MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
和食の「だし」の健康効果 だしパウダーを活用して肥満・メタボを撃退!

和食の「だし」の健康効果 だしパウダーを活用して肥満・メタボを撃退!

一汁三菜が基本の和食は、理想的な健康食です。そしてその和食の要である「だし」が今、世界的に注目されています。だしを使った料理は、高血圧を抑える食事とほぼ同じです。だしをきかせることでうま味が出て、塩分を減らせるからです。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)

だしを使った和食は究極の健康食

一汁三菜が基本の和食は、理想的な健康食です。
そしてその和食の要である「だし」が今、世界的に注目されています。

だしを使った料理は、高血圧を抑える食事とほぼ同じです。
だしをきかせることでうま味が出て、塩分を減らせるからです。

また、だしを使った料理は、肉や動物性脂肪とは無縁で、カロリーが少なめです。
したがって、だしを使う和食をメインにすれば、肥満やメタボリック症候群の解消につながり、体調も整っていきます。

簡単に取ることができるのも、だしのメリットです。
例えば、フランス料理の味の基本になるブイヨンは、数時間以上、ときには何日も煮込まなければなりません。

一方、カツオ節やコンブなどを使えば、味わい深いだしを短時間で取ることができます。
それだけでなく、だしの素材には、健康に役立つ多くの成分が含まれており、だしを活用することで、それらの成分を日常的に取り入れることができます。

主なだしの素材の健康効果について解説しましょう。

だし素材の健康効果

①コンブ
コンブには、海のミネラルが詰まっています。

ヨード、カリウム、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムのほか、人体に必須のミネラルのほとんどが含まれています。
また、アルギン酸やフコイダンといったヌルヌル成分(水溶性食物繊維)も豊富です。

これらには、脂質や糖質の吸収を抑えたり、ナトリウムの排出を促して、コレステロール値や血糖値、血圧の上昇を抑える作用があります。
また、フコイダンは免疫(病気に抵抗する働き)を高める効果も知られています。

②カツオ節
カツオ節にはアミノ酸が豊富で、しかも、体内で合成できない必須アミノ酸がすべて含まれています。

今注目されているのは、二つのアミノ酸が結合してできた、アンセリンという物質です。
これには、抗疲労効果や、尿酸値降下作用があることがわかっています。

③煮干し
煮干しの主な材料であるイワシは、EPA、DHAの宝庫です。

どちらも青魚に多い不飽和脂肪酸で、血流をよくする作用があります。
特に、EPAには血栓(血液のかたまり)を防ぐ作用、DHAは脳の神経細胞に働きかけて脳を活性化する作用があります。

魚が苦手な人は、煮干しだしでこれらの青魚成分を取ることができます。
また、煮干しにはカルシウムが多いので、だしがらも丸ごと食べると、カルシウムやたんぱく質の補給にも役立ちます。

④干しシイタケ
シイタケは天日に干すことで、うま味成分だけでなく、栄養成分もギュッと凝縮されます。

特に、紫外線によって増えるのがビタミンDです。
ビタミンDは、カルシウムを吸収したり、骨にカルシウムを沈着させたりして、骨を丈夫にします。

また、シイタケ特有の成分であるエリタデニンには、コレステロールを減らして動脈硬化を予防する働きがあります。
加えて、免疫を高めてガン予防に役立つβ‐グルカンも含まれています。

だしパウダーを作っておくと便利

私自身も、普段からコンブだしやカツオだしを、お茶の代わりに飲んでいます。
天然の塩味があっておいしく、飽きがきません。

ですから、長く続けられます。
おかげで、私は還暦を過ぎても健康で、疲労の回復も早いようです。

また、手軽にだしを取る方法としてお勧めなのが、だしパウダーを作っておくことです。
これは、コンブ、カツオ節、煮干し、干しシイタケをミルなどにかけ、粉末状にするだけです。

これをびんに詰めておけば、いつでもだしとして使えます。
また、料理にちょい足ししたり、ごはんにふりかけたりすれば、栄養の補給にもなります。

それぞれの割合は好みでいいですが、シイタケは少なめのほうがおいしいようです。
味覚は習慣ですから、濃い味に慣れていると、だしの味が薄く感じられるかもしれません。

しかし、だしを使う食生活に替えていけば、徐々に味覚が鍛えられ、薄味でも満足できるようになり、おのずと健康的な食生活を送れるようになります。
ぜひ実践してみてください。

解説者のプロフィール

秋津壽男(あきつ・としお)
秋津医院院長。
日本内科学会認定専門医、日本循環器学会認定専門医、日本体育協会公認スポーツドクター。
『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京)など、テレビでもおなじみのスーパードクター。
『血管が若返る!黒豆茶健康法』(ナツメ社)など、著書・監修書多数。

●秋津医院
東京都品川区戸越3-1-2
TEL 03-5749-2062
http://akitsu-clinic.life.coocan.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt