医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【精神科医解説】スマホ依存症の症状とは 子どもに教えたい「スマホ」の怖さ

【精神科医解説】スマホ依存症の症状とは 子どもに教えたい「スマホ」の怖さ

子どもを納得させるためには、ただの受け売りではなく、親自身がスマホの弊害をしっかり理解していないといけません。そしてそうすることが、ご自身をスマホ依存症から守ることにもつながるのです。【解説】和田秀樹(和田秀樹こころと体のクリニック院長・精神科医)


子どもにはスマホはまったく必要ない

「スマホは百害あって一利なし」私は精神科医として、そう警鐘を鳴らしています。
特に子どもには、スマートフォンを持たせる必要はまったくないと思います。

「スマホを持っていないとなんだか不安になる」
「『LINE』や『face book』などのSNSがいつも気になる」
皆さん、この状態を「これだけ便利な世の中だからあたりまえ」と思っていませんか。

とんでもないことです。
これはりっぱな「スマホ依存症」だと、私は思っています。

依存症と言うと、薬物やアルコール、タバコ、ギャンブルなどを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
依存症とは、あることにのめり込み、生活や体調に支障を来しているにもかかわらず、それをやめられない状態を指す心の病気です。
つまり、スマホ依存症も病気なのです。

病気は治療をしないと治りません。
それどころか、スマホ依存症はアルコールやタバコなどよりもはるかに危険な側面があります。
薬物やアルコール、タバコなど、依存性が高いものには、昔から国が規制や禁止の対象とすることで、一定のバリアがかけられていました。

ところが、スマホは今のところ、何の規制もありません。
とても手に入れやすいうえに、四六時中手元にあります。
常に依存症のリスクと背中合わせにありながら、スマホをそれほど危険なものと認識している親もあまりいません。

したがって、精神的に未熟な子どもたちにとっては非常に危機的な状態なのです。

2013年に厚生労働省が行った調査では、「インターネット依存症」になっている中高生は、推定52万人に上るという衝撃的な報告がありました。
スマホが普及し、LINEのユーザーが急増した現在、この数字はもっと増えていると思われます。

スマホ依存症はこんな症状を引き起こす

スマホをやめても困ることはない

スマホは大人にとっても危険です。
「自分はだいじょうぶ」と思っているとしたら、大間違い。

子どもよりは自律能力があるとはいえ、もともと人間の脳というのは何かに依存しやすいようにできているのです。
依存症は、依存しているものから少しでも遠ざかると不安やイライラが募り、いてもたってもいられなくなります。
その結果、集中力が落ちたり、人に当たったりして、生活や人間関係に支障を来します。

子どもの場合、勉強やスポーツ、友人とのつきあいが減り、結果として知力や体力、コミュニケーション能力の低下、社会性の欠如などを招いてしまいます。
そんな子どもたちの未来は、想像するだけでもつらくなります。

スマホ依存から身を守る方法は、1つしかありません。
それはスマホを使わないこと、手放すことです。

薬物依存を断つためには、薬物を完全にやめるしかありません。

アルコール依存症もお酒と適度につきあいながら、というのでは治療できません。
完全に断つしかないのです。

スマホ依存症もしかりです。

禁止薬物を使用し逮捕される人のニュースを見て、「意志が弱いからやめられないのだ」と言う人がいます。
しかし、そうではありません。
何かに依存することで、脳のプログラムが書き換えられるため、自分の意志ではどうしようもなくなるのです。

これが依存症の怖さなのです。
ですから、依存症になる前にスマホを断つことです。

スマホに触らないようにすると、数時間から1日めくらいは落ち着かないかもしれません。
しかし、4、5日、1週間とたつうちに意外と困らない、それどころか「こんなに時間があったんだ」と余裕を感じたり、ストレスや不安感がいつの間にか消えていたりします。
そのままスマホをやめられる人も多いと思います。

子どもに関してはスマホはまったく必要ありませんので、家庭内でスマホを使わないルールづくりすることが大事です。
すでにスマホを持っていたり、スマホを欲しがったりする子どもには、スマホに対する誤った考えやイメージ、恐さ、無意味さを根気よく説いて、理解させていくようにしましょう。

子どもを納得させるためには、ただの受け売りではなく、親自身がスマホの弊害をしっかり理解していないといけません。
そしてそうすることが、ご自身をスマホ依存症から守ることにもつながるのです。

子どもに教えておきたい「スマホ」の怖さ

解説者のプロフィール

和田秀樹
東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院精神神経科、国立水戸病院神経内科などを経て、現職。国際医療福祉大学大学院教授、一橋大学経済学部非常勤講師。『スマホで馬鹿になる』(時事通信社)、『焦らなくなる本』(新講社)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

ストレスが原因の病気に勝つ!自律神経を整えて免疫力を上げる「呼吸」の仕方

吐く息を長く、そして、ゆっくり深い呼吸を行うことで、自律神経のバランスを整えることができます。さらに、ゆったりした呼吸はセロトニンの活性を高め、心を落ち着かせる作用があることがわかっています。では、私がお勧めする「ありがとうね呼吸」をご紹介します。【解説】西本真司(西本クリニック院長)


【大谷翔平選手は手術へ】野球少年の痛み 4割がひじに集中 野球肘はなぜ起こる?

【大谷翔平選手は手術へ】野球少年の痛み 4割がひじに集中 野球肘はなぜ起こる?

野球肘は予防が第一。もし、野球肘になっても、早く発見し適切な対策を行えば、早期復帰につながり、野球を諦める必要もありません。野球が大好きな子どもたち、野球をしているお子さんを持つ保護者の方々、少年野球の指導者の方々に、この記事をぜひ読んでいただきたいと思います。【構成】ケンカツ!編集部


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭皮が固いのは筋膜の緊張!頭痛を和らげる「耳の上ほぐし」のやり方

頭のてっぺんに指を当て、同じように動かしてください。おでこと同じように動きますか。もし、おでこの皮膚より、頭のてっぺんの皮膚が動かなかったら、頭皮が緊張しています。頭皮がカチカチに緊張していれば、頭痛や頭重感といった、不快感に見舞われやすくなります。【解説】内野勝行(金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長)


めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

めまいを改善する「モヤシ」の食べ方 漢方との併用で効果アップ

ゆでモヤシと茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)を併用すると、めまいの改善効果が高まります。最初に挙げたようなめまいが起きたら、ゆでモヤシを食べしばらくようすを見て、症状があまり変わらないようなら、漢方薬を併用するといいでしょう。【解説】井上正文(群馬中医研薬局薬局長)


最新の投稿


【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

【諦めないで!】頻尿・尿もれを自力で改善するトレーニング

食べて、飲んで、出す。排泄は、生命の営みの基本中の基本です。ところが、加齢とともに、尿もれや頻尿、便秘、便もれなどの排泄トラブルが起こりやすくなっていきます。排泄に関する悩みは、人に相談しづらいため、一人で問題を抱えてしまう人も少なくありません。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長)


胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

胃潰瘍・胃痛がおさまる「ジャガイモジュース」の効果(医師に聞いたレシピ付き)

私はもともと胃が弱く、10年ほど前には胃潰瘍になってしまいました。担当の医師に、胃の働きをよくすると勧められたのが、「ジャガイモジュース」です。飲み始めてしばらくすると、いつの間にか胃潰瘍にならなくなりました。おかげで、薬が不要になったのです。【体験談】小山結花(アロマセラピスト・リフレクソロジスト)


骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤矯正と便秘解消ツボ刺激を同時にできる!【股関節回し】のやり方

骨盤や背骨のゆがみは、体にさまざまな悪影響をもたらします。例えば、骨盤がゆがむと、内臓の位置が下がり、働きが悪くなるのです。胃腸の調子も悪くなり、便秘や下痢などを起こしやすくなります。また、腰痛、肩や首のコリなども生じてくるのです。【解説】田村章二(バリ・ハンズ院長)


【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

【無塩梅干し】胃もたれに即効果! 食べ続けたら五十肩まで解消⁉

無塩梅干し料理を週に3~4回、食卓に上げていたところ、1~2ヵ月ほどで、胃がもたれなくなってきたことに気づきました。今年の春には、五十肩の痛みが完全に解消しました。肩を自在に回せるようになり、あれほど痛かったのがウソのようです。【体験談】三船千波(仮名・主婦・55歳)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)