【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


石井正則
1980年、東京慈恵会医科大学卒業。84年、同大学院卒業とともに、米国ヒューストン・ベイラー医科大学・耳鼻咽喉科へ留学。87年に帰国後、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任。2000年より、同大学准教授。現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長。日本耳鼻咽喉科学会評議員。著書に『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』、監修書に『耳鳴り・難聴を治す本』(ともにマキノ出版)などがある。

耳鳴りの患者さんの呼吸は浅い

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。

このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。
それは呼吸です。
ほぼ例外なく、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。

人は、幼いころは無意識に腹式呼吸をしています。
赤ちゃんを見ればわかりますが、おなかを上下させて、すやすやと寝ます。
それが年齢を重ねるにつれ、気付かないうちに息の浅い胸式呼吸になっているのです。

簡単にいえば、腹式呼吸はストレスや緊張を和らげます。
耳鳴りが悪化するのはストレスや緊張が大きく関わっており、ゆったり腹式呼吸をするだけで改善する人がいるのです。

実は私自身も、「シー」という高音性の耳鳴りや「ボー」という低音性の耳鳴り、圧迫感のある耳閉感をときに感じることがありました。
その耳鳴りが、学会発表の最中、急激に悪化して困ったことがあります。

しかし、ここでご紹介する「ハチの羽音呼吸法」を行い、よく睡眠を取り、ストレスを緩和させた結果、耳鳴りや耳閉感は消えたのです。

低い音の耳鳴りと耳閉感に即効性がある

ハチの羽音呼吸法は、特に低音性の耳鳴りと耳閉感には即効性があります。

古代インドの呼吸法「ブラーマリー呼吸法」をアレンジしたもので、ブラーマリーはサンスクリット語で、「ハチの羽音」という意味です。
この呼吸法では、「ウーン」と小さな声を出し続けながら呼吸を行いますが、それがハチの羽音に似ているため、この名が付けられました。

やり方は、下の図です。

耳鳴りの悪化には、自律神経の働きが深く関わっています。
自律神経とは、私たちの意志とは無関係に、内臓や血管などを調整している神経です。

自律神経には、緊張の神経である交感神経と、リラックスの神経である副交感神経の二つがあります。
多くの場合、この両者は拮抗するように働いています。
ストレスや働き過ぎなどで交感神経優位の状態が過剰に長く続くと、交感神経が元の状態へ戻れなくなります。

それが、耳鳴りや耳閉感の悪化という現象を呼ぶのです。

ここで重要なのが、交感神経が過剰な状態を解き、副交感神経を安定させることです。

実際にハチの羽音呼吸法をやってみるとわかりますが、自分の声の振動が頭蓋骨に伝わり、その振動が脳全体に伝わることで心地よさを体感できます。
同時に、それによってリラックス効果も得られます。

たった5分で21人中16人の耳閉感が改善

耳鳴りと耳閉感のある患者さん21人のご協力で、ハチの羽音呼吸法の効果を実験しました。
実験の結果、この呼吸法を実践している間中ずっと、全員の脳でリラックス時に出るα波が増加することがわかりました。

また、ハチの羽音呼吸法を終えた5分後に、通常の腹式呼吸に戻して聞き取り調査をしました。
その結果、21人中16人が耳閉感の改善を実感しました。

さらに、12週間ハチの羽音呼吸法を継続してもらったのちに、再度測定すると、α波が一定して高く現れ、脳が落ち着いていることがわかりました。
交感神経が抑制され、副交感神経が適度に活性化していることも判明しました。

耳鳴りに悩まされるようになったら、まずはハチの羽音呼吸法を試してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳鳴り 耳閉感

関連する投稿


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

【11円スリッパとは】履くだけで耳鳴り・腰痛を和らげる 2つの金属が体内に電気を流して血流を改善

鍼灸治療では、亜鉛と銅という、異なる二つの金属からできた鍼を用いて治療を行うことがあります。異なる二つの金属を使うと、わずかな電気が流れます。体内に微弱な電気を流すことで、ツボを刺激したり、血流の改善を行ったりする効果があるのです。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


ツボ刺激で痛みを撃退!11円スリッパの作り方と貼り方

ツボ刺激で痛みを撃退!11円スリッパの作り方と貼り方

どこの家庭にもあるスリッパに、硬貨をはるだけでできる「11円スリッパ」が、体の内側の病気、各所の痛みだけでなく、心も元気にしてくれます。普通のスリッパをはくなんてもったいない!「11円スリッパ」を作って健康を手に入れましょう。【監修】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)