【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

【ローフードとは】レシピ不要で健康効果は抜群 大病の母を支える食事療法

「ローフード」とは、生の野菜を中心にいただく健康食のことです。48℃以下で調理を行えば、食物中の栄養素、水分、酵素などを壊すことなく摂取できることから、ハリウッドセレブの間で流行となり、日本でも実践する人が増えてきました。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


末期ガンだった母は食事を変えて、今も元気

「ローフード」とは、生の野菜を中心にいただく健康食のことです。
48℃以下で調理を行えば、食物中の栄養素、水分、酵素などを壊すことなく摂取できることから、ハリウッドセレブの間で流行となり、日本でも実践する人が増えてきました。

私は「ローフードスクールBullian」を主宰していますが、10年ほど前までは、摂生することなく、好きなものを食べ歩いていました。
しかし、母が、9年前に悪性リンパ腫ステージ4と診断されてからは、私の食生活は一変。
母の抗ガン剤投与の後、ガンを再発させないために学んだゲルソン療法を1年間実践したのです。
ゲルソン療法は、無塩、脂質とたんぱく質の制限、多種類の野菜と果物のジュースを大量に飲む、といった食事で積極的に栄養補給と解毒をします。

病気の母よりも私のほうがハマってしまい、体が食べ物で変わることに感動。
それからは、「病気の人だけでなく、健康な人がこの先病気にならないよう実践できる、おいしくて簡単な食事法を伝えたい」という気持ちが強くなり、ローフードを伝える道へ進みました。

私は、すべての食事をローフードに変えるのではなく、ローフード率60%以上の、無理なく続けていける「健康食」を提案しています。
食事を見直したことで、末期ガンと診断された母は、9年後の今も元気です。

私は体力も気力も充実し、40代の今もすっぴんで過ごせるほど肌はツヤツヤ、髪も抜け毛や白髪に悩まされることなく20代のときと変わりません。
ダイエットをすると、「胸からやせてしまう」と心配するかたも多いですが、ローフードでは栄養分が行き届いて、健康的にやせられます。

私自身、バストサイズは平均よりも大きめです(笑)。

生で食べることはとてもシンプルな健康法

ローフードで、なぜ、健康でキレイになれるのか。
栄養学で証明されていることだけでなく、生のものを食べていると、実感することがあります。

それは、「光をたっぷり浴びて育ったフレッシュで元気なものを食べると、イキイキしたエネルギーがもらえる」ということです。
加熱処理をすると、彩りを失い、くたっとしてしまいますが、生のままでいただけば、食材の持つ生命力をそのまま取り入れることができます。

難しい調理法は必要なく、野菜や果物をただ切って和えるだけ。
誰にでもできるシンプルな食事法が、ローフードなのです。

食材は、皮をむかずにまるごと使うことが多いので、ゴミが少なくなり、地球環境にも優しい料理ができます。
油を使った加熱料理をしないので、キッチンが汚れなくなり、「心がスッキリしてきました」という生徒さんも少なくありません。

レシピは見ないで食材を見て欲しい

私の教室では、マニュアルどおりではないライブ感あるレッスンを重視し、レシピは用意していません。
同じ野菜でも、時期によって味や食感は変わります。

作る前にそのままかじってみたり、香りや触感を確かめたりして、1つひとつの食材に向き合うことが大事なのです。
どう組み合わせれば食材が喜んでくれるか、その都度、食材とコミュニケーションをとりながら考えていくと、食材は「おいしく」応えてくれますよ。

一方で、レシピを見ながら料理を作ると、食材と向き合うことが少なくなり、自分の五感で判断しなくなります。
加熱料理だと、火加減に気を取られて、気持ちが焦ってしまうこともあるでしょう。

ローフードなら、難しいレシピはなく、ゆったりとした気持ちで調理できます。
調味料は好みの味に合わせて、様子を見ながら足していけばいいので、計量しなくても失敗することはありません。

また、ローフードでよく聞かれるのが「野菜ばかりで、たんぱく質はどうやって摂るの?」ということ。
たんぱく質と言えば、肉や魚と思っている人が多いですが、野菜からも摂れます。

特に緑の葉野菜にはたんぱく質のもとであるアミノ酸が豊富に含まれています。
そのため、ローフードを実践してたんぱく質が不足することはないのです。

さらに、穀物を食べなくても、炭水化物は野菜や果物に含まれていますし、良質な脂質は葉野菜からも摂れます。
ローフードだけでも栄養不足になることはないので、ご安心ください。

別記事で、基本のローマリネと、冬は温かいものも欲しいというかたにお勧めの加熱メニュー、そして、スムージーについて、私の考え方と作り方をご紹介しています。
新鮮な食材に、良質のオイル、しょうゆがあれば、ご家庭ですぐに作れるものばかりです。

ローフードで、体の中から健康でキレイになっていただければと思います。

高野志保
一般社団法人BullianStyle ローフード協会 代表理事。1971年、岐阜県生まれ。「健康を支えるのは、毎日の食事」の信念をもとに、2009年より、食の正しい知識と美しく健康的な家庭料理を教える「ローフードスクールBullian」(名古屋)をスタート。自身の力で食習慣を整えていくことをめざす「ローフード講座」のほか、楽しみながら美しくなれる「ダイエットサポート」も人気。著書に『美しい食べものが美しい人をつくる』(あさ出版)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。甘酒は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。【解説】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)


【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

私が院長を務める乳ガン術後ケア専門のクリニックでは、毎月一回、プラリマリーウォーキングの講座を開催していますむくみの軽減といった効果のほかに、姿勢がよくなり、血流が改善し、顔色がよくなるので、明るさと朗らかさを取り戻す人が多いことを実感しています。【解説】猿丸修平(ブレストクリニック築地院長)


【危険なほくろ】ホクロの癌 メラノーマ(悪性黒色腫)との見分け方 膨らみ 不鮮明は要注意

【危険なほくろ】ホクロの癌 メラノーマ(悪性黒色腫)との見分け方 膨らみ 不鮮明は要注意

急に目立ってきたホクロの中には、正常とは異なる「危険なホクロ」が隠れていることが…。皮膚の腫瘍の中でも極めて悪性度の高い「メラノーマ」の始まりの可能性があるのです。安易にレーザーでホクロを取るような行為を見かけますが、重大な自体を招く危険性があるのです。【解説】赤須玲子(赤須医院院長 皮膚科専門医・医学博士)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)