MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【膝痛が改善】弱り、かたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

【膝痛が改善】弱り、かたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

ひざ痛を改善しようとする際、大きな障害になるのは、リハビリや運動ができないことです。ひざが痛いときは誰でも動かすのは嫌でしょう。しかし大事をとるうちに、ひざを守る筋力がどんどん落ちていきます。すると、ますますひざ痛が治りにくくなるという悪循環に陥るのです。【解説】田宮高彦(鍼灸師・整体師)

解説者のプロフィール

田宮高彦
1960年、東京生まれ。鍼灸師。整体師。2001年から治療院に勤務し、これまでの治療実績は延べ2万人以上を数える。
2012年からは、中学校の体操部へのボランティア治療に取り組む。2017年、「お尻トントン」を考案。広めるために「自分でひざ痛を治す勉強会」を毎月葛飾区で開催している。

痛いから安静にするのは逆効果!

 私が考案した「お尻トントン」は、ひざ痛を改善する健康法です。地域の皆さんのために開いた勉強会でご紹介し、非常に好評を得ています。

 ひざ痛を改善しようとする際、大きな障害になるのは、リハビリや運動ができないことです。ひざに痛みを感じているとき、誰でも動かすのは嫌でしょう。
 しかし、「痛いから安静にしておこう」と大事をとるうちに、ひざを守る筋力がどんどん落ちていきます。すると、ますますひざ痛が治りにくくなるという悪循環に陥るのです。特に、高齢者の場合、ひざがズキッとすると、その痛みが恐怖心を引き起こすものです。痛みを恐れて「もういい」と動かさなくなってしまいがちです。

 そこで役立つのがお尻トントンです。お尻をたたくだけなので、ひざに痛みがあっても実行できます。
 このお尻トントンは、即効性があることもメリットです。その効果は一時的なものですが、痛みをその場で軽減できます。

なぜ、ひざ痛を緩和させるためにお尻をたたくのか

 では、なぜ、ひざ痛を緩和させるためにお尻をたたくのでしょうか。

 ひざ痛に悩むかたには、お尻の筋肉に異常が見られるという共通点があります。お尻の筋肉がかたくこわばっているか、非常に弱くなっているのです。前者は中高年のかた、後者は高齢者のかたに多く見られる傾向です。
 いずれにしても、お尻の筋肉とひざ痛の間には、密接な関連があります。お尻の筋肉は、歩いているときやしゃがみ込むときに、ひざ関節を正しい位置に保つことを助け、ひざ関節を守っています。

 ところが、加齢によってお尻の筋肉が弱ってきたり、運動不足や歩き方のクセによって、お尻の筋肉がかたくなると、ひざ関節を正しい位置に保てずに大きな負荷がかかります。それが、ひざの痛みや違和感の原因となるのです。

 お尻トントンは、この弱ったりかたくなったりしたお尻の筋肉をたたいて本来の機能を回復させて、ひざ痛を解消する方法です。それでは、やり方を説明しましょう。

「お尻トントン」のやり方

❶両足を肩幅に開いて立ちます。
❷手でこぶしを作り、まんべんなくお尻をたたきます。特に、ひざが痛む側のお尻は念入りにたたきましょう。これをおよそ30秒間くらい行います。
❸これを1セットとして、朝晩1セットずつ(できれば朝昼晩の計3セット)実行します。


 また、お尻トントンをやったとき、違和感があったり痛みを感じたりする場所があれば、そこを少し強めに20回ほどたたくとさらに効果的です。

お尻の筋肉を目覚めさせよ!

 お尻トントンを行うと、一時的にひざの痛みが和らぎます。もちろん、1回だけで痛みが消えるわけではありません。

 そもそも、筋肉が弱ったりかたくなったりするのは、ふだんから使わないでいた結果です。すると、筋肉自体が、どう動けばよいのか忘れてしまい、本来の機能を果たせなくなるのです。ひざに関していえば、お尻の筋肉がどう動けば、ひざ関節を正しい位置に保ち、ひざを守れるのかわからなくなっている状態です。

 そこで、お尻をたたき刺激を与えて、「筋肉を目覚めさせる」ことが重要になります。お尻トントンで、お尻の筋肉が活性化してきちんと使えるようになれば、ひざにかかる負担が減ります。その結果、ひざの痛みは軽く楽になっていくでしょう。

 もちろん、ひざ軟骨の変形が進行している場合は、その変形を回復させることは難しいでしょう。ただ、私の経験からいえば、ひざ痛に悩むかたの約8割には、このお尻トントンが効果を発揮しています。

 ともあれ、お尻トントンはとても簡単で、いつでもどこでもどなたにでも行うことができます。ひざ痛でお悩みのかたは、ぜひ試してみてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-03-27 18:00:00
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-03-09 18:00:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-02-25 18:00:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2018-12-11 18:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt