MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
どこで買う?【正しい補聴器の選び方】補聴器相談医とは? 認定補聴器専門店とは?

どこで買う?【正しい補聴器の選び方】補聴器相談医とは? 認定補聴器専門店とは?

補聴器を購入する際、「手軽だから」という理由で、通販や補聴器の専門スタッフのいない量販店などで購入する人が少なくありません。しかし、これらはお勧めできません。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)

難聴の程度に合わせくり返し調整する

補聴器を購入する際、「手軽だから」という理由で、通販や補聴器の専門スタッフのいない量販店などで購入する人が少なくありません。
また、家族を思う気持ちから、自分の親御さんのいないところで購入した補聴器をプレゼントする人がいます。
しかし、これらはどれもお勧めできません。

2007年の国民生活センターの調べによれば、補聴器や集音器10銘柄を調査した結果、出力の最大音が120㏈を超える銘柄が7銘柄もありました。
120㏈という音の大きさは短時間聞いていただけで、耳に大きなダメージを与える、耳にとって危険な音量です。

つまり、自分用に調整していない不適切な補聴器を使っていると、聞こえがよくなるどころか、かえって耳に有害となって難聴を進行させてしまう恐れがあるのです。

日本耳鼻咽喉科学会では、耳の聞こえや補聴器について専門知識を持つ補聴器相談医を認定しています。
聴力検査や言葉の聞き取り検査などを行い、補聴器が必要かどうかを医師に判断してもらいましょう。

一般には40㏈を超える難聴になると、日常生活に聞こえの不便が出始め、補聴器を考える目安となります。
そして補聴器が必要となったら、医師に認定補聴器専門店を紹介してもらいましょう。

認定補聴器専門店とは、補聴器の調整技能を有する「認定補聴器技能者」という専門スタッフがいて、補聴器の調整、補聴効果を測定する設備が整った店舗を指します。
また、補聴器販売店によっては、調整された補聴器が自分に合ったものかどうか試せる無料の貸出期間(試用期間)を設けている店舗もあるため、利用するといいでしょう。

補聴器は、1台5〜50万円と価格にかなり幅があります。
多機能や細かな調整機能などが価格に反映されている面もありますが、それぞれの機能が本当に使う人にとって必要かどうか、製品内容をよく聞いて納得した品を購入することをお勧めします。

補聴器を購入して使用している人も、適切なレベルで補聴器が効果を示しているか、難聴が進行していないかなどを確認するため、定期的に耳鼻咽喉科で診察を受けるといいでしょう。

補聴器は購入した後も、使う人の状況に合わせて微調整や点検をくり返すことが、上手に使う秘訣です。
メガネと違って、購入した後も何度でも音質を変更したり、音量レベルを変えたりすることができます。

補聴器を利用して自身の聞こえの能力を十分に活用し、会話を楽しんで健やかな毎日を過ごしましょう。

解説者のプロフィール

内田育恵(うちだ・やすえ)

愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員。
1965年生まれ。
90年、大阪医科大学卒業。
米国留学、名古屋大学医学部耳鼻咽喉科助手、非常勤講師等を経て、2010年、国立長寿医療研究センター耳鼻咽喉科医長。
11年愛知医科大学耳鼻咽喉科講師を経て15年より現職。
12年、『全国高齢難聴者推計と10年後の年齢別難聴発症率―老化に関する長期縦断疫学研究(NILS-LSA)より』にて日本老年医学会優秀論文賞受賞。

●愛知医科大学
http://www.aichi-med-u.ac.jp/su06/su0607/su060703/21.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
更新: 2018-11-29 07:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt