MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
難聴は認知症発症リスクを高める?対策は「見た目の若さ」に気を配ること

難聴は認知症発症リスクを高める?対策は「見た目の若さ」に気を配ること

最近の国内外の研究では、難聴と認知症の関係にたいへん注目が集まっています。難聴と認知症の関連については、非常に多くの学説が唱えられていますが、そのうちの代表的な説をご紹介します。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)

難聴になると脳が萎縮する可能性

最近の国内外の研究では、難聴と認知症の関係にたいへん注目が集まっています。
例えば、1958年から、米国メリーランド州のボルチモアで行われている米国最長の長期追跡研究では、追跡開始時に認知症のない36〜90歳の男女639人を対象に、難聴と認知症発症の関連を調べて報告しています。

12年近くにわたって追跡調査をしたところ、聴力が正常の人を1とすると、軽い難聴の人が1.89倍、重い難聴の人になると4.94倍も認知症になりやすいことがわかりました。
同じ調査チームからは、難聴があるとその後の脳の萎縮にまで影響することも報告されています。

前述のボルチモアの調査で、56〜86歳の126名を約6年間追跡して、MRI(磁気共鳴画像)を使って脳の容積を測定したところ、難聴がある人とない人では、脳の容積の減少が明らかに違っていたのです。
難聴の存在が、脳萎縮の危険性を高めることを示した驚くべき調査結果です。

なぜ難聴になると、脳の変化が起こるのでしょうか。

難聴と認知症の関連については、非常に多くの学説が唱えられていますが、そのうちの代表的な説を以下にご紹介します。

第一は、耳にとっても脳にとっても悪影響を及ぼす、共通の原因が存在するという説です。
例として、血流障害の問題が挙げられています。
糖尿病や動脈硬化などがあると、脳の血流が循環障害を起こす危険が高まり、脳に悪影響を与えます。

脳は4本の大きな動脈、すなわち首の左右2本の内頸動脈と左右2本の椎骨動脈によって血液供給を受けていますが、脳に分布する動脈のかなり末端に、内耳に栄養を与える動脈があります。
脳に血流障害をもたらす環境は、同時に内耳の血行にも悪影響を与えるのです。

次に有力視されているのは、難聴によるコミュニケーション障害の問題です。
難聴があると、人とのコミュニケーションを図ることが徐々に難しくなっていきます。
難聴の人は、社会的に孤立し、不安や抑うつ、意欲の減退などに苦しむ傾向が高くなるのです。

コミュニケーション障害による心理的な影響に加えて、社会活動の減少や運動機能の低下が、認知症を引き起こす有力な要因となります。
難聴があっても、人との関わりや社会参加を続けることにより、認知機能を良好に保つことができるのではないかと多くの研究者が考えています。

見た目が若い人は体の働きも若い

国立長寿医療研究センターの「老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)」の取りまとめ役である下方浩史教授(名古屋学芸大学大学院)は、老化を食い止めるための提言として「見た目を若く保つ」ことを勧めています。

下方教授の研究によれば、見た目年齢が実年齢より若く見える人は、生理機能や運動機能が年よりも若い傾向にあったとされています。

逆に、見た目年齢が実年齢よりも老けて見える人は、生理機能や運動機能が実年齢よりも老けていました。
見た目の若さとは、心身ともに健康で、顔色や肌の血色がよく、骨格や姿勢がきれい、身のこなしが若々しいといった印象の総合判断です。

こうした条件が整うためには、部分部分ではなく、全身的にバランスよく健康な状態を保つことが必要なのです。
見た目の若々しさに気を配ることは、耳や認知機能の若さにとっても効果的な可能性があります。

補聴器を使って脳のトレーニング

2015年、補聴器と認知機能との関連を25年にわたって追跡したフランスの研究結果が発表されました。
この研究で、中等度以上の難聴になったとしても、補聴器を使えば、認知機能の低下は難聴のない人と変わらないことがわかったのです。

この研究は、調査開始時に聞こえは悪くないと答えた2394人、聞こえが悪いと自覚のあった1276人が対象です。
難聴があっても補聴器で聴力の不足を補って活用すれば、認知機能の低下するスピードを健康な人と同等にとどめることができると示されたのです。

この研究は、対象の規模が大きく、25年の長期にわたる観察であることから、非常に期待のもてる有力な研究結果であるといえます。

ただし、補聴器による、難聴のある人の認知機能の低下を予防する効果については、この報告のように有効であるとする報告ばかりではなく、有効ではないとする報告も混在し、まだ一定の見解には至っていません。

聞こえに不便を感じたら、まずはお近くの耳鼻咽喉科を受診して、難聴の程度や状態を評価してもらいましょう。

解説者のプロフィール

内田育恵(うちだ・やすえ)

愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員。
1965年生まれ。
90年、大阪医科大学卒業。
米国留学、名古屋大学医学部耳鼻咽喉科助手、非常勤講師等を経て、2010年、国立長寿医療研究センター耳鼻咽喉科医長。
11年愛知医科大学耳鼻咽喉科講師を経て15年より現職。
12年、『全国高齢難聴者推計と10年後の年齢別難聴発症率―老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)より』にて日本老年医学会優秀論文賞受賞。

●愛知医科大学
http://www.aichi-med-u.ac.jp/su06/su0607/su060703/21.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
最新記事
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)