【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

私は、10年ほど前からヘモグロビンA1cと血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、「酢玉ねぎ」を知ったので【体験談】森脇喜將(無職・82歳)


食事に気をつけてもなかなか下がらない

 私は、10年ほど前からヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値)と血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。

 身長は160cmで、体重は59kgなので、太っているわけではありません。年を取るまでは、健康診断の結果に関して関心が薄かったので、若いときの不摂生のツケが回ってきたのでしょうか。
 食事や運動に気をつけてコントロールしようと思っても、なかなかうまくいかず、ずっと、ヘモグロビンA1cは6.8%(正常値は6.5%未満※)、血糖値は107~117mg/dL(正常値は110mg/dL未満)でした。

 ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。
 その年の年間の平均値は、ヘモグロビンA1cは7.0%、血糖値は120mg/dL。かかりつけの医師から、血糖値を下げる薬を処方され、1日1錠服用するようになりました。

 「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、同じ年の秋に『食べて血糖値、ヘモグロビンA1cを下げる本』(マキノ出版)という本に出合いました。その中で紹介されていたのが、「酢タマネギ」です。
 酢タマネギを食べて、血糖値が下がった人の体験談も紹介されていたので、物は試しと、実行してみることにしました。これが、平成28年11月13日の、81歳の誕生日のことです。
 やり方は実に簡単で、1日3回、食事の前に80~100gの酢タマネギを食べるだけです。これなら、誰でもすぐに始められます。

 また、私は、同じ本で紹介されていた「サキベジ」も一緒に試すことにしました。サキベジとは、主食や主菜を食べるより先に、野菜をゆっくり食べることで食べすぎを防ぎ、糖分や脂肪分の吸収を遅らせるというものです。

3ヵ月で徐々に効果が出始めた

 酢タマネギとサキベジを始めて3ヵ月ほどたった頃、徐々にヘモグロビンA1cと血糖値が下がり始めました。とはいえ、同時期に、血糖値を下げる薬が1日2錠に増えていたので、どちらの効果かは、はっきりしないのですが……。

 しかし、おかげで平成29年の春には、薬の量を1日1錠に戻すことができました。そして、この年の年間の平均値は、ヘモグロビンA1cが6.2%、血糖値が105mg/dLと、正常値まで下がったのです。
 自分では、酢タマネギやサキベジの効果があったのだと信じています。

 私はいつも、こぶしより少し大きいサイズのタマネギ6個を使って、自分で酢タマネギを作っています。
 タマネギを縦に5mm幅に刻み、生のままだと私には硬いので、2~3個分ずつ耐熱容器に入れて、5~6分ほど電子レンジにかけます。軟らかくなったら瓶に移し、タマネギがかぶるくらいの黒酢を注ぎます。
 初めに、タマネギと黒酢だけで作ってみたら酸っぱかったので、2回目以降は、糖質ゼロの人工甘味料を少し入れるようにしています。これなら、タマネギを漬けた酢ごといただけます。

 酢タマネギは、冷蔵庫で保存して7~10日で食べきり、なくなりかけたら、また6個分作って補充します。家内は、うらやましいことに健康そのものなので、手をわずらわせないよう、自分で作って、一人で食べています。

 酢タマネギのいいところは、自分で食べやすいように、工夫して食べられる点です。ときどき、卵と一緒に炒ってスクランブルエッグ風にして食べることもあります。

 現在は、血糖値を下げる薬を1日1錠飲んでいますが、これをなくせたら、「本当に効果があった」と言えると思います。それを期待して、これからも酢タマネギを食べ続けていきたいと思っています。

「今後も続けたい」と森脇さん

インスリンの効きをよくする作用がある(介護老人保健施設むくげのいえ施設長・齋藤嘉美)

 タマネギの硫黄成分には、インスリンの効きをよくする作用があります。また、酢にも血糖値を下げる作用があります。

 こうした酢タマネギの効果に加え、森脇さんは、食事の前に野菜を食べる「サキベジ」も実践されています。これも糖尿病には有効で、食べすぎを防止できるだけでなく、野菜の食物繊維の効果で、糖の体内への吸収がゆるやかになり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。
 これらの相乗効果で、ヘモグロビンA1cや血糖値が改善してきたのでしょう。

 森脇さんは、タマネギを電子レンジにかけて酢タマネギを作っていますが、切ってから20~30分放置した後であれば、生のものと薬効は変わりません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

コンブを水に漬けて密閉し、冷蔵庫に約10日間保存して作る「コンブ酵母」が話題になっています。水に漬けただけの「コンブ水」と異なり、酸素を遮断するため発酵が起こり、もともとコンブに付着していた乳酸菌や酵母など、増殖に酸素を必要としない微生物が増加します。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)