【膝痛が改善】8割に即効!弱りかたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

【膝痛が改善】8割に即効!弱りかたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

ひざ痛を改善しようとする際、大きな障害になるのは、リハビリや運動ができないことです。ひざが痛いときは誰でも動かすのは嫌でしょう。しかし大事をとるうちに、ひざを守る筋力がどんどん落ちていきます。すると、ますますひざ痛が治りにくくなるという悪循環に陥るのです。【解説】田宮高彦(鍼灸師・整体師)


田宮高彦
1960年、東京生まれ。鍼灸師。整体師。2001年から治療院に勤務し、これまでの治療実績は延べ2万人以上を数える。
2012年からは、中学校の体操部へのボランティア治療に取り組む。2017年、「お尻トントン」を考案。広めるために「自分でひざ痛を治す勉強会」を毎月葛飾区で開催している。

痛いから安静にするのは逆効果!

 私が考案した「お尻トントン」は、ひざ痛を改善する健康法です。地域の皆さんのために開いた勉強会でご紹介し、非常に好評を得ています。

 ひざ痛を改善しようとする際、大きな障害になるのは、リハビリや運動ができないことです。ひざに痛みを感じているとき、誰でも動かすのは嫌でしょう。
 しかし、「痛いから安静にしておこう」と大事をとるうちに、ひざを守る筋力がどんどん落ちていきます。すると、ますますひざ痛が治りにくくなるという悪循環に陥るのです。特に、高齢者の場合、ひざがズキッとすると、その痛みが恐怖心を引き起こすものです。痛みを恐れて「もういい」と動かさなくなってしまいがちです。

 そこで役立つのがお尻トントンです。お尻をたたくだけなので、ひざに痛みがあっても実行できます。
 このお尻トントンは、即効性があることもメリットです。その効果は一時的なものですが、痛みをその場で軽減できます。

なぜ、ひざ痛を緩和させるためにお尻をたたくのか

 では、なぜ、ひざ痛を緩和させるためにお尻をたたくのでしょうか。

 ひざ痛に悩むかたには、お尻の筋肉に異常が見られるという共通点があります。お尻の筋肉がかたくこわばっているか、非常に弱くなっているのです。前者は中高年のかた、後者は高齢者のかたに多く見られる傾向です。
 いずれにしても、お尻の筋肉とひざ痛の間には、密接な関連があります。お尻の筋肉は、歩いているときやしゃがみ込むときに、ひざ関節を正しい位置に保つことを助け、ひざ関節を守っています。

 ところが、加齢によってお尻の筋肉が弱ってきたり、運動不足や歩き方のクセによって、お尻の筋肉がかたくなると、ひざ関節を正しい位置に保てずに大きな負荷がかかります。それが、ひざの痛みや違和感の原因となるのです。

 お尻トントンは、この弱ったりかたくなったりしたお尻の筋肉をたたいて本来の機能を回復させて、ひざ痛を解消する方法です。それでは、やり方を説明しましょう。

「お尻トントン」のやり方

❶両足を肩幅に開いて立ちます。
❷手でこぶしを作り、まんべんなくお尻をたたきます。特に、ひざが痛む側のお尻は念入りにたたきましょう。これをおよそ30秒間くらい行います。
❸これを1セットとして、朝晩1セットずつ(できれば朝昼晩の計3セット)実行します。


 また、お尻トントンをやったとき、違和感があったり痛みを感じたりする場所があれば、そこを少し強めに20回ほどたたくとさらに効果的です。

お尻の筋肉を目覚めさせよ!

 お尻トントンを行うと、一時的にひざの痛みが和らぎます。もちろん、1回だけで痛みが消えるわけではありません。

 そもそも、筋肉が弱ったりかたくなったりするのは、ふだんから使わないでいた結果です。すると、筋肉自体が、どう動けばよいのか忘れてしまい、本来の機能を果たせなくなるのです。ひざに関していえば、お尻の筋肉がどう動けば、ひざ関節を正しい位置に保ち、ひざを守れるのかわからなくなっている状態です。

 そこで、お尻をたたき刺激を与えて、「筋肉を目覚めさせる」ことが重要になります。お尻トントンで、お尻の筋肉が活性化してきちんと使えるようになれば、ひざにかかる負担が減ります。その結果、ひざの痛みは軽く楽になっていくでしょう。

 もちろん、ひざ軟骨の変形が進行している場合は、その変形を回復させることは難しいでしょう。ただ、私の経験からいえば、ひざ痛に悩むかたの約8割には、このお尻トントンが効果を発揮しています。

 ともあれ、お尻トントンはとても簡単で、いつでもどこでもどなたにでも行うことができます。ひざ痛でお悩みのかたは、ぜひ試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


膝痛 お尻

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。もちろん、動きます。私は小指だけを曲げることができます。やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院代表)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

トリガーポイントとは、簡単に言うと、筋肉に生じた硬いしこりのことです。 痛みの元凶であり、痛みや症状を改善するために使われる治療点として知られています。「タオル玉」でトリガーポイントを、自分で簡単に刺激できることがわかったのです。【解説】中野耕助(新浦安こころ整体院長)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)