MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
スマホ老眼・近視・遠視の視力は「目のストレッチ」回復する!

スマホ老眼・近視・遠視の視力は「目のストレッチ」回復する!

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)

解説者のプロフィール

日比野 佐和子
Rサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会認定専門医(アンチエイジングドクター)。眼科専門医である弟の林田康隆氏との共著『眼科医は市販の目薬をささない』(廣済堂出版)をはじめ目に関する著書多数。

林田 康隆
Y'sサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。NTT西日本病院外来医長、大阪警察病院手術顧問(いずれも非常勤医師)。日本眼科学会認定眼科専門医

「視力は回復しない」は 一昔前の話

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。
近視は遺伝で、老眼は老化現象なのだからあきらめるしかないと考えられていたのです。

確かに、強度近視など、治るとはいえないものもあります。
しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼を含めた老化も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。

我々の元を訪れる患者さんにも、実際に眼トレ(眼のトレーニング)で、進行した老眼の症状を自分自身で回復させた人が少なくありません。
視力を回復するには、ピントの調節力を鍛えることがポイントです。

眼トレで視力が回復すると先に述べましたが、ここでいうトレーニングとは、筋肉を「鍛える」トレーニングではなく、筋肉を「ほぐす」いわばストレッチです。

その代表的なものが、近くと遠くを交互に見る「目の遠近ストレッチ」です(方法は下図参照)。

目のレンズとなる水晶体は、近くを見るときに厚く、遠くを見るときに薄くなります。
この水晶体の厚みを操作しているのは、毛様体筋という筋肉です。
ピントを合わせるためには、水晶体と毛様体筋の柔軟性をいかに保つかがカギとなります。

例えば老眼は、主に水晶体の硬化が原因です。
ここに毛様体筋の衰えも重なり、ピントが合いづらくなる状態です。
自然な環境にあっても、ピントの調節力は10代がピークで、それからは年々低下するといわれます。

平均的には45歳前後から、手元へのピント調節に不便を感じ始めます。
その後、加齢による白内障の進行とともに70歳前後で目の調節力が著明に低下する人がほとんどです。

一方で、20代でもかかるスマホ老眼もあります。
これは、スマートフォンをはじめとしたデジタル機器の液晶画面などを近くで長時間見ることで起こる調節けいれんや調節の緊張ですが、目のピントが合わせづらくなる症状が老眼によく似ていることで「スマホ老眼」と名付けられたようです。

現代人の生活は、手元を見る作業なしでは成り立ちません。
スマホやパソコンを見続けるような目にとって過酷な環境は、筋肉をこわばらせ、水晶体を硬くして、仮性近視や老眼などのピント調節障害を引き起こす原因となるのです。

目のストレッチのやり方

早い人なら2週間で効果が現れる

こうして衰えたピント調節力を戻すのに最も効果的なのが、目の中の筋肉をほぐし、水晶体の柔軟性を高める目の遠近ストレッチというわけです。

くり返し「遠」と「近」をスイッチしていると、毛様体筋がほぐれて、スムーズに切り替わるようになります。
結果、ピントの切り替えを速やかにする効果が期待できるのです。

目の遠近ストレッチは、疲れ目やドライアイ、近視、遠視、そして老眼にも効果があります。
1分程度の簡単なものですが、その1分をきちんと習慣にできれば、視力は回復していきます。

早い人なら、2週間もすれば効果が出るでしょう。
60代では7〜8割の人がかかるといわれている白内障も、水晶体が硬くなることが原因の一つです。

早い段階で目のストレッチをはじめとした訓練を行って目の柔軟性を取り戻せば、白内障の進行を抑えることも期待できます。
もちろん、水晶体にも限界はあります。

しかし、日々のストレッチで柔軟性を持たせていれば、平均よりずっと長く使うことができます。
目のストレッチには、遠近ストレッチのほかにも方法があります。
いくつかご紹介しておきましょう。

●グーパーまばたき
両目を閉じてパッと大きく目を開けます。
これを5回くり返します。
ギュッと強く閉じたほうが、効果が出やすいです。

●眼球グルグル
目を左右に3回ずつグルグル回します。
いずれも目が疲れたときに行うとよいでしょう。

目のストレッチには副作用がなく、取り組む時期が早いほど、効果を実感できます。
早速今日から始めてみましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt