健康効果【ローフードレシピ】オリーブオイルと醤油だけ 簡単マリネの作り方

健康効果【ローフードレシピ】オリーブオイルと醤油だけ 簡単マリネの作り方

母の末期ガンがきっかけで食養生を研究し、たどり着いた答が「ローフード」でした。食材のイキイキとした生命力をそのままいただくために、あえて加熱はしません。大切なのは食材にじっくり向き合うこと。食材が喜ぶ形に整えてあげることが調理なのですから。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


季節の食材を使って簡単ローマリネ

ローフードの基本の3ステップ「切る」「和える」「盛りつける」だけで簡単に作れるのが、ローマリネ。

切るときのポイントは、食材の皮をできるだけむかないこと。
皮の近くに栄養が詰まっているので、食べられそうな皮はむかず、丸ごと食べます。

また、ごぼうやれんこんなどのあく抜きも行いません。
あくを抜くと、口当たりはよくなりますが、栄養分が流れてしまいます。
苦味や渋味といったあくは、バランスを取れる食材を合わせて味つけを工夫すれば、おいしくいただけるのです。

基本のマリネ液は、オリーブオイルとしょうゆだけ。
「味が単調になるのでは?」と思われるかもしれませんが、しょうがやにんにく、セロリ、大葉、レモンなど、はっきりした味のものも使います。

食材の組み合わせしだいで、まったく違う味になり、毎日飽きずに食べられるのでご安心ください。

上手に和えると食材どうしが喜び合う

和えるときのポイントは、一度に全部の食材を入れるのではなく、硬い食材や、マリネ液を染みこませたい食材から順番に入れていくことです。
果物など水分の多いものは、最後に入れるようにしましょう。

おいしく味をなじませるためには、混ぜすぎないことも大事。

ローマリネを作り続けていると、混ぜたときに食材どうしが喜び合っているタイミングがわかるようになります。
そこで混ぜるのをやめると、食べたときに「最高においしい!」と感じることができるでしょう。
混ぜすぎると食材が疲れたようにくたっとしてしまうので、食材どうしが気持ちよさそうな状態でいられることを心がけてください。

盛りつけるときは、彩りよく配置して、目でもお料理を楽しみます。
ローマリネは、食材そのものの味や食感を生かしています。

食べたときに、口の中でおいしいハーモニーが生まれるのを楽しみましょう。

柿と菊いものマリネの作り方

【材料】(3~4人分)
柿…1個(皮をむいて、小さ目の乱切り)
菊いも…3個(薄くスライス)
長いも…5cm(細切り)
みょうが…2個(みじん切り)
大葉…8枚(5mm幅くらいの細切り)
オリーブオイル…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2

【作り方】
❶基本のマリネ液に、菊いも、長いもを入れて和える。

❷みょうが、大葉、柿を加えてさっと和える。

❸盛りつけは、彩りを考えて。

カリフラワーとみかんとパセリのマリネの作り方

【材料】(3~4人分)
カリフラワー…1/2個(小房に分ける)
みかん…2個(1口サイズに切る)
パセリ…1/2束(1/2袋)(葉の部分をざく切り)
セロリ…5cm(薄くスライス)
すりごま…大さじ1
オリーブオイル…大さじ11/2
しょうゆ…小さじ2

【作り方】
❶基本のマリネ液に、カリフラワーを入れて和える。
❷セロリ、パセリ、すりごまを入れて和える。
❸みかんを入れてさっと和える。

青菜としいたけのマリネの作り方

【材料】(3~4人分)
春菊…1/2袋(葉の部分をざく切り)
小松菜…1/4袋(ざく切り)
水菜…1/4袋(ざく切り)
しいたけ…3個(スライス、軸はみじん切り)
にんにく…1片(すりおろす)
しょうが…1片(千切り)
オリーブオイル…大さじ2
しょうゆ…小さじ2

【作り方】
❶基本のマリネ液に、にんにく、しょうが、しいたけの軸の部分を入れて和える。
❷しいたけと小松菜の茎の部分を入れてさっと和える。
❸春菊、小松菜、水菜を入れて和える。ここは手を使うとおいしく仕上がる。

高野志保
一般社団法人BullianStyle ローフード協会 代表理事。1971年、岐阜県生まれ。「健康を支えるのは、毎日の食事」の信念をもとに、2009年より、食の正しい知識と美しく健康的な家庭料理を教える「ローフードスクールBullian」(名古屋)をスタート。自身の力で食習慣を整えていくことをめざす「ローフード講座」のほか、楽しみながら美しくなれる「ダイエットサポート」も人気。著書に『美しい食べものが美しい人をつくる』(あさ出版)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

【高血圧の予防改善に効果】飲む点滴「甘酒」の効能そのまま!ひんやり甘い“甘酒氷”とは

日本で古くから飲まれてきた甘酒が、現在、健康に役立つ食品として脚光を浴びています。便秘の改善や疲労回復、生活習慣病の予防など、さまざまな効果があることがわかってきたのです。甘酒は甘味を楽しみながらおいしく栄養補給して体力向上・健康維持に役立つ優れた食品なのです。【解説】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)


【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

【バナナの効能効果】血圧を下げて血糖値スパイクを予防 便秘解消ダイエットに最適

私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

私が院長を務める乳ガン術後ケア専門のクリニックでは、毎月一回、プラリマリーウォーキングの講座を開催していますむくみの軽減といった効果のほかに、姿勢がよくなり、血流が改善し、顔色がよくなるので、明るさと朗らかさを取り戻す人が多いことを実感しています。【解説】猿丸修平(ブレストクリニック築地院長)


【危険なほくろ】ホクロの癌 メラノーマ(悪性黒色腫)との見分け方 膨らみ 不鮮明は要注意

【危険なほくろ】ホクロの癌 メラノーマ(悪性黒色腫)との見分け方 膨らみ 不鮮明は要注意

急に目立ってきたホクロの中には、正常とは異なる「危険なホクロ」が隠れていることが…。皮膚の腫瘍の中でも極めて悪性度の高い「メラノーマ」の始まりの可能性があるのです。安易にレーザーでホクロを取るような行為を見かけますが、重大な自体を招く危険性があるのです。【解説】赤須玲子(赤須医院院長 皮膚科専門医・医学博士)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)