【ひざ痛改善体操】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

【ひざ痛改善体操】手首をつかんで1分歩くだけ!痛み止めも杖も不要になった

手首つかみは手首を押さえながら1分ほど歩くという簡単な体操です。これを行うだけでひざ痛をはじめとする関節痛が驚くほど軽快します。ひざが悪い人はほぼ例外なく股関節がかたくなっており太もも前面の筋肉が緊張して、ひざ関節を圧迫します。そのためひざがうまく動かず痛みが出てくるのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


痛みがその場で軽減して驚いた!

 長年、おおぜいの患者さんの体に触れていると、さまざまな発見があります。私はその発見から、患者さんが自分でできるセルフケアをいくつか考案しました。そのなかで、特に効果を感じているのが、「手首つかみ」です。

 手首つかみは、手首を押さえながら1分ほど歩くという簡単な体操です。これを行うだけで、ひざの痛みをはじめとする関節痛が、驚くほど軽快します。

「手首つかみ」事例

 まず、最近の事例から紹介しましょう。


●Aさん(80代・女性)
 Aさんは、子供のころからのX脚で、それが年を取ってから悪化しました。歩くたびに、両ひざがぶつかり、音がするほどです。そのため、ひざの痛みで歩くのがつらいと、私のところへ来院されました。 
 そこで、Aさんに手首つかみを教え、100歩ほど歩いてもらいました。すると、その場で痛みが軽減。驚いたAさんは、それから毎日、自宅で手首つかみを行いました。
 しばらく続けると、歩く姿勢がよくなり、ひざがぶつからなくなりました。歩いてもひざが痛まなくなったため、病院で打ってもらっていた痛み止めの注射は断ったそうです。「手首つかみが痛み止めになった」と、Aさんは大喜びです。

●Bさん(70代・女性)
 Bさんは、変形性ひざ関節症で両ひざの手術を受けました。しかし、術後も両ひざの痛みが強いので、困って私の治療院に来られました。
 Bさんにも、施術後に手首つかみを教え、自宅で行うように勧めたところ、両ひざの痛みは約1ヵ月で消えたそうです。

 このように、手首つかみを行うと、少々強い痛みでも軽くなります。来院時には杖をついていた人が、杖を忘れて帰り、あとで気づいて取りに来られたこともあります。
 手首つかみをすると、痛みが取れるだけでなく、足が上がるようになります。ですから、つまずきにくくなり、歩くのも楽になります。こうして歩けるようになれば、足の血行がよくなり、ひざのはれは引き、水もたまりにくくなります。

かたい股関節を緩めて、ひざ関節の動きを回復

 なぜ手首つかみがひざ痛にこんなに効くのか、実はよくわかっていません。しかし、次のようなことが推測されます。

 ひざが悪い人は、ほぼ例外なく股関節がかたくなっています。股関節がかたいと、太もも前面の筋肉(大腿四頭筋)が緊張して、ひざ関節を圧迫します。そのため、ひざがうまく動かず、痛みが出てくるのです。

 しかし、手首つかみを行うと、かたくなった股関節が緩みます。それによって大腿四頭筋の緊張がほぐれ、ひざ関節の動きがよくなって痛みが取れるのです。

 では、なぜ手首を押さえると股関節が緩むのでしょうか。これには脳が関係しています。

 西洋には、「手は第二の脳、足は第二の心臓」ということわざがあります。つまり、手(手首)を刺激することで、脳にアプローチできるのです。
 手首には、手根骨という八つの小さな骨が上下2列に並んでいます。日常の生活で、例えば携帯電話の操作で指を使い過ぎたり、立つときに手首をテーブルについたりすると、この骨が持ち上がってズレてきます。わずか1mm弱のズレでも、血管や神経を圧迫する原因になり、全身に影響を及ぼすのです。

 そこで、持ち上がった手根骨を正常な位置に戻すために、手首を押さえます。少し手首を反らせてグッと押さえると、正常な位置に戻りやすくなります。すると、血管や神経の圧迫が取れて脳への伝達がスムーズになり、「かたくなった関節を緩めよ」という指令が脳に届きやすくなるのです。

 そのとき大事なことは、どの関節を緩めるか、脳に伝えることです。そこで、足を動かします。歩いたり足踏みをしたりして股関節を動かせば、緩める部位は股関節だと脳が認識するのです。

 ですから、手首つかみでは、必ず手首を押さえながら歩くか、その場で足踏みをします。立つのが大変な人は、イスに座って足踏みをしてもかまいません。

 私たち柔道整復師は、「手首がかたいと全身の関節の節々がかたくなる」ことを、体験的に知っています。手首を緩めれば股関節が緩むのは、当然のことでもあるのです。股関節が緩めば、ひざ関節も動くようになり、ひざ痛も改善します。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


変形性膝関節症 ひざ痛

関連する投稿


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)


【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

【原田式】ふくらはぎマッサージのやり方 お風呂で石鹸をつけて老廃物を徹底的に除去

私のふくらはぎもみは、硬くなった筋肉を、徹底的に軟らかくもみほぐすことを目指します。道具を使うと、らくにもみほぐすことができるので、私は、金棒や木の棒を使って行うやり方をご紹介しています。【指導】原田秀康(国際足健法協会会長)


【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

【ダイエット 肩こり 腰痛】症状別に改善する「輪ゴム」の巻き方

最初に基本の指先巻きを行ってから、気になる症状に合わせて輪ゴムを巻きましょう。輪ゴム療法は、いつ、何度行ってもかまいません。テレビを見ながらや、電車で移動中など、ちょっとした空き時間を見つけて、こまめに行うのがお勧めです。【解説】松岡佳余子(アジアン・ハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)