医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【鼻づまりを即改善】鼻の通りを良くする方法 4つのポイント

【鼻づまりを即改善】鼻の通りを良くする方法 4つのポイント

鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。【解説】杉本錬堂(NPO法人錬堂塾主宰・天城流湯治法湯治司)


鼻の通りが悪いと顔がたるんでしまう

原因のよくわからない頭痛や疲労感などは、実は鼻の不調から引き起こされていることがあります。
鼻水などで鼻の通りが悪くなると、吸う空気が妨げられ、呼吸が浅くなります。

その結果、体が酸素不足に陥るのです。
そして、なんとか空気を取り込もうと、口で呼吸をするようになります。

この「口呼吸」の害は、テレビや雑誌でも多く取り上げられていますが、私が1つ付け加えたいのは、咀嚼の回数が減る点です。
呼吸をするために口を使いたいので、食事のときにあまりかまずに、さっさと食べ物をのみ込んでしまいます。

そのため、胃腸に負担がかかり、食べ物の消化・吸収に関係する「小腸系」と「大腸系」が滞ります。
そして、滞りが顔や上半身にも悪影響を及ぼして、さらに鼻の通りが悪くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

私が言うところの「小腸系」「大腸系」は、生命エネルギーの気の通り道と言われている、東洋医学の「経絡」ではありません。
数万人の体を私が見てきた中で生まれた、オリジナルの考え方です。

この考え方に基づいた施術を、今では医師や鍼灸師、柔道整復師などの医療関係者も取り入れるようになってきました。
口呼吸では、絶えず口が開きっぱなしになるため、口もとがだらしなく緩んで、あごやほおもたるみます。

ですから私は、その人の顔を見ただけで、鼻づまりかどうか、そして小腸系・大腸系が滞っているかどうかもわかってしまいます。

食事の前に鼻の通りをよくしておく

鼻の通りをよくするために、最もたいせつなのは、よくかんで食べること。
私は1口当たり40〜50回かんで食べています。

読者の皆さんも、最低25〜50回くらいはかんで食べてほしいものです。
ところが、前にも述べたように、鼻が通っていなければ、食べ物が口の中にあると息苦しくて、しっかりとかんで食べることができません。

そこで、すぐに鼻の通りをよくする4つの刺激ポイントを教えましょう。
食事の前に刺激することで、よくかんで食べられるようになります。

また、あごやほおも引き締まるでしょう。
4つのポイントと刺激のしかたは、下図を参照してください。

俗に言う「イタ気持ちいい」程度の力で刺激します。

鼻の通りがすぐに良くなる4つのポイント

鼻で吸い込むから深い呼吸ができる

呼吸のたいせつさは、たくさんの人がすでに知っていると思います。
腹式呼吸がいい、ゆっくり吐くといいなど、呼吸についてはよく言われますが、空気の入り口である鼻についてはあまり重要性を認識されておらず、口呼吸になっている人も多いようです。

鼻は呼吸するためとにおいをかぐための器官で、口はしゃべるためと食べるための器官です。
ここで試してほしいのですが、まず鼻からゆっくり息を吸って、吐き出してください。

肺が膨らんで、肋骨が広がるはずです。
では次に、口からゆっくり息を吸って、吐き出しましょう。

胸が緊張して、肺が全然膨らみません。
このことからわかるように、口呼吸をしている人は、肺の容量の30%程度しか空気の出し入れをしていないようです。

私が思うには、鼻で空気が浄化されるだけでなく、肺にとってなにかよいものを混ぜているから、鼻呼吸で肺がしっかりと膨らむのではないでしょうか。
鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。

顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。
このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。

解説者のプロフィール

杉本錬堂
自然・温泉・健康・遊びプロデューサー。温泉療法、健康セミナー、アウトドアイベントなどを通じ、健康保養によるまちづくりを目指す。2001年、NPO法人錬堂塾を設立。静岡県地域づくりアドバイザー、健康・福祉・まちづくりアドバイザーなど、自治体のアドバイザーもこなす。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


たるみ 鼻づまり

関連する投稿


滑舌は「割りばしトレーニング」を良くなる!声が若返る方法

滑舌は「割りばしトレーニング」を良くなる!声が若返る方法

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

【リコピンの効果】肌の老化を強力予防!「トマトスープ」が美容にいい理由

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


【顔ヨガの効果】マキノ出版社員がやってみた!男だらけの講習会ルポ

【顔ヨガの効果】マキノ出版社員がやってみた!男だらけの講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)


【女医お勧め】美容にいいメリットだらけ!「はちみつシナモン」の効果

【女医お勧め】美容にいいメリットだらけ!「はちみつシナモン」の効果

はちみつには、中性脂肪値を上げにくくする、うれしい働きがあります。取りすぎなければ、肥満の心配もありません。ダイエット中のかたにも、はちみつシナモンはぴったりなのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ほうれい線も脂肪もつまんで解消!「整膚」の美容効果

ほうれい線も脂肪もつまんで解消!「整膚」の美容効果

シミ、シワ、たるみ、くすみ、ほうれい線など、女性の抱える肌の悩みは尽きません。こうしたトラブルが現れると、一気に老けた印象になってしまいます。そんな肌トラブルを、自分の指先一つで手軽に改善できるのが、肌つまみです。【解説】蔡晶(整膚美容師会会長)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)