【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

【体験談】酢玉ねぎで300ミリ超の父の血糖値が下がった!湿疹も消え私は美肌に

数年前に、テレビで「酢タマネギ」が取り上げられているのを見ました。そのテレビで、酢タマネギには血液サラサラ効果があり、血糖値を下げ、美容にもよいと知りましたが、そのときは、やってみようとまでは思いませんでした。【体験談】今野真美(主婦・43歳)


父も私も効き目に驚いた!

 数年前に、テレビで「酢タマネギ」が取り上げられているのを見ました。
 そのテレビで、酢タマネギには血液サラサラ効果があり、血糖値を下げ、美容にもよいと知りましたが、そのときは、やってみようとまでは思いませんでした。

 しかしその後、友人が「朝食に酢タマネギを食べている」と言うので、「試してみようかな」という気になりました。
 と言うのも、父(当時69歳)が急性糖尿病になり、血糖値が300mg/dLを超えていて、「いつ倒れてもおかしくない」と医師から言われていたからです。2016年の夏のことでした(正常値は110mg/dL未満)。

 私はまず、書店で見つけた『決定版!酢タマネギのすべてがわかる本』(マキノ出版)と、タマネギ氷の本を買い、自分で作って食べてみました。
 私自身は、もともと酢が好きです。それで、20年くらい前から、ダイエットや美容目的で、毎日、穀物酢や米酢をさかずき1杯ずつ飲んだり、リンゴ酢を水で割ったものを、1日1.5Lくらい飲んだりしていました。
 父も酢の物を好んで食べていたので、「これなら続けられるかもしれない」と思い、さっそく、実家に帰って酢タマネギを作ってあげました。
 さらに、本をプレゼントして、基本の作り方を説明したところ、調理師をしていた父は、自分で作って食べるようになりました。

 そうして1ヵ月ほど酢タマネギを食べたところ、期待したとおり、高かった血糖値が、ほぼ正常値に戻ったのです。
 また、血糖値が高かったときは、顔などに湿疹が出て真っ赤になり、なかなか治らずに困っていました。それが、血糖値が安定すると、きれいに消えたとも話していました。

 酢タマネギのほか、血糖降下剤、血糖値を下げるお茶なども飲んでいたようですが、これほど顕著な効果があるとは、父も私もびっくりです。
 酢タマネギの本には、実際に血糖値が下がった人の体験談が載っていたので、「これなら、父も納得するのでは」という思いがありましたが、大成功でした。
 後でわかったのですが、血糖値が急激に上がった原因は、夏場だったので、脱水症や熱中症を心配して、スポーツドリンクやジュースを大量に飲んでいたことが影響していたようです。

 過去には大病を患ったこともある父ですが、最近は毎日、腹筋やダンベル体操などのトレーニングをしているほど元気なので、現在は、体調には問題がないようです。

食べすぎても太りにくい

 酢タマネギ健康法のいいところは、なんといっても、材料が一年中手に入って、しかも安いということです。作りおきができて保存が利き、私が酢が好き、というのもポイントです。

 ただ、タマネギの辛味は少々苦手なので、切ったタマネギを1分ほど電子レンジにかけてから、大さじ1杯のハチミツと米酢をひたひたに入れて、冷蔵庫で3日ほどおき、タマネギが酢となじんでから食べています。新タマネギの場合は、切ってから水でさっと洗って、そのまま酢に漬けます。

 私は、主に夕食の前に酢タマネギを小皿に盛って、そのまま食べています。酢タマネギに焼いた豚肉を巻いて食べたり、サラダチキンにのせたりすることもあります。
 寒い季節は、冷たいままでははしが進まないので、切って電子レンジにかけたタマネギ、黒酢、水をミキサーにかけたものを凍らせてタマネギ氷を作り、カレー、すき焼き、ショウガスープなど、温かい料理に入れて食べています。

 酢タマネギのおかげで、カゼをひきにくくなったうえ、吹き出物もできにくくなり、肌が明るくきれいになりました。

 また、以前は食べすぎればすぐに太っていたのが、太りにくくなり、体重が50kg前後で維持できているので、できるだけ長く続けたいと思います(身長は158cm)。
 実は、メタボぎみの夫にも食べてほしいと思っているのですが、酸っぱいものが苦手で、なかなか食べてくれないのが、目下の悩みです。

父はとても元気になり私は肌が明るくきれいになった!

タマネギには美肌に役立つ成分も含まれる(介護老人保健施設むくげのいえ施設長・齋藤嘉美)

 今野さんのお父さまは、急激に血糖値が上がったとのことですが、糖分のとりすぎに加え、大病を患ったためのストレスも関連していたのでしょう。湿疹も、糖尿病になると、免疫(病気に対する抵抗力)の低下により、かかりやすくなり、治りにくくなります。
 それが酢タマネギで改善したのは、タマネギの硫黄成分の持つインスリンの効きをよくする作用や、酢の血糖値を下げる作用によるものだと思われます。
 また、タマネギに含まれるグルタチオンという成分には、メラニン色素の生成抑制作用があり、ケルセチンには紫外線防御効果が期待できます。今野さんの肌がきれいになったのは、こうした成分の働きによるものでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

繰り返すニキビは「顔の毛」が原因! 正しい「顔そり」のメリットとやり方

意外に思われるかもしれませんが、顔の毛は思いのほか皮膚に悪さをしています。顔そりは美肌になる秘訣の一つであり、皮膚科的にも美容的にもよいことずくめのケアなのです。正しい方法で顔をそれば、毛が濃く見えるようなことはありませんし、ケアの後にヒリヒリしたり、赤くなったりすることもありません。【解説】赤須玲子(赤須医院院長)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)