医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

現代人の不快症状を一掃する【ヨガの呼吸法】鼻づまりを解消し脳を活性化!

現代人の不快症状を一掃する【ヨガの呼吸法】鼻づまりを解消し脳を活性化!

ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い快適な毎日を送れるようになっていきます。ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。【解説】成瀬雅春(成瀬ヨーガグループ主宰)


現代人の抱える不快感をたちどころに解消する呼吸法

ヨーガの起源は四~五千年前のインダス文明にまで遡ることができます。
ヨーガは悟りへの道であり、生命科学でもあります。

まだ西洋医学がなかった時代、医師の役割をも果たしていたのがヨーガ行者でした。
また、古代中国の文献には、ヨーガの呼吸法が古代中国医術に影響を与えていると思われる記述が多数あります。

ストレス社会といわれる現代でも、心身のバランスが乱れがちな現代人がヨーガの呼吸法で正しい呼吸法を身につけると、心と体のバランスが整い、快適な毎日を送れるようになっていきます。

ヨーガの呼吸法の基本は鼻呼吸です。
そして原則は「呼吸に意識を向ける」ことと、「ゆっくり息を吐く」ことの2つです。

私たちは生まれて以来、休むことなく呼吸をしているので、ふだんは呼吸を意識していない人がほとんどです。
しかし、生きていくうえで最も重要なのが呼吸です。
1日ぐらい眠らなくても食べなくても死にませんが、呼吸を数十分止めたら死んでしまいます。

呼吸に意識を向けた瞬間から、呼吸はゆっくりになります。
1日のうち、呼吸に意識を向けることが多くなるほど、ゆっくりした呼吸をしている時間が多くなります。

そして、第2の原則の「ゆっくりと吐く」ということを心がければ、呼吸は深くなります。
鼻で呼吸することも意識して行っていれば、だんだんと鼻呼吸になってくるものです。

私たちの肺の中には、汚れた空気がたまっています。
その汚れた空気を、ゆっくりと吐くことで出し切ることが重要です。

ゆっくりと深く鼻で呼吸するようになると、自ずと健康で長生きできるようになります。
ヨーガ呼吸法にはさまざまな種類がありますが、その中には、現代人の抱える不快感をたちどころに解消するものもあります。

頭がよくなり身体能力も向上!

「気道浄化呼吸法」と呼ばれる呼吸法(やり方は下記参照)は、アレルギー性鼻炎やカゼによる鼻づまりを解消します。

この呼吸法はもともと、体内のエネルギーの通路の浄化法で、食べたものをエネルギーとして全身に行きわたらせる能力を高めます。
全身に活力をみなぎらせ、脳も活性化させます。

さらに鼻をスッキリさせたいかたは、「安楽呼吸法」と呼ばれる呼吸法(やり方は下記参照)を行ってみるのもよいでしょう。

どちらの呼吸法も、1日に何度行ってもかまいません。
その結果、仕事や勉強、スポーツにおける能力も高まっていきます。

片鼻ずつの呼吸で、左右どちらの鼻の通りがよいか、吸ったり吐いたりする息にムラがあることなどに気づくでしょう。
その結果、ふだんの呼吸が、ゆっくり深くなります。

「気道浄化呼吸法」「安楽呼吸法」のやり方

解説者のプロフィール

成瀬雅春(なるせ・まさはる)
1946年生まれ。
ハタ・ヨーガを中心に独自の修行を続けている。
2001年、全インド密教協会からヨーギーラージ(ヨーガ行者の王)の称号を授与される。
現在、日本とインドを中心にヨーガ指導、講演等の活動を行っている。
近著は『体が硬くても簡単にできる! 究極のシンプル・ヨーガ』(マキノ出版)。

●成瀬ヨーガグループ
https://www.naruse-yoga.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

風邪で休む社員がゼロ!社長自ら社員にいれる「生姜紅茶」の効果

生のショウガに含まれる辛味成分のジンゲロールには、強い殺菌効果と血流促進による発汗作用があり、免疫力アップも期待できるといわれています。【体験談】髙上実(髙上青果有限会社代表取締役ドクターベジフル)


甘いものの食べすぎは体にどんな影響がある?糖質ゼロなら大丈夫?

甘いものの食べすぎは体にどんな影響がある?糖質ゼロなら大丈夫?

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【風邪・喉の痛みに効果】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛みに効果】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


【片岡鶴太郎さんオススメ】朝の日課はヨガと「太白ゴマ油うがい」

【片岡鶴太郎さんオススメ】朝の日課はヨガと「太白ゴマ油うがい」

あらかじめ、90℃に加熱して、常温に冷ましてビンに戻した太白ゴマ油を常備してあるので、それを使います。太白ゴマ油でのうがいを始めてから、のどの潤いが保たれるようになり、声がかすれたり、のどが痛くなったりすることがなくなりました。声を出す仕事を持つ者にとって、これはありがたいことです。【体験談】片岡鶴太郎(俳優・画家)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)