【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

【体験談】交通事故で心身の調子が悪くなったが「首腰枕」で気持ちが前向きに!

青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。【体験談】天野ふく(主婦・60歳)


気持ちも首腰枕で明るくなった!

 平成27年11月、青信号で横断歩道を一歩踏み出した瞬間、前方不注意の車と衝突する事故に遭いました。
 左足を複雑骨折する大ケガを負い、プレートやボルトを何本も入れる大手術を受け、40日間も入院し、術後のリハビリにも80日間を費やしました。

 複雑な手術を受け、左足は動かせる角度が制限され、ゆっくりとしか歩けない状態です。
 大好きだったトレッキングやスポーツがもう楽しめないのかとふさぎがちにもなりました。

 事故から1年ほどたち、静養していたところで、髙木智司先生を紹介されたのです。
 髙木先生から、「天野さんは首ネコ背です」と言われました。首と腰は神経が密集する急所とのことで、首ネコ背になると首が圧迫され、免疫力や内臓機能が低下し、精神的なトラブルにもつながると聞きました。

 そんな状態だったので、首腰枕を使い、首と背中のゆがみを直すことにしました。私は朝晩2回、各10分ずつ、首と腰の下に枕を入れて、あおむけに寝ています。背骨が伸びる感覚が気持ちいいです。

 そして3ヵ月たったころから、歩くのがらくになり、普通の速度で歩けるようになってきました。その頃、家族からは「姿勢がよくなったね」と言われるようになりました。
 特に効果を実感したのは、階段の上り下りです。ケガをした左足は足首の動く角度が小さく、階段の上り下りに難儀していました。しかし今は、以前よりはスムーズに上り下りできています。

 姿勢がよくなって首ネコ背も解消し、私は前向きな気持ちを取り戻しました。今は週に3回ほど、1回3時間、歩くことを習慣にしています。
 そのかいあって、細くなっていた左足に筋肉が戻りつつあり、左右の足の太さがそろってきました。これからも首腰枕でいい姿勢を保ち続けて歩いていきたいと思います。

→「首腰枕」のやり方はコチラ

事故から回復して散歩が習慣

首ネコ背のままでは筋力は戻らない(心神診療室院長・髙木智司)

 天野さんは、首腰枕で心身ともに見事に立ち直られて、うれしい限りです。

 天野さんはもともと、翻訳の仕事をされていました。
 私の経験上、机に向かう作業をするかたは、首ネコ背になりやすく、天野さんも例外ではありませんでした。しかし、わずか3ヵ月で筋肉が戻ってきて、首ネコ背から回復をみせていました。

 首腰枕の効果は幅広いので、これからも使い続けて、多くの回復効果を得ていただきたいです。
 趣味のトレッキングを楽しみ続けるためにも、首腰枕を続けていただきたいです。

→「首腰枕」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


首腰枕 免疫力 ネコ背

関連する投稿


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


猫背を治すには“膝”を伸ばすと良い 「直角壁すわり」で後ろ姿が若返る!

猫背を治すには“膝”を伸ばすと良い 「直角壁すわり」で後ろ姿が若返る!

年を取ると、次第に筋力が衰えます。20歳の人を100とすると、60歳以上の筋肉は約半分に減るのです。それとともに、姿勢が悪くなり、ネコ背になる人が増えていきます。そこでひざが少々曲がっていても骨盤を正しい位置に戻せる 「直角壁すわり」をお勧めします。【解説】三矢八千代(八千代スタジオプロアカデミー主宰)


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【ダイエット・美脚効果】”足の付け根“のイメージを変える これだけで歩き方が変わる

【ダイエット・美脚効果】”足の付け根“のイメージを変える これだけで歩き方が変わる

「人間の脚は、いったいどこから始まっていると思いますか?」と質問すると、多くのかたは「股」と答えます。私が「正解は、みぞおちの下あたりです」と言うと、皆さん驚きます。脚の付け根を股にイメージするか、みぞおちの下にイメージするかで、歩き方がまるっきり変わってきます。【解説】小池義孝(一義流気功 町屋気療院院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)