寄りと交流する中で、モノが豊かではなかった頃の生活の知恵について教えてもらいました。
そのことも、モノを大事に使いたいと思うきっかけになり、家電などに頼らない生活を実践するための知識と自信を得るのにとても役立ちました。

もう1つが、大学時代サークルで山小屋に寝泊まりした経験です。
山では、持参した食材や調理器具だけで食事を作ります。
トイレも汲み取り式で、自分たちで最後まで処理しなければなりません。

都会での生活では「あるのがあたりまえ」だったモノが、山では「なくてあたりまえ」。
「なければ、あるモノで間に合わせればいい」ことを学びました。
最小限のモノで、ゴミを極力出さず、水や電気もできるだけ使わない方法を考えて工夫する山小屋での生活が気に入り、これをふだんから実践したいと思ったのです。

持っていなければ「なくなる不安」がない

モノを持たない生活のよさは、なにより心が楽なこと。

あったら便利なモノを求め始めたら、どんなに上を見ても切りがありません。
それに「あって当然」だと思っていると、なくなることへの不安が出てきます。
何もない状態を基本に考えれば、身の丈にあった、今あるモノ、手に入るモノに感謝して、たいせつに使おうという気持ちになれます。

水の節約のため、トイレの排水にはタンクに貯めた雨水を活用しているので、何日も降らなかった後の雨のありがたいこと!
雨に感謝できる気持ちも、この暮らし方をして、より強く感じるようになりました。

冷蔵庫があった頃は、いつも特売品を余計に買い、使いかけの食材や賞味期限などを気にしていました。
今は、そのときに食べたいモノを食べきれるぶんだけ買うので、安いからと買って持て余した食材に悩まされることもありません。

実際のところ、冷蔵・冷凍してまで長期保存したいモノは、ほとんどなかったのです。
必要なモノを必要な分だけ必要なときに買うようにしていたら、結果的に無駄がなくなり、特売を活用していた頃より、時間と食費の節約にもつながりました。

モノが少ないので、大事なモノをどこにしまったかわからなくなることも、洋服のコーディネートに悩むこともなくなりました。
毎日の掃除もとても楽です。

子どもたちも、余計なモノがない環境で育ててみると、身の回りにあるモノを創意工夫でおもちゃにして遊ぶことが自然と身につきました。
洗濯や掃除などの家事も、子どもには遊びの延長。
足踏み洗いは水遊び感覚で、雑巾がけも姉弟で競争しながら手伝ってくれます。

ふだんの生活では、テレビに目が向くことがないので、自然と家族どうしの会話やコミュニケーションが増えるのもうれしい点です。
子どもたちがけんかをすることもありますが、それも関係が近く、仲がよいからこそだと思います。

健康にもいいようで、日光を最大限利用するため、早寝早起きになりました。
以前の私は冷え症で体温も低かったのですが、冷房をかけず冷やした食べ物を食べなくなったら、最近は平熱で37度近くに。
冷蔵庫をなくして食事が和食中心になったせいか、夫の血中コレステロールや中性脂肪なども減り、子どもたちも今のところほとんど病気知らずです。
家族全員、夏バテしたり、カゼをひいたりすることもほとんどなくなりました。

一般的な感覚では、我が家の暮らしは豊かなものではないのかもしれません。
けれども、モノに振り回されず、自分や家族の気持ちをたいせつにして過ごせ、何気ないことにもありがたみを感じられるこの暮らしが、私にはとても楽しくて、なによりぜいたくなのです。

「持たない暮らし」がもたらしたメリット6

❶なくなる不安から解放される
❷持て余したモノに煩わされない
❸時間とお金の節約になり環境に優しい
❹家族のコミュニケーションが密になる
❺何気ないことにも感謝できる
❻早寝早起き、体を冷やさず健康に

アズマカナコ
1979年、東京都生まれ。東京農業大学卒業。東京の一般的なサラリーマンの家庭で自然で環境に優しい暮らしを実践し、ライフスタイルを提案している。『捨てない贅沢』(けやき出版)、『節電母さん』(集英社)、『電気代500円。贅沢な毎日』(CCCメディアハウス)、『もたない、すてない、ためこまない。身の丈生活』(主婦の友社)など著
書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


レモン酢で血圧が下がった!【歌手・松崎しげるさん】「肌は黒いがシミはない」

レモン酢で血圧が下がった!【歌手・松崎しげるさん】「肌は黒いがシミはない」

5~6年前に最大血圧が190㎜Hg台まで上がり、「酢ショウガは血圧を下げる」と聞いて食べるようになった。そのおかげか、最大血圧は170~180㎜Hg台までに下がった。それで「酢ショウガってスゴイんだね」って小堺一機さんに話したら、「松崎さん、実はレモン酢がもっとスゴイんですよ。」との話でした【体験談】松崎しげる(歌手)


【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

【美肌になる食べ物】シミ シワが改善 髪質に変化“はちみつシナモン”の効果

はちみつには、中性脂肪値を上げにくくする、うれしい働きがあります。取りすぎなければ、肥満の心配もありません。ダイエット中のかたにも、はちみつシナモンはぴったりなのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


【不整脈が改善】300のコレステロール値が下がった 秘密は「野菜スープ」

【不整脈が改善】300のコレステロール値が下がった 秘密は「野菜スープ」

今回ご紹介するのは「くず野菜スープ」です。「野菜のくず」を生ごみに出しているかたが多いのではないでしょうか。しかし、これらは「くず」ではなく、実際は体に有用な成分の宝庫です。紫外線やウイルス、細菌などから身を守るファイトケミカルは野菜の外側にこそ多くあるのです。【解説】佐古田三郎(刀根山病院院長・大阪大学名誉教授)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)