MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【生姜の効能】女性編 冷え症を改善「生姜紅茶」 便秘にも即効性あり

【生姜の効能】女性編 冷え症を改善「生姜紅茶」 便秘にも即効性あり

当院には、さまざまな不調を訴える人がお越しになります。各患者さんの症状や体質、目的に応じた治療と指導をしますが、一つだけ、すべての患者さんに共通してお勧めしていることがあります。それは「ショウガ紅茶」を飲むことです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

健康雑誌『安心』で初めて紹介された「ショウガ紅茶」

 当院には、さまざまな不調を訴える人がお越しになります。生活習慣病などの病気を患っている人、リウマチなどの痛みに苦しむ人、不妊の人、ダイエットの希望者など、お困りの症状はさまざまです。
 各患者さんの症状や体質、目的に応じた治療と指導をしますが、一つだけ、すべての患者さんに共通してお勧めしていることがあります。それは「ショウガ紅茶」を飲むことです。
 ショウガ紅茶は、今から20年ほど前、医師である父の石原結實が考案し、健康雑誌『安心』で初めて紹介されました。
 ショウガと紅茶の相乗作用で保温、免疫力増強、血行促進、健胃、鎮痛、利尿など、非常に幅広い働きを発揮します。
 ですから、どんな症状を訴えていても、ショウガ紅茶だけは共通して飲んでもらい、回復の後押しとして活用してもらっています。
 ショウガ紅茶をきちんと飲んでいる人は、次の診察に来たとき、すぐにわかります。いかにも血行のよい健康的な顔色に
なっているからです。同時に、目的の症状も、順調に改善されていきます。
 現代人の不調や病気のほとんどは、「冷え(低体温)」による血行不良や免疫力の低下が潜んでいます。そのため、ショウガ紅茶で冷えが解消されると、劇的に症状が改善するのです。

「毎日ショウガのかたまり1個を飲む」と石原先生

ショウガ紅茶の症例報告

 実例をあげましょう。

 Yさん(82歳・女性)は、2013年4月、高血圧があり、体が重いと訴えて来院されました。初診時には、すでに降圧剤を飲んでいて、血圧は薬で基準値に抑えられていました。しかし、体調が悪いので、できれば薬をやめたいとのことでした。体温は35.3℃で、健康な体を維持するには低過ぎる数字です。

 そこで、まずは降圧剤を続けながら、漢方薬とショウガ紅茶を飲んでもらいました。
 すると、2ヵ月後には、非常に顔色がよくなったのです。血行と代謝が促されたせいか、63kg(身長は156cm)とやや太り気味だった体重が、2ヵ月で2.5kg減って60.5kgになりました。
 8月には、体温が36.3度に上がり、体重がさらに1kg減って59.3kgになりました。
 9月になると、体調がとてもよくなり、血圧も安定し、「降圧剤をやめてもいいでしょうか」という本人からの打診もあって、薬をやめました。以来、血圧は正常値の130/70mmHg台を維持しています。毎日ウオーキングもして、ますます元気になっています。

 このように、ショウガ紅茶で体温が上がり、血行がよくなってやせる人はたくさんいます。体温が1ヵ月で0.5度上がる人、2〜3ヵ月で1度上がる人、3ヵ月程度で体重が3kg減る人など、枚挙にいとまがありません。また、高血圧が改善されて降圧剤が不要になる人、耳鳴りやめまいが改善される人も多数います。

 もう1人、不妊に悩み、人工授精をしても妊娠できなかったSさん(40歳・女性)の例をご紹介しましょう。
 2014年の11月、来院したSさんは、顔色が悪く、血行が悪いことが見て取れました。それでショウガ紅茶をお勧めしたところ、熱心に飲み始めました。すると、2015年2月14日に、めでたく妊娠反応が出たのです。
 順調に妊娠期間を過ごし、2015年10月、無事に元気な赤ちゃんを出産しました。

私の便秘や肩こり、頭痛も解消した!

 実は、私自身、研修医時代、猛烈な忙しさの中で月経が止まり、便秘、切れ痔、多汗症、肩こり、頭痛、巨大ニキビなどに襲われたとき、ショウガ紅茶に救われた経験を持っています。

 当時は、まだショウガ紅茶を飲んでいなかったのですが、あまりの体調の悪さに飲むことにしたのです。そのときは、まだ子どもがいなかったので「月経が止まってこのまま妊娠できなかったら……」という不安もありました。
 ショウガ紅茶を飲み始めたら、忙しいなかでも次第に体調がよくなり、症状が一つずつ消えていったのです。月経もくるようになり、2年後には子どもを授かりました。

 以来、ショウガ紅茶は欠かさず飲んでいます。一度に、マグカップの3分の1が埋まるくらいのショウガを入れて飲み、毎日、ショウガのかたまり1個を飲み尽くすほどです。おかげで、現在の平熱は36.8℃。多忙ですが、元気いっぱいです。

 ショウガ紅茶は、自分で簡単に実践できる万能薬です。1人でも多くの人に習慣的に飲んでいただき、ポカポカと温かい心と体で、病気を遠ざけていただきたいと願っています。

●ショウガ紅茶の基本的な作り方

 では、ショウガ紅茶の作り方と飲み方をご紹介しましょう。

●基本的な作り方

①ショウガをすりおろす

②①を小さじ1杯分くらい紅茶に入れる

③好みで黒砂糖を入れる

 ショウガをすりおろすときは、皮をむいてもけっこうですが、皮付きのままよく洗ってすりおろすと、皮の近くに栄養分が多いため、より効果的です。もし、繊維が気になるようなら、ショウガの搾り汁だけを入れてもかまいません。
 ショウガをするのが面倒という人は、多少、効果は劣りますが、チューブ入りのショウガを利用してもよいでしょう。
 また、ショウガを一度にすりおろして、1回分ずつを冷凍して使用するのもお勧めです。

●飲むタイミング
 朝と入浴前は必ず飲みましょう。ほかはいつ、何杯飲んでも構いません。

ショウガ紅茶に黒糖を入れても良い

 糖尿病の人やダイエット中の人は、黒砂糖が気になるかもしれません。その場合、入れなくてもよいでしょう。

 しかし、ビタミン・ミネラルの豊富な黒砂糖は、それ自体も代謝促進効果があります。白砂糖のように害にはならず、満腹感をもたらして、むしろダイエットや体重コントロールに役立ちます。
 お金も手間もかけずに、おいしく飲めて、数え切れないほどの薬効があるショウガ紅茶を、おおいにご活用ください。

解説者のプロフィール

石原新菜
帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで、漢方医学、自然療法、食事療法により、さまざまな病気の治療にあたっている。著書『病気にならない蒸しショウガ健康法』(アスコム)など好評発売中。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【監修】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)
更新: 2018-09-28 17:27:08
糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)
更新: 2018-09-11 02:16:43
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt