MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体験談】首猫背の治し方 手作りタオル枕で矯正 背骨が伸びて症状が改善

【体験談】首猫背の治し方 手作りタオル枕で矯正 背骨が伸びて症状が改善

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)

姿勢がよくなって首ネコ背も解消。前向きな気持ちを取り戻した

気持ちも首腰枕で明るくなった!

 平成27年11月、青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。
 左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。

 複雑な手術を受け、左足は動かせる角度が制限され、ゆっくりとしか歩けない状態です。
 大好きだったトレッキングやスポーツがもう楽しめないのかとふさぎがちにもなりました。

 事故から1年ほどたち、静養していたところで、髙木智司先生を紹介されたのです。
 髙木先生から、「天野さんは首ネコ背です」と言われました。首と腰は神経が密集する急所とのことで、首ネコ背になると首が圧迫され、免疫力や内臓機能が低下し、精神的なトラブルにもつながると聞きました。

 そんな状態だったので、首腰枕を使い、首と背中のゆがみを直すことにしました。私は朝晩2回、各10分ずつ、首と腰の下に枕を入れて、あおむけに寝ています。背骨が伸びる感覚が気持ちいいです。

 そして3ヵ月たったころから、歩くのがらくになり、普通の速度で歩けるようになってきました。その頃、家族からは「姿勢がよくなったね」と言われるようになりました。
 特に効果を実感したのは、階段の上り下りです。ケガをした左足は足首の動く角度が小さく、階段の上り下りに難儀していました。しかし今は、以前よりはスムーズに上り下りできています。

 姿勢がよくなって首ネコ背も解消し、私は前向きな気持ちを取り戻しました。今は週に3回ほど、1回3時間、歩くことを習慣にしています。
 そのかいあって、細くなっていた左足に筋肉が戻りつつあり、左右の足の太さがそろってきました。これからも首腰枕でいい姿勢を保ち続けて歩いていきたいと思います。

事故から回復して散歩が習慣

首ネコ背のままでは筋力は戻らない(心神診療室院長・髙木智司)

 天野さんは、首腰枕で心身ともに見事に立ち直られて、うれしい限りです。

 天野さんはもともと、翻訳の仕事をされていました。
 私の経験上、机に向かう作業をするかたは、首ネコ背になりやすく、天野さんも例外ではありませんでした。しかし、わずか3ヵ月で筋肉が戻ってきて、首ネコ背から回復をみせていました。

 首腰枕の効果は幅広いので、これからも使い続けて、多くの回復効果を得ていただきたいです。
 趣味のトレッキングを楽しみ続けるためにも、首腰枕を続けていただきたいです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この記事のエディター
関連記事
私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)
実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)
人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)
念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)
上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)
最新記事
熱中症は7月8月の日中に最も多く見られます。熱中症は、乳幼児から高齢者まであらゆる年代で起こる病気です。なかでも高齢者は重症化する場合が多いのです。また服薬や持病のある方も熱中症にかかりやすいリスクがあるといえるでしょう。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
熱中症は私たちの日常生活の中での注意や工夫で予防することができます。たとえば、服装です。また、水分補給についても、実は「水分」だけを補給するのではいけません。そのほかに、エアコン等の空調の使い方のコツなどをご紹介します。【解説】大澤直人(高知大学医学附属病院老年病・循環器内科)
手洗いの時間の目安は、おおよそ30秒。次のような手順で洗っていくと、少なくともそれくらいの時間が必要であることが実感できるでしょう。
新型コロナウイルスには、まだ特効薬やワクチンはなく、感染しないための予防法を徹底することが重要です。自分一人ひとりができる感染症対策のポイントをチェックしてみましょう。
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル