医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【体験談】ストレートネック(首猫背)が「首腰枕」で改善!

【体験談】ストレートネック(首猫背)が「首腰枕」で改善!

私はパティシエの仕事をしています。一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。【体験談】野田るみこ(経営者・46歳)


食生活の見直しとともに「首腰枕」を実践

職場は寒くて長時間、立ちっぱなし

 私はパティシエの仕事をしています。
 洋菓子を作るという仕事柄、生クリームや氷などを扱うので、室温が約10℃と低温のところにいます。そんななかで、毎日10時間以上も立ったまま作業をしなければなりません。

 繊細な作業を要する飾り付けも行うので、姿勢が前のめりになり、巻き肩になっていました。そんな生活が染み付き、「首ネコ背」という首が前に出た姿勢でした。

 首ネコ背になると、夕方には首が誰かにつねられているかのような痛みを発し続けます。
 また、一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。

 そんな生活をパティシエとなってから20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。また、距離感がつかめなくて、取ろうとした物を取り落としたりすることや、頭が割れそうな頭痛が起こってきたのです。

 脳や神経の病気が心配で、何かいい治療がないかとインターネットで調べていたところ、心神診療室の髙木智司先生のことを知って診てもらいました。約2年前のことです。

1日5分の首腰枕で症状がみるみる改善

 いろいろ検査すると、まず甲状腺の数値に異常が見られ、甲状腺機能亢進症(甲状腺からのホルモン分泌が過剰になって起こる病気)とのことでした。また、隠れ脳梗塞(症状はないが、画像検査で見つかる脳梗塞)も見つかりました。

 髙木先生には「とにかく今すぐ静養し、同時に食生活を改善していきましょう」と言われました。それと合わせて、首は神経、リンパ管、血管と体と頭をつなぐ重要なものがたくさん張り巡らされているという話も聞きました。
 首ネコ背のままでは、病気は治らないかもしれないと思い、意を決し、1ヵ月半ほど休業して、治療に専念することにしたのです。

 食生活の見直しとともに、首ネコ背の改善にと、髙木先生から勧められた「首腰枕」を実践しました。
 高さのある枕を首と腰の下に入れてあおむけに寝転び、首、背中、腰から下半身まで、首ネコ背を含めた全身のゆがみを直す健康法です。このゆがみを正すと神経、リンパ管、血管の圧迫がなくなると同時に、自律神経の働きが整って、さまざまな不調が改善するとのことでした。

 1日1回、5分寝転ぶだけでいいのですが、実は最初、すごく痛くて、3分もたたずに音を上げていました。それだけ首ネコ背がひどかったのでしょう。前屈や後屈などのストレッチをしてから、首腰枕を当てるようにしました。慣れると、しだいに痛みは薄れていきました。

 こうして続けていたところ、薄紙をはぐように少しずつ、さまざまな症状がよくなっていったのです。
 まず、寝つきがよくなりました。甲状腺機能亢進症の症状で、以前は汗をかいて寝つけないことが多かったのですが、それがなくなりました。首腰枕をするのを忘れたら、ぜんぜん眠れず「やってなかった!」ということもありました。

 冷え症も改善しました。常に冷房が入っていた職場では、体が冷えて仕方がなかったのですが、最近はあまり苦にならなくなりました。
 足のしびれも起こらなくなりましたし、むくみも軽くなり、靴が入らずに苦労するようなこともなくなりました。

「首腰枕」のやり方

甲状腺の薬も必要なくなった!

 頭痛や距離感の狂い、物忘れなどの気になっていた症状も、今では一掃されました。趣味のダンスの振り付けがパッと覚えられ、安心したものです。

 また、これも甲状腺機能亢進症の症状だったのでしょうが、一時抜け毛がひどくて悩んでいました。でも、しだいに抜け毛が減り、新しい髪の毛がたくさん生えてきたのです。
 通常、甲状腺の病気は治らないから、ずっと薬を飲み続けると聞きました。けれど私は薬を飲むこともなく、元気に過ごせています。今でも仕事が忙しいときなど、体のだるさを覚えることはありますが、前と比べたら、はるかに快適に過ごせています。

 髙木先生が言われるように、首ネコ背を直すことで体が持つ本来の治癒力が高まり、自分の病気を自分で治せるのだなと実感しています。

仕事による体のだるさが減った

首腰枕で味覚と嗅覚も研ぎ澄まされる!(心神診療室院長・髙木智司)

 野田さんは、数えるほどしか診療にお越しにならなかったのですが、約2年間、まじめに首腰枕を続けていました。その甲斐があって、甲状腺機能亢進症など、万病から順調に回復されています。

 パティシエに欠かせない指先の繊細さに加えて、脳の回復による味覚・嗅覚も、首腰枕でいっそう磨きがかかっているはずです。
 10時間立ちっ放しの仕事は、とても疲れると思います。1日8時間はゆっくりくつろげる姿勢を確保しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

原因はストレートネック? 疲れると再発する耳鳴りが手首を押して軽快した

首と耳によいという手首のポイントを押してもらいました。同時に、口の開閉を何度かしてみました。すると、それまで響いていたジリジリ音が、その場でスーッと小さくなったのです。それ以来、毎晩、寝る前に自分で、手首を押しています。【体験談】沼口芳子(パートタイマー・66歳)


【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

【耳鳴り・めまいが面白いほど改善】「ある1点」を押しながら首を回すだけ!

めまいや耳鳴りを起こす人は首が硬くこわばっています。ところが、月状骨を押しながら首を動かすと、面白いようにこわばりが取れて、動かしやすくなるのです。すると、めまいや耳鳴りが大幅に改善します。同じ方法で、ストレートネックも改善できます。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

体温を上げて血管を若返らせる効果「ショウガココア」の飲み方

ショウガとココア。どちらも手軽に購入できる身近な食材です。しかし、この二つの食材には、薬に匹敵するほどの健康効果があることが明らかになってきています。そんなショウガとココアの効能を一緒に、かつ効果的に取ることができる飲み物が「ショウガココア」です。【解説】平柳要(食品医学研究所所長、医学博士)


親子三代拝命「天皇の理髪師」の秘技「OHBA式シャンプー」 頭皮も体も喜ぶ!

親子三代拝命「天皇の理髪師」の秘技「OHBA式シャンプー」 頭皮も体も喜ぶ!

頭頂部だけは、手を触れないと、いくら顔をしかめても、頭を振っても、動かないのがわかります。だからそこ、普段、あたりまえのように頭皮に直接触れているシャンプータイムを、頭皮全体に血流を巡らせ、老廃物を流してあげる時間にするのです。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)


頭皮環境を改善! 優しく触れて抜け毛を防ぐ「OHBA式シャンプー」のやり方

頭皮環境を改善! 優しく触れて抜け毛を防ぐ「OHBA式シャンプー」のやり方

OHBA式シャンプーは、刺激も少なく髪の栄養がしっかりと届くため、抜け毛は少なくなるはずです。続けていると、薄くてペラペラだった頭皮が厚みを増し、髪もしっかりしてきます。ぜひ、ご自身の頭皮を慈しみながら、触れてみてください。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)


最新の投稿


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)