MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【昆布水の作り方と活用法】血圧が下がって29kgダイエットに成功!

【昆布水の作り方と活用法】血圧が下がって29kgダイエットに成功!

私は、おいしいだしを、もっと手軽に、毎日使ってもらおうと、数年前から「コンブ水」を提案するとともに、コンブやコンブ水を使った料理レシピを紹介し続けています。毎日の食事をより豊かにするため、そして、ご家族みなさんの健康づくりのため、ぜひご活用ください。【解説】喜多條清光(天満大阪昆布主人)

解説者のプロフィール

喜多條清光
天満大阪昆布主人。
1951年大阪天神橋生まれ。
38歳でコンブ問屋の3代目に。
フランス料理の学校をはじめ調理師学校にも8年間通い、調理師免許・ふぐ免許を取得し、国内外の料理を食べ歩くなど、和食にこだわらず
「美味・健康」の研究を重ねる。
「平成こんぶ塾」など、コンブ文化の啓蒙に努めるとともに、コンブのある食生活をもっと身近なものにするため、日々奮闘中。
2012年、NHK『あさイチ』の「昆布革命特集」に出演、好評を博す。
「神田川」などの作詞家、喜多條忠氏は兄。
著書に『大阪天神橋 昆布問屋の昆布水レシピ』(メディアファクトリー)、『奇跡の昆布革命』(大和書房)、などがある。

●天満大阪昆布
http://www.kombu.jp/

細かく刻むことでだしがよく出る

私は、日本三大祭の一つ「天神祭」で知られる「大阪天満宮」のおひざ元でコンブ屋をしています。
2013年12月に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されて以来、日本人の伝統的な食文化である「だし」が、より注目されるようになりました。

そのため、私のところにも、海外からコンブに関する問い合わせが増えています。
ところが当の日本では、「だしを取るのは面倒くさい」「正しいだしの取り方がわからない」という人が少なくないのが現状です。

和食の料理本を開くと、丁寧なだしの取り方が載っていますが、家庭でだしを取るときは、そこまで手間暇をかける必要はありません。
そこで私は、おいしいだしを、もっと手軽に、毎日使ってもらおうと、数年前から「コンブ水」を提案するとともに、コンブやコンブ水を使った料理レシピを紹介し続けています。

2012年にNHKの朝の番組『あさイチ』でコンブ水が取り上げられると、その手軽さとおいしさ、健康効果で反響を呼びました。
コンブ水とは、コンブを水につけておいて作る水だしのことです。

いろいろな作り方がありますが、私がお勧めしているのは、細かく刻んだコンブ10gを、1Lの水に一晩つけて作る方法です。
「コンブを刻むのが、ちょっと面倒」と思うかもしれませんが、コンブを細かく刻むことで、以下のようなメリットがあります。

①だしがよく出る
実は、コンブは表面からだけではなく、切った断面からもだしが出ます。
ですから、コンブを細かく刻むと、少量のコンブでも十分だしが取れます。
しかも、同じコンブで二度、つまり2L分のコンブ水が作れるので、経済的です。

だしがよく出るということは、コンブの有効成分もよく出るということなので、健康効果のアップも期待できます。

②手軽に作れ保存がきく
通常のコンブだしは、上手に取るには手間も時間もコツも必要ですし、傷みやすく、保存がききません。
その点、コンブ水なら、コンブを水につけるだけですし、日持ちもします。

③だしがらも利用しやすい
もともと細かく刻んであるので、そのまま佃煮にもできますし、だしがらをしょうゆや酢、オリーブ油に漬け込んで、万能調味料としても使えます。

作っておくと、いろいろな料理に活用できます。

コンブ水の基本的な作り方

危機的状態の体がコンブ水で救われた

コンブ水は、和食、洋食、中華、イタリアンなど、どんな料理にも使え、調理時間の短縮にもなります。
また、コンブのうま味成分によって、塩分や糖分の摂取量を減らすことが可能です。

実は私、50歳のころは体重が100kg近くになり、血圧は、最大血圧が165mmHg 、最小血圧が110mmHgありました(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90mmHg未満)。
医師から「いつ心筋梗塞で倒れても不思議ではない」と言われて、それまでの暴飲暴食を猛省。

仕事柄、コンブ水が高血圧によいと知っていたので、毎朝コップ1杯のコンブ水を飲むことにしたのです。
1ヵ月ほどコンブ水を飲み続けていると、血圧がスーッと下がって、正常値になりました。
体重も、コンブ水を飲むのと合わせて、お酒や脂っこい食べ物を控えただけで、6~7kg減ったのです。

コンブ水が味覚の訓練になり、食べ物の好みが変わったのでしょう。
わが家では、塩分の高い市販の粉末だしやインスタント食品は、ほとんど食べなくなりました。
外食もしなくなり、自宅でヘルシーな食生活を続けるうちに、4~5年後には、自然と70kgになっていました。
実に、29kgのダイエットに成功したのです。

おかげで、血圧も血液検査の結果も、問題なしの健康体になりました。
危機的状態だった体がここまで健康になったのは、コンブ水のおかげです。

そのまま飲んでもお茶にしてもよい

コンブの健康効果を実感した私は、コンブの素晴らしさを広めようと、全国各地で勉強会を行っています。
今までコンブ水をお勧めしてきて、「料理がおいしくなった」「減塩できた」「血圧が安定した」「お通じがよくなった」などの喜びの声が寄せられています。

意外なところでは、「薬を飲むときに、コンブ水で飲むと、のどにつかえずスッと飲める」という声がありました。
薬を飲むのに苦労されている人は、一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

さて、コンブ水の利用法ですが、私は以下のようにするのをお勧めしています。

①朝いちばんに、コンブ水を200mL飲む
②料理に使う水をコンブ水に替える

コンブ水をそのまま飲むと、コンブくささが気になるという人には、コンブ水でお茶を作ることをお勧めします。
作り方は簡単。コンブ水1Lに、水出し用の麦茶や緑茶など、好みのティーバッグを入れておくだけです。
飲みやすく、ミネラル豊富なので、熱中症予防にピッタリです。

また、イタリア料理のシェフの間では、「パスタをゆでるときにコンブ水を使うと、塩をたっぷり入れなくてもおいしくゆでられ、減塩にもなる」と広く知られているそうです。
早速私も試してみたところ、パスタがおいしくなるだけでなく、塩分が少ないため、ゆで汁でもう一品、手軽にスープを作ることができます。

このように、コンブ水は、作っておくといろいろ便利に使える、まさに万能のだしです。
毎日の食事をより豊かにするため、そして、ご家族みなさんの健康づくりのため、ぜひご活用ください。

コンブ水の利用法

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt