私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は視力が0.1から1.0に回復!“番茶シップ”で白内障も気にならなくなった

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた「毒」を排出することが大切です。そこで、道場を訪れる人に断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが「番茶シップ」です。【解説】藤野幾三(桐生断食道場道場長)


藤野 幾三
食養(マクロビオティック)、ヨガの指導者。断食療法により、さまざまな体調不良に悩む4000人以上の人を回復に導いてきた。

心身が不調な人は目も不調

私は、群馬県桐生市で断食道場を開いています。
ここで、心身にさまざまな不調を抱える人たちに、断食を指導しています。

断食の目的は、「出す」ことだと私は考えています。
体内にたまり、心身に悪影響を与えているものを出して、体をよい状態にすること。

そのための方法が、食事を減らしたり、一定期間抜いたりすることなのです。

さて、私の道場には、ダイエットをしたい人や、糖尿病や高血圧の人、またガンなどの難病の人がいらっしゃいます。
そうした人の多くに共通しているのは、疲れ目や眼精疲労、白内障(目のレンズに相当する水晶体が濁る病気)や緑内障(眼圧が高くなって視神経に障害が起こる病気)など、目の不調もあるということです。

現代に生きる私たちは、どうしても、パソコンやスマートフォンを見る機会が多くなります。
すると当然、手元ばかりを見るので、目のレンズである水晶体の厚さを調整し、ピント合わせをする「毛様体筋」が疲労し、目がかすんだり、見えづらくなったり、目の疲れを感じたりするわけです。

ずっと同じ姿勢で作業をすると、肩や首がこるでしょう。
目も同じで、手元ばかりを見て、遠くを見ることが少なくなれば、やはりこりが生じるのです。

体内にたまった毒が目に悪影響を及ぼす

そして、目の不調の最大の原因は、私たちの体が酸性に傾き過ぎているということです。
道場で取り入れているマクロビオティック(玄米菜食を中心とした食事療法)では、体が酸性になると、病気を引き寄せると考えます。
体が酸性に傾く原因は、肉や魚、卵や白砂糖、酒などの過剰摂取です。

また、東洋医学では肝臓の疲れが、目の不調と深く関係しているとされます。
肝臓に負担をかけるのは、添加物が多く含まれた食品や、動物性のたんぱく質などです。
目の不調を改善するには、体内にたまり過ぎた、こうした「毒」を排出することが大切です。

そこで、道場を訪れる人に、断食療法の実践や食生活の改善のほか、必ずといっていいほど行ってもらうのが、「番茶シップ」です。

1ヵ月で視力が元に戻った!

番茶は、目の手当て法として、マクロビオティックの世界では古くから行われています。
方法は簡単です。
天然塩を少々加えた番茶に脱脂綿を浸し、それを目に当てて温めるだけです。
また、少量の番茶を直接目につけ、まばたきをして目を洗う「番茶洗眼」もあります。

なぜ、この方法で目の不調を改善できるのでしょうか。

理由の一つは、温熱効果により、目の周辺の血行がよくなることです。
目の不調は肩こりのようなもの、と言いましたが、こりをほぐすには、温めて血流をよくすることが最も効果的です。

そして、もう一つの理由は、番茶が、強いアルカリ性だということです。
体が酸性に傾き過ぎないよう、歯止めをかけることが期待できます。

さらに、番茶は殺菌力が高く、体にたまった毒を体外に出すとされます。
また、少量入れる天然塩にも、排毒効果のほか、目を引き締める効果があります。

実際、私自身、番茶シップと番茶洗眼で、視力と白内障を克服した一人です。

私は中学生のころ、アトピー性皮膚炎を発症し、ステロイドの治療を始めました。
そのころから、目が見えにくくなり、1.0あった視力は0.1まで下がってしまいました。
さらに、軽い白内障にもなってしまったのです。
目が見えにくく不便でしたが、解決法がわからず、そのまま生活していました。

そして、20歳を超えたころ、私の師匠で断食療法の指導家である、故・牧内泰道先生に出会ったのです。
牧内先生から、番茶シップと番茶洗眼を教わり、行ったところ、2日目の朝、自分でも驚くほど大量の目ヤニが出ました。

後で知ったことですが、これは目にたまった毒素が排出された証拠なので、心配はいりません。
そして、毎日欠かさず番茶シップと番茶洗眼を行ったところ、1ヵ月ほどで、視力が元の1.0に戻ったのです。
白内障は元から症状が軽かったこともあり、まったく気にならなくなりました。

今は、本や資料を多く読むため、視力は0.7くらいですが、日常生活にまったく支障はありません。

こうした経験から、私は目の悩みのあるかたに、番茶シップをお勧めしています。
とても簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

生の野菜をそのまま食べても、わずかしかファイトケミカルを吸収することができません。野菜を煮込むことで、ファイトケミカルがスープに抽出され、生食とは比較にならない強力な抗酸化パワーを得ることができます。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

【がん予防の食事】は「野菜スープ」が一番と研究者が断言 ファイトケミカルを効率的に摂れる!

「植物は、なぜがんにならないのだろう?」私は研究を進め、植物に大量に含まれるファイトケミカルに、がん予防効果があることを突きとめました。緑茶のカテキン、トマトのリコピン、ホウレンソウのルテイン、ニンジンやカボチャのカロテノイドなど、身近な野菜に含まれています。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)