MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢玉ねぎ】心臓の苦しさが消え、血圧が下がって降圧剤が不要に

【酢玉ねぎ】心臓の苦しさが消え、血圧が下がって降圧剤が不要に

私たち夫婦は、1年以上前から「酢タマネギ」を食べています。きっかけは、本屋で見つけた『酢タマネギのすべてがわかる本』(マキノ出版)でした。そこには、酢タマネギを常食すればやせられるし、健康によいと紹介されていました。【体験談】竹村昭子(主婦・81歳)

酢タマネギを常食すれば多くの健康効果が

すりおろしたタマネギで作っている

 私たち夫婦は、1年以上前から「酢タマネギ」を食べています。
 きっかけは、本屋で見つけた『酢タマネギのすべてがわかる本』(マキノ出版)でした。そこには、酢タマネギを常食すればやせられるし、健康によいと紹介されていました。
 自分の体重と、夫の血圧が気になっていた私は、本を購入し、すぐに試してみたのです。

 当初は、本に紹介されていたとおり、スライスしたタマネギを酢やハチミツに漬けて作りました。作りたての酢タマネギは苦味がありますが、冷蔵庫で一晩寝かすと、食べやすくなります。
 私は、さらに食べやすくするために、タマネギをすりおろしてみました。すりおろしたタマネギに、カップ1杯の純米酢と、カップ半分の三温糖、顆粒のだしの素スティック1本分を合わせて混ぜ、冷蔵庫で一晩寝かせるのです。
 こうすると、だしのうま味が加わって、口当たりがよくなります。また、酢ごとスプーンですくい、ペロッと簡単に食べられるのもうれしいです。

 私たち夫婦は、毎食大さじ1杯の酢タマネギを食べました。酢タマネギは、そのまま食べるだけでなく、焼き魚やホウレンソウのおひたし、刻みキャベツなどにかけて食べることもあります。
 酢タマネギを使えば、しょうゆやドレッシングなどで味をつける必要はありません。また、脂のきついブリやサバも、酢タマネギをかけると、さっぱりと食べられます。
 夫婦で毎食食べるため、酢タマネギは5日に1回は作っています。

きつかったスカートもスルリとはける!

 こうして酢タマネギを食べ始めて1年ほどたちましたが、残念ながら、私の体重は落ちませんでした。
 ただし、太りもしません。私はもともと太りやすい体質で、少し気を抜くと、すぐに数㎏太っていました。それが、この1年は、ほとんど体重が変わらないのです。
 また、ウエストはなぜか5cmほど細くなっています。おかげで、きつかったスカートがスルリとはけるようになりました。

 ほかにも、この1年で、心臓の具合がよくなっています。
 以前の私は、ときどき夜中に心臓がギューッと締め付けられるように苦しくなることがあり、医師にニトログリセリンを処方してもらっていました。
 その心臓の苦しさが、酢タマネギを食べ始めて半年ほどで、まったく気にならなくなったのです。おかげで今は、不安なく眠ることができます。

 現在89歳の夫の変化は、もっと顕著です。
 夫は血圧が高く、一時は最大血圧が180~190mmHg、最小血圧が100mmHg強もありました(正常値は、最大血圧140mmHg未満、最小血圧90mmHg未満)。
 そのため、10年ほど前から降圧剤(血圧を下げる薬)を飲んでいましたが、それでも、最大血圧は140mmHg程度という状態だったのです。
 その夫の血圧が、酢タマネギを食べ始めてから、少しずつ下がり始めました。半年後には、血圧が下がりすぎたせいか、めまいを起こすようになったのです。
 この時点で最小血圧は60mmHg台。医師から、「試しに降圧剤をやめましょう」と言われました。

 その後、今に至るまで、夫は降圧剤を飲んでいません。現在の血圧は、最大血圧125mmHg、最小血圧75mmHg程度で安定しています。
 降圧剤を飲まずに済むようになって、夫も喜んでいます。ここ最近は、夫婦ともカゼをひかなくなりました。もしかしたらこれも、毎日食べている酢タマネギのおかげかもしれません。

糖と脂質の代謝を上げ太りにくい体になる(介護老人保健施設むくげのいえ施設長・齋藤嘉美)

 竹村さんは、酢タマネギで体重の増加が抑えられ、ウエストも細くなったとのことですが、これは、酢タマネギが糖と脂質の代謝を活発にしたことによるものでしょう。

 竹村さんの心臓の苦しさは、狭心発作だと思われますが、酢の血管壁の弾力性を改善する作用と、タマネギのケルセチンの血管拡張作用が働いて、発作の軽減に効果を発揮したと考えられます。

 また、タマネギにも酢にも、血管を広げて血圧の上昇を阻害する成分がいろいろ含まれています。ご主人の血圧が正常化し、降圧剤が不要になったのは、これらの作用によるものでしょう。
 お二人には、酢タマネギがとても合っているようですね。今後もぜひお続けください。

太りにくくなったという竹村さん

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt