【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

現代人が下向きの生活になった原因の一つが、スマホやパソコンなどの使いすぎです。そういった下向きの姿勢に伴った首の変形を「スマホ首」や「首ネコ背」「ストレートネック」など、たくさんの呼び方で呼ばれています。首の変形が引き起こす具体的な症状を説明します。【解説】髙木智司(心神診療室院長)


首ネコ背で神経、血管が圧迫される

 近年、街を歩けば、老若男女を問わず、頭が落ちて下向きの人を見かけることが多くなりました。
 現代人が下向きの生活になった原因の一つが、スマートフォン(以下スマホ)やパソコンなどの使いすぎです。

 そういった下向きの姿勢に伴った首の変形を、「スマホ首」や「首ネコ背」「ストレートネック」など、たくさんの呼び方で呼ばれています。これらの原因を、私は「カメ背」だと考えています。

「カメ背」とは、背中がカメの甲羅のように丸まり、その影響で首も曲がって、頭とあごが前に突き出た状態のことです。
 その姿勢が続くと、関節にかかる負荷が増えます。

 カメ背の人は、首の後ろの第7頸椎(左右の肩の高さの中央付近にある背骨の一つ)がボコッと大きく飛び出ています。
 ほかの人と見比べて骨が飛び出ていたり、触ってみて高さが2cm以上あれば、首ネコ背の可能性が高いです。

 私たち人間の首には、脳、目、耳、鼻に栄養をもたらす血管やリンパ管、脳と全身をつなぐ神経など、重要なものが所狭しと通っています。
 そのため首が曲がると、それらが圧迫されて、頭への栄養、脳から体の各部への司令が正常に行き来しなくなるのです。
 私の治療経験で、首ネコ背になっている人は、鼻づまりやのどのイガイガを訴えることが多いです。これらの症状が思い当たる人は、首ネコ背の可能性が高いと思います。

首ネコ背で膀胱や大腸がけいれんを起こす

 話は変わりますが、充電器などのケーブルを思い浮かべてください。傷む場所は、たいていコンセントに挿すACアダプターの付け根にある、導線部分ではありませんか。
 その理由は長年、線が無理に引っぱられてきた結果ですが、我々の首も、それと同様に傷みやすい部分なのです。

 首には、頭と全身をつなぐ神経が通っています。読書やデスクワークなどで首を曲げて、あごが下に落ち続けていると、神経が引っ張られ、神経につながる小脳や延髄(※)も引っ張られてしまいます。

 すると、脳からの命令通りに体が動かなくなってしまい、うつ病や自律神経失調症(内臓や血管の働きを調整する神経の不調によって起こる症状)が起こる原因にもなります。首ネコ背だと、体の各部が誤作動を起こしますが、放置しておくと少しずつ神経の断線も起こり、さらに症状が重症化します。

※脳の最下部で脊髄の上部に続く部分

頻尿・耳鳴りの原因にもなる!

 では、首ネコ背が引き起こす具体的な症状を説明します。
 まず上半身では、不整脈や狭心痛、腕の震えや脱力、腱鞘炎と肩こり、五十肩の原因となります。
 首から遠い下半身でも足のけいれんなど、多くの深刻な症状が起こります。

 首ネコ背になると、前述の理由で小脳や延髄と神経が引っ張られ、障害を起こします。
 すると、膀胱がけいれんしてしまい、尿意がひんぱんにおとずれて頻尿を引き起こします。
 大腸の場合も膀胱と同様に、神経と腸の間でうまく伝達がいかなくなり、けいれんを起こします。大腸がけいれんすると、細い便やコロコロ便やしぶり腹(便意はあっても便が出ない状態)などの症状が現れます。

 首ネコ背は、神経だけでなく、首の血管も圧迫します。
 そもそも脳は、豊富な栄養が必要なので、頸動脈(首の動脈)は静脈より太くなっています。 頭には血液が上りやすいですが、戻すためには静脈だけでは細いので、脳の外のリンパ管を介して、首から下に戻らなければなりません。
 しかし首ネコ背だと、静脈やリンパ管も圧迫されます。
 リンパ液の流れが悪くなると、老廃物のろ過や運搬も滞るので、肩こりや首や頭の重さやだるさの原因になります。

 また、耳の奥にある三半規官のリンパ液が多くなりすぎることもあって、めまい・耳鳴り・難聴の原因にもなります。
 それだけではありません。血液が脳に溜まってしまうと、脳溢血(脳内に血液が溢れ出て意識障害などが起こる病気)の危険性も高まります。

 こうして、首で神経・血管・リンパ管が歪むことは、東洋医学でいう「気・血・水」すべてが渋滞することになります。これはつまり、万病の原因となりえるということです。

→スマホ首・ストレートネックを改善する「首腰枕」のやり方

 そんな、首ネコ背の改善にお勧めなのが、私が考案したバスタオルを使う「首腰枕」です。
 首腰枕は1日、朝と晩の2回、5分間だけそれを使って横になります。それだけで、首ネコ背を根本から直せます。
 首腰枕で、心身の健康と若々しさを取り戻しましょう。

髙木智司
1984年、名古屋大学医学部を卒業し、神経内科と心療内科を専攻。背骨治しなどの自然療法の研究のかたわら、大手企業の診療所長を15年間務める。2002年、首枕・腰枕を完成し、心神診療室を開設して診療にあたる。石原式漢方・食養・断食と、自律神経免疫治療を実践。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

「植物は、なぜがんにならないのだろう?」私は研究を進め、植物に大量に含まれるファイトケミカルに、がん予防効果があることを突きとめました。緑茶のカテキン、トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、身近な野菜に含まれています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)


【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

私はパティシエの仕事をしています。一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。【体験談】野田るみこ(経営者・46歳)


【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

当院には、多様な症状を訴える患者さんがみえますが、主訴が何であれ、多くの人が口にする悩みがあります。それは「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「何度も目覚める」といった不眠の悩みです。そんなとき、私は、誰でも簡単にできる不眠解消法として、「首まくら」という方法をお勧めしています。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)


頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

私は大学病院の医師として内視鏡を用いた泌尿器分野の手術や放射線治療などの医療に携わっています。その一方で、頻尿や尿もれに悩む患者さんに対する薬物治療を行うほか最近では青竹踏みを勧めることがあります。青竹踏みと排尿障害の関係について研究をしその結果を学会でも報告しています。【解説】皆川倫範(信州大学泌尿器科学教室講師)


最新の投稿


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

指には、交感神経の線維が集中しています。ストレスや緊張を感じたときは、交感神経が優位になって、指に張り巡らされた血管がギュッと締まります。指そらしは、座ったままできるので、運動が苦手な人でも手軽に取り組むことができます。1日に何回やってもかまいません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)