【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

私はパティシエの仕事をしています。一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。【体験談】野田るみこ(経営者・46歳)


職場は寒くて長時間、立ちっぱなし

 私はパティシエの仕事をしています。
 洋菓子を作るという仕事柄、生クリームや氷などを扱うので、室温が約10℃と低温のところにいます。そんななかで、毎日10時間以上も立ったまま作業をしなければなりません。

 繊細な作業を要する飾り付けも行うので、姿勢が前のめりになり、巻き肩になっていました。そんな生活が染み付き、「首ネコ背」という首が前に出た姿勢でした。

 首ネコ背になると、夕方には首が誰かにつねられているかのような痛みを発し続けます。
 また、一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。

 そんな生活をパティシエとなってから20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。また、距離感がつかめなくて、取ろうとした物を取り落としたりすることや、頭が割れそうな頭痛が起こってきたのです。

 脳や神経の病気が心配で、何かいい治療がないかとインターネットで調べていたところ、心神診療室の髙木智司先生のことを知って診てもらいました。約2年前のことです。

1日5分の首腰枕で症状がみるみる改善

 いろいろ検査すると、まず甲状腺の数値に異常が見られ、甲状腺機能亢進症(甲状腺からのホルモン分泌が過剰になって起こる病気)とのことでした。また、隠れ脳梗塞(症状はないが、画像検査で見つかる脳梗塞)も見つかりました。

 髙木先生には「とにかく今すぐ静養し、同時に食生活を改善していきましょう」と言われました。それと合わせて、首は神経、リンパ管、血管と体と頭をつなぐ重要なものがたくさん張り巡らされているという話も聞きました。
 首ネコ背のままでは、病気は治らないかもしれないと思い、意を決し、1ヵ月半ほど休業して、治療に専念することにしたのです。

 食生活の見直しとともに、首ネコ背の改善にと、髙木先生から勧められた「首腰枕」を実践しました。
 高さのある枕を首と腰の下に入れてあおむけに寝転び、首、背中、腰から下半身まで、首ネコ背を含めた全身のゆがみを直す健康法です。このゆがみを正すと神経、リンパ管、血管の圧迫がなくなると同時に、自律神経の働きが整って、さまざまな不調が改善するとのことでした。

 1日1回、5分寝転ぶだけでいいのですが、実は最初、すごく痛くて、3分もたたずに音を上げていました。それだけ首ネコ背がひどかったのでしょう。前屈や後屈などのストレッチをしてから、首腰枕を当てるようにしました。慣れると、しだいに痛みは薄れていきました。

 こうして続けていたところ、薄紙をはぐように少しずつ、さまざまな症状がよくなっていったのです。
 まず、寝つきがよくなりました。甲状腺機能亢進症の症状で、以前は汗をかいて寝つけないことが多かったのですが、それがなくなりました。首腰枕をするのを忘れたら、ぜんぜん眠れず「やってなかった!」ということもありました。

 冷え症も改善しました。常に冷房が入っていた職場では、体が冷えて仕方がなかったのですが、最近はあまり苦にならなくなりました。
 足のしびれも起こらなくなりましたし、むくみも軽くなり、靴が入らずに苦労するようなこともなくなりました。

→「首腰枕」のやり方はコチラ

甲状腺の薬も必要なくなった!

 頭痛や距離感の狂い、物忘れなどの気になっていた症状も、今では一掃されました。趣味のダンスの振り付けがパッと覚えられ、安心したものです。

 また、これも甲状腺機能亢進症の症状だったのでしょうが、一時抜け毛がひどくて悩んでいました。でも、しだいに抜け毛が減り、新しい髪の毛がたくさん生えてきたのです。
 通常、甲状腺の病気は治らないから、ずっと薬を飲み続けると聞きました。けれど私は薬を飲むこともなく、元気に過ごせています。今でも仕事が忙しいときなど、体のだるさを覚えることはありますが、前と比べたら、はるかに快適に過ごせています。

 髙木先生が言われるように、首ネコ背を直すことで体が持つ本来の治癒力が高まり、自分の病気を自分で治せるのだなと実感しています。

仕事による体のだるさが減った

→首猫背を改善する「首腰枕」の解説はコチラ

首腰枕で味覚と嗅覚も研ぎ澄まされる!(心神診療室院長・髙木智司)

 野田さんは、数えるほどしか診療にお越しにならなかったのですが、約2年間、まじめに首腰枕を続けていました。その甲斐があって、甲状腺機能亢進症など、万病から順調に回復されています。

 パティシエに欠かせない指先の繊細さに加えて、脳の回復による味覚・嗅覚も、首腰枕でいっそう磨きがかかっているはずです。
 10時間立ちっ放しの仕事は、とても疲れると思います。1日8時間はゆっくりくつろげる姿勢を確保しましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)


【宿便を出す食べ物】白湯にレモン果汁を加えた「毒出しデトックスドリンク」

【宿便を出す食べ物】白湯にレモン果汁を加えた「毒出しデトックスドリンク」

白湯の毒出し効果をパワーアップさせた飲み物が、レモン果汁を加えた「レモン白湯」です。レモンの酸味は、便秘の改善に効果があります。利尿作用もあり、むくみ解消にも有効です。レモンに含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸を減らす働きや、新陳代謝を高める働きがあります。【解説】蓮村誠(青山プライムクリニック院長)


【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

【不眠症】ストレートネックの人はなりやすい?タオル枕で首の歪みをとると改善する

当院には、多様な症状を訴える患者さんがみえますが、主訴が何であれ、多くの人が口にする悩みがあります。それは「寝付きが悪い」「眠りが浅い」「何度も目覚める」といった不眠の悩みです。そんなとき、私は、誰でも簡単にできる不眠解消法として、「首まくら」という方法をお勧めしています。【解説】佐々木繁光(佐々木整体治療院院長)


【髪の増やし方】薄毛・抜け毛の原因は“ふくらはぎ”にあり?「ウォーキング」でM字ハゲも改善した

【髪の増やし方】薄毛・抜け毛の原因は“ふくらはぎ”にあり?「ウォーキング」でM字ハゲも改善した

抜け毛や薄毛で悩んでいるのなら、なるべく早く行動を起こすことです。髪の毛の問題は、初期ほど改善するものです。私の育毛アドバイスの中でも、ウォーキングは大事です。「歩くこと?」と、拍子抜けする人がいるかもしれません。歩 くことが、頭皮のケアを生かして育毛効果につながるのです。【解説】山田佳弘(育毛相談WEBセラピスト)


【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

現代人が下向きの生活になった原因の一つが、スマホやパソコンなどの使いすぎです。そういった下向きの姿勢に伴った首の変形を「スマホ首」や「首ネコ背」「ストレートネック」など、たくさんの呼び方で呼ばれています。首の変形が引き起こす具体的な症状を説明します。【解説】髙木智司(心神診療室院長)


最新の投稿


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

指には、交感神経の線維が集中しています。ストレスや緊張を感じたときは、交感神経が優位になって、指に張り巡らされた血管がギュッと締まります。指そらしは、座ったままできるので、運動が苦手な人でも手軽に取り組むことができます。1日に何回やってもかまいません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)