私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた「毒」を排出することが大切です。そこで、道場を訪れる人に断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが「番茶シップ」です。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


藤野 幾三
食養(マクロビオティック)、ヨガの指導者。断食療法により、さまざまな体調不良に悩む4000人以上の人を回復に導いてきた。

心身が不調な人は目も不調

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。
ここで、心身にさまざまな不調を抱える人たちに、断食を指導しています。

断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。
体内にたまり、心身に悪影響を与えているものを出して、体をよい状態にすること。

そのための方法が、食事を減らしたり、一定期間抜いたりすることなのです。

さて、私の道場には、ダイエットをしたい人や、糖尿病や高血圧の人、またガンなどの難病の人がいらっしゃいます。
そうした人の多くに共通しているのは、疲れ目や眼精疲労、白内障(目のレンズに相当する水晶体が濁る病気)や緑内障(眼圧が高くなって視神経に障害が起こる病気)など、目の不調もあるということです。

現代に生きる私たちは、どうしても、パソコンやスマートフォンを見る機会が多くなります。
すると当然、手元ばかりを見るので、目のレンズである水晶体の厚さを調整し、ピント合わせをする「毛様体筋」が疲労し、目がかすんだり、見えづらくなったり、目の疲れを感じたりするわけです。

ずっと同じ姿勢で作業をすると、肩や首がこるでしょう。
目も同じで、手元ばかりを見て、遠くを見ることが少なくなれば、やはりこりが生じるのです。

体内にたまった毒が目に悪影響を及ぼす

そして、目の不調の最大の原因は、私たちの体が酸性に傾き過ぎているということです。
道場で取り入れているマクロビオティック(玄米菜食を中心とした食事療法)では、体が酸性になると、病気を引き寄せると考えます。
体が酸性に傾く原因は、肉や魚、卵や白砂糖、酒などの過剰摂取です。

また、東洋医学では肝臓の疲れが、目の不調と深く関係しているとされます。
肝臓に負担をかけるのは、添加物が多く含まれた食品や、動物性のたんぱく質などです。
目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた、こうした「毒」を排出することが大切です。

そこで、道場を訪れる人に、断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが、「番茶シップ」です。

1ヵ月で視力が元に戻った!

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。
方法は簡単です。
天然塩を少々加えた番茶に脱脂綿を浸し、それを目に当てて温めるだけです。
また、少量の番茶を直接目につけ、まばたきをして目を洗う「番茶洗眼」もあります。

なぜ、この方法で目の不調を改善できるのでしょうか。

理由の一つは、温熱効果により、目の周辺の血行がよくなることです。
目の不調は肩こりのようなもの、と言いましたが、こりをほぐすには、温めて血流をよくすることが最も効果的です。

そして、もう一つの理由は、番茶が、強いアルカリ性だということです。
体が酸性に傾き過ぎないよう、歯止めをかけることが期待できます。

さらに、番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。
また、少量入れる天然塩にも、排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。

実際、私自身、番茶シップと番茶洗眼で、視力と白内障を克服した一人です。

私は中学生のころ、アトピー性皮膚炎を発症し、ステロイドの治療を始めました。
そのころから、目が見えにくくなり、1.0あった視力は0.1まで下がってしまいました。
さらに、軽い白内障にもなってしまったのです。
目が見えにくく不便でしたが、解決法がわからず、そのまま生活していました。

そして、20歳を超えたころ、私の師匠で断食療法の指導家である、故・牧内泰道先生に出会ったのです。
牧内先生から、番茶シップと番茶洗眼を教わり、行ったところ、2日目の朝、自分でも驚くほど大量の目ヤニが出ました。

後で知ったことですが、これは目にたまった毒素が排出された証拠なので、心配はいりません。
そして、毎日欠かさず番茶シップと番茶洗眼を行ったところ、1ヵ月ほどで、視力が元の1.0に戻ったのです。
白内障は元から症状が軽かったこともあり、まったく気にならなくなりました。

今は、本や資料を多く読むため、視力は0.7くらいですが、日常生活にまったく支障はありません。

こうした経験から、私は目の悩みのあるかたに、番茶シップをお勧めしています。
とても簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障予防に「眼圧を上げない生活習慣」をしよう!うつむき・口呼吸に注意

緑内障は、眼圧(眼球内の圧力)が高くなって視神経を傷つけ、視野が欠損していく病気です。失明原因の第1位と恐れられていますが、早期発見・早期治療を行えば、ほとんどの場合、失明は免れます。毎日の生活では、気をつけるポイントをご紹介します。【解説】杉本由佳(中目黒眼科院長)


疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

疲れ目(眼精疲労)は肝臓マッサージで解消!「背骨ねじり」のやり方

イライラ、腰痛、筋肉の引きつれ、爪の異常、月経トラブルや更年期障害、目のトラブルなどは、すべて肝の不調と関連します。特に目は、肝との関係が深い部位とされています。今回ご紹介するのが、肝を元気にして、肝にまつわる症状を一掃する「背骨ねじり」という体操です。【解説】石垣英俊(神楽坂ホリスティック・クーラ代表・鍼灸師)


見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

見え方が変わる!緑内障改善ケア 発症原因の一つ“ストレス”を取る呼吸法

緑内障や白内障などの目の病気で、治療に劣らず重要なのが、日ごろのセルフケアです。毎日のセルフケアと、治療との相乗効果で目の症状をよい方向へと導くことができるのです。今回は、私が患者さんに勧めているセルフケアのなかから、二つご紹介しましょう。【解説】平松類(二本松眼科病院医師)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)