【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

【医師も実践】私が「情報断食」をお勧めする2つの理由 ニュースが心身に与える影響とは

「特に理由もなく不安になる」「なんとなく鬱々とする」「ストレスで息苦しい」「なぜか体調が優れない」ネガティブな状態にいるあなたに試していただきたいのが「ニュース断ち」です。テレビや新聞、スマホ、ネットなどからあふれているニュースをすべてシャットアウトするいわば情報の断捨離です。【解説】西脇俊二(ハタイクリニック院長)


テレビのニュースを見るだけで免疫力は下がる

「特に理由もなく不安になる」「なんとなく気持ちが鬱々とする」「ストレスで息苦しい」「なぜか体調が優れない」――こうしたネガティブな状態にいるあなたに、ぜひ試していただきたいのが「ニュース断ち」です。
ニュース断ちとは、テレビや新聞、スマホ、ネットなどからあふれているニュースをすべてシャットアウトする生活、いわば情報の断捨離です。

ニュース断ちをお勧めする理由は2つあります。
1つは、純粋に生理学的な理由からです。

新聞やテレビ、雑誌などが流すニュースは、その大半が悪い情報です。
事故や災害、殺人や傷害、詐欺などの事件、自殺……。

現実には、それと同じくらい楽しい、明るいニュースもあるはずなのに、悪いニュースばかり流されるのは、ひとえにメディア側の都合です。
人は、よいニュースより悪いニュースのほうに、より強く興味をそそられます。

メディアはそのことがわかっているからです。
こういった悪いニュースは、実は人の体や心に影響を与えます。

事件や事故、災害などのニュースを見てリラックスする人はいません。
多かれ少なかれ、必ず緊張します。

これは、自律神経(自分の意志とは関係なく、体の機能を維持・調節する神経。交感神経と副交感神経がある)が交感神経(体を活発に活動させるときに働く神経)優位になっている状態です。
自律神経は免疫力と深い関係にあります。

朝から晩まで悪いニュースを見聞きすることによって交感神経優位の状態が続けば、自律神経のバランスがくずれ、必然的に免疫機能は下がってきます。
すると、当然、体も心も不安定になり、体調をくずしたり、うつの状態になったりするのです。

「ニュースを見ないと、仕事や生活に支障が出るのでは」と思う人もいるでしょう。
実は私自身、もう10年以上も前からニュース断ちを続けています。

自宅にテレビはありませんし、ネットを使うのも仕事で必要なときだけです。
それでも、生活に支障はありません。

悪いニュースを見ることは、体や心に害こそあれ、得することは1つもないのです。

他人の災難を見て自分を持ち上げてはダメ

テレビ断ちをお勧めするもう1つの理由は、自己受容が上手にできるようになることです。
自己受容とは、簡単に言えば「長所も短所も含め、あるがままの自分を受け入れること」。

今、これができなくて悩み、苦しんでいる人がたくさんいます。
多くの人が悪いニュースや情報に興味を持つのはなぜか。

これもまさしく、自己受容がよくできていないからです。
自己受容ができていない人は、自分の欠点を認めたがりません。

そのため、自分を高める努力をせずに、今の自分を最大限に評価されたいと考えています。
それには、常に人よりも高い位置にいると自身に思わせることが必要になります。

こういう人にとって、他者の不幸や災難が自分を高めるチャンスとなるわけです。
被害者を見て、この人に比べれば自分は……というわけです。

でも、この満足感は錯覚にすぎません。
自分を高めずに人を下げることで自己受容するような対症療法を繰り返すと、かえってほんとうの自分から遠ざかってしまいます。

インドの伝統医療である「アーユルヴェーダ」では、体と心を浄化するために断食を行いますが、そのときいっさいの情報も遮断します。
余計な情報を断ち、ほんとうの自分を見つけ、考えるためです。

自己受容ができている人は、今の自分は発展途上という認識があるので、そこでどう評価されようと気になりません。
情報にもぶれないし、人と比較することの不毛や無意味さもわかっています。

これは自分を愛し、たいせつに思える、とても心地よく快適な状態です。
ニュースを断つことで、自分もその状態に近づくことができるとしたら、やってみる価値があると思いませんか。

西脇俊二
弘前大学医学部卒業後、国立国際医療センター精神科、国立精神・神経センター精神保健研究所研究員などを経て、現職。金沢大学薬学部非常勤講師。精神保健指定医、日本アーユルヴェーダ学会上級教師。『消化力』(ワニブックス)、『3日でやせる!脱糖ダイエット』(主婦の友社)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


【お腹をさする効果】方向は「時計回り」でガス腹解消!原因不明の痛みが取れる

【お腹をさする効果】方向は「時計回り」でガス腹解消!原因不明の痛みが取れる

体のどこかが痛くて病院で検査を受けたものの、「どこにも悪い箇所は見つからない」「原因がよくわからない」などといわれたことはないでしょうか。体に痛みや不快感を抱えても、その原因が医療機関で見つからないケースは、少なくありません。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)