MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ひざ痛】「ひざのお皿」が動かせなくて起こっている?対策は「太ももほぐし」

【ひざ痛】「ひざのお皿」が動かせなくて起こっている?対策は「太ももほぐし」

ひざ痛を引き起こすかたの特徴の一つに、太ももの前面の筋肉がかたくなっている点があります。大腿四頭筋がかたくこわばる→ひざのお皿がスムーズに動かなくなる→ひざに負担がかかって軟骨をすり減らす→痛みや違和感を生む、となるわけです。【解説】八木愛子(からだ快善協会理事長・鍼灸指圧師・柔道整復師)

ひざ痛の人は太ももの筋肉がかたい!

 ひざ痛を引き起こすかたの特徴の一つに、太ももの前面の筋肉がかたくなっている点があります。
 太ももの前面にあるのは、大腿四頭筋という長くて太い筋肉です。この筋肉は骨盤から始まり、太ももの骨(大腿骨)を覆うように伸びて、ひざのお皿を包み込む靭帯につながり、すねの骨(脛骨)に付着しています。

 ひざ痛に悩む人の大腿四頭筋が、かたくなる理由についてお話しする前に、ひざのお皿の役割についてふれておきましょう。

 ひざのお皿は、膝蓋骨といいます。その名のとおり、お皿が蓋をして、ひざを守っています。これが一つめの役割です。
 
 二つめが、運動時のサポートです。大腿四頭筋は、主に立ち上がる動作で使われます。また、階段を下りるときなども、大腿部が落ちてしまわないよう大腿四頭筋が緊張します。
 こうした動きをするとき、ひざのお皿は、いわば滑車のような役割を果たしています。ひざのお皿が、滑車のように上下に動くことで、太ももの力がうまく伝わり、ひざの曲げ伸ばしがスムーズにできるのです。
 お皿があることにより、ひざの曲げ伸ばしのときに大腿四頭筋にかかる負担は、3割から5割軽減されると考えられています。もちろん、ひざ関節に対する負担も軽減します。
 
 ひざ痛に悩む人は、大腿四頭筋がかたくなっているといいました。大腿四頭筋がかたくこわばる→ひざのお皿がスムーズに動かなくなる→ひざに負担がかかって軟骨をすり減らす→痛みや違和感を生む、となるわけです。

 ひざ痛を起こさないようにするためには、お皿がスムーズに動けるように大腿四頭筋をほぐせばいいのです。私がお勧めする方法は、「太ももほぐし」です。やり方をご説明しましょう。

太ももほぐしのやり方

❶タオル1枚を準備して、ボール状になるようにしばります。
❷丸めたタオルのボールをイスの上に置きます。ひざの裏から10cmくらい離れた太ももの裏に当たるように、位置を調整しながらその上に座ります。
❸手のひらのつけ根を太ももの前面(タオルを当てた真上より少し手前)に当て、そこからひざのお皿に向かって、もみほぐすようにゆっくりこすっていきます。


 左右の太ももで20回ずつ刺激して、1セットとします。朝晩1セットずつ行うといいでしょう。

 太ももの筋肉に触れると、かたくなっているところがあります。そこがわかったら、重点的に押すとよいでしょう。ただし、痛みが出るほど刺激しないよう注意してください。

 この太ももほぐしは、イスに座って手軽に行うことができます。折を見て行うといいでしょう。

ひざ痛解消の特効ツボを効率よく刺激できる!

 東洋医学的には、太ももほぐしをすると、「梁丘」「陰市」「血海」といったツボがあるゾーンを刺激することができます。太ももが緊張したとき、このゾーンに、特にこわばりが現れやすくなります。
 この三つのツボは、ひざ痛の症状を軽減するのに役立つ特効ツボです。太ももほぐしをしていれば、これらのツボがあるゾーンを刺激できるので、この点でもひざ痛の解消につながるといえます。

 さて、「50歳を過ぎてから、ひざが痛んでスムーズに立ち上がったり歩いたりできなくなった」というかたが増えています。こうしたひざ痛の原因の多くは、ひざ関節の軟骨の磨耗によるものです。
 軟骨がすり減って激しい痛みが生じる以前に、ひざに軽い痛みや違和感が生じます。そうしたケースでは、今回お話ししたような大腿四頭筋のこわばりが、必ずといってよいほど見られます。

 一度減ってしまった軟骨を復活させることは難しいものです。しかし、これ以上軟骨がすり減ることを防ぐために、そして、健康なひざを末長く使うためにも、大腿四頭筋のこわばりをほぐして、日ごろからひざ関節への負担を緩和させておくことが重要です。

 なにより、太ももほぐしは継続が肝心です。三日坊主にならずに、根気よく続けていただければ、効果は着実に現れるはずです。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2018-12-11 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt