スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


日比野 佐和子
Rサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会認定専門医(アンチエイジングドクター)。眼科専門医である弟の林田康隆氏との共著『眼科医は市販の目薬をささない』(廣済堂出版)をはじめ目に関する著書多数。

林田 康隆
Y'sサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。NTT西日本病院外来医長、大阪警察病院手術顧問(いずれも非常勤医師)。日本眼科学会認定眼科専門医

「視力は回復しない」は 一昔前の話

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。
近視は遺伝で、老眼は老化現象なのだからあきらめるしかないと考えられていたのです。

確かに、強度近視など、治るとはいえないものもあります。
しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼を含めた老化も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。

我々の元を訪れる患者さんにも、実際に眼トレ(眼のトレーニング)で、進行した老眼の症状を自分自身で回復させた人が少なくありません。
視力を回復するには、ピントの調節力を鍛えることがポイントです。

眼トレで視力が回復すると先に述べましたが、ここでいうトレーニングとは、筋肉を「鍛える」トレーニングではなく、筋肉を「ほぐす」いわばストレッチです。

その代表的なものが、近くと遠くを交互に見る「目の遠近ストレッチ」です(方法は下図参照)。

目のレンズとなる水晶体は、近くを見るときに厚く、遠くを見るときに薄くなります。
この水晶体の厚みを操作しているのは、毛様体筋という筋肉です。
ピントを合わせるためには、水晶体と毛様体筋の柔軟性をいかに保つかがカギとなります。

例えば老眼は、主に水晶体の硬化が原因です。
ここに毛様体筋の衰えも重なり、ピントが合いづらくなる状態です。
自然な環境にあっても、ピントの調節力は10代がピークで、それからは年々低下するといわれます。

平均的には45歳前後から、手元へのピント調節に不便を感じ始めます。
その後、加齢による白内障の進行とともに70歳前後で目の調節力が著明に低下する人がほとんどです。

一方で、20代でもかかるスマホ老眼もあります。
これは、スマートフォンをはじめとしたデジタル機器の液晶画面などを近くで長時間見ることで起こる調節けいれんや調節の緊張ですが、目のピントが合わせづらくなる症状が老眼によく似ていることで「スマホ老眼」と名付けられたようです。

現代人の生活は、手元を見る作業なしでは成り立ちません。
スマホやパソコンを見続けるような目にとって過酷な環境は、筋肉をこわばらせ、水晶体を硬くして、仮性近視や老眼などのピント調節障害を引き起こす原因となるのです。

早い人なら2週間で効果が現れる

こうして衰えたピント調節力を戻すのに最も効果的なのが、目の中の筋肉をほぐし、水晶体の柔軟性を高める目の遠近ストレッチというわけです。

くり返し「遠」と「近」をスイッチしていると、毛様体筋がほぐれて、スムーズに切り替わるようになります。
結果、ピントの切り替えを速やかにする効果が期待できるのです。

目の遠近ストレッチは、疲れ目やドライアイ、近視、遠視、そして老眼にも効果があります。
1分程度の簡単なものですが、その1分をきちんと習慣にできれば、視力は回復していきます。

早い人なら、2週間もすれば効果が出るでしょう。
60代では7〜8割の人がかかるといわれている白内障も、水晶体が硬くなることが原因の一つです。

早い段階で目のストレッチをはじめとした訓練を行って目の柔軟性を取り戻せば、白内障の進行を抑えることも期待できます。
もちろん、水晶体にも限界はあります。

しかし、日々のストレッチで柔軟性を持たせていれば、平均よりずっと長く使うことができます。
目のストレッチには、遠近ストレッチのほかにも方法があります。
いくつかご紹介しておきましょう。

●グーパーまばたき
両目を閉じてパッと大きく目を開けます。
これを5回くり返します。
ギュッと強く閉じたほうが、効果が出やすいです。

●眼球グルグル
目を左右に3回ずつグルグル回します。
いずれも目が疲れたときに行うとよいでしょう。

目のストレッチには副作用がなく、取り組む時期が早いほど、効果を実感できます。
早速今日から始めてみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因に?誤嚥を招く猫背を治すストレッチのやり方

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。しかし、むせる原因はさまざまです。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)