【膝痛改善】水が溜まって曲げられない!から卒業目前「足の中指回し」で階段スタスタ

【膝痛改善】水が溜まって曲げられない!から卒業目前「足の中指回し」で階段スタスタ

3~4年前から状態が急激に悪化しました。ひざに水がたまるようになったのです。正座はおろか、ひざを曲げることもできません。さすがに我慢できず、整形外科に駆け込みました。水を抜いてもらうと、しばらくは調子がいいのですが、すぐにまた水がたまります。【体験談】中西愛(京都府・フリーアナウンサー)


ひざに水がたまって曲げられない!

 私は、中学、高校、短大を通じて、バスケットボール部に所属していました。かなりハードな練習をしていたので、ひざへの負担が蓄積したのでしょう。「常にひざが気になる」「たまに激痛が走る」という状態になりました。
 ひざに水がたまることもありました。そんなときは整形外科を受診し、注射で水を抜いてもらいます。それでも、試合があればテーピングをして、痛みに耐えながらプレーしたのです。

 主治医には、「いずれ手術をしたほうがいいでしょう」といわれていました。しかし、就職してバスケットボールをやめてからは、ひざの痛みが気にならなくなったので、治療もケアもせずにいました。

 もともと体を動かすことが大好きな私は、ひざ痛をすっかり忘れ、いろいろなことにチャレンジしました。スキー、モダンダンス、フラメンコに加え、エアロビクスのインストラクターをしていた時期もあります。

 そうした積み重ねで、ひざの古傷がぶり返したようです。ひざを曲げると、痛みが走るようになりました。ただ、日常生活には支障がなかったので、依然として放置していたのです。

 ところが、3~4年前から状態が急激に悪化しました。ひざに水がたまるようになったのです。正座はおろか、ひざを曲げることもできません。
 さすがに我慢できず、整形外科に駆け込みました。水を抜いてもらうと、しばらくは調子がいいのですが、すぐにまた水がたまります。整形外科に通院して水を抜いてもらいながら、鍼灸院で鍼治療も受けました。

 しかし、水がたまる頻度は変わりません。「若いときにしっかり治しておけばよかった」と後悔しました。

ひざをしっかり曲げてしゃがむことができた!

 あるセミナーで、豊中愛鍼灸整骨院院長の内田泰文先生と知り合いました。そのとき、内田先生考案の健康法が『壮快』2018年1月号に掲載されると聞きました。そこで、発売と同時に『壮快』を購入したのです。

 その健康法とは、足の中指(第3趾)を回すという簡単な方法でした。中指を調整すると、骨盤のゆがみが正常に戻り、腰痛やひざ痛が治るとありました。
 図解を参考に、足の中指を回してみました。でも、やり方に自信が持てなかったので、内田先生の治療院を訪ねたのです。

 内田先生に中指回しをやっていただくと、その場で足がふっと軽くなりました。心なしか、ひざの曲げ伸ばしがスムーズになったのです。

「これは効く!」と直感し、内田先生にやり方を詳しく教えていただきました。そして毎日、足の中指回しを続けたのです。

 やり方は簡単です。

 朝昼晩の1日3回、左足だけ行えばいいそうです。私の場合、昼は難しいので、朝と夜の1日2回行っています。

 足の中指回しで最初に実感した効果は、足が軽くなったことです。以前は足がいつも重だるく、駅やデパートではほぼエスカレーターを使っていました。それが、足の中指回しを始めたら、日に日に足が軽くなり、今は階段を使うことに全く抵抗がありません。下りの階段も、以前はひざに痛みを感じましたが、もうスタスタ下りられます。

 さらに驚いたのは、年末の大掃除のときでした。床をぞうきんでふくときに、ひざをしっかり曲げてしゃがむことができたのです。ちょっと前までは、信じられない姿勢です。

 足の中指回しを続ければ、完全にひざ痛から卒業できるのではないかと期待しています。

足の中指をほぐしてひざ痛を根本から改善(豊中愛鍼灸整骨院院長・内田泰文)

 中西さんは、足の小指(第5趾)が浮き、重心が定まらないため、ふくらはぎに負荷がかかる立ち方でした。そのため、足裏に受ける衝撃を分散できず、ひざや股関節への負担となっていました。その積み重ねが、ゆがみや痛みになるのです。

 左足の中指を回せば、足裏で地面をつかむ感覚を取り戻せます。臨床経験上、右足の中指を回す必要がないこともわかっています。足のアーチが正常に機能し、重心が安定します。

 中指のねじれを正し、足裏で地面をつかめる状態にすると、脳へ正しい刺激が伝わります。そこで初めて、体は力を入れなくても安定して立つことができます。こうして、ひざ痛が根本的に改善するのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


膝痛

関連する投稿


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

膝痛は足指から矯正!足指体操とゴルフボールエクサのやり方

「足の小指だけを動かすことができますか?」そんなふうに尋ねると、たいていの人は驚きます。「え?足の小指だけが動かせるんですか?」と。もちろん、動きます。私は小指だけを曲げることができます。やろうと思えば、足の小指でスマートフォンを操作して、メールだって送れます。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院代表)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

トリガーポイントとは、簡単に言うと、筋肉に生じた硬いしこりのことです。 痛みの元凶であり、痛みや症状を改善するために使われる治療点として知られています。「タオル玉」でトリガーポイントを、自分で簡単に刺激できることがわかったのです。【解説】中野耕助(新浦安こころ整体院長)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


最新の投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

足トラブルの原因【開張足】を治す「正しい歩き方」

正しい歩き方が身についている人は高いヒールの靴を履いても足を痛めることが少ないのです。悪い歩き方、立ち方はすぐに改善しましょう。もう年だからとあきらめることはありません。まだ若いから大丈夫ということもありません。悪いくせはすぐに直さないと手遅れになってしまいます。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

【オクラ水】余ったオクラでおつまみからメインまで!ネバネバ健康レシピBEST12

オクラを一晩水に漬けた水を飲む「オクラ水」。オクラのネバネバ成分が、血液中の糖分や脂肪分を包み込んで排出し、血流が改善するためと考えられます。水に漬けたあとのオクラのネバネバを最大限に生かした料理をご紹介します。【料理】森崎繭香(フードコーディネーター/お菓子・料理研究家)【栄養計算】緑川鮎香(管理栄養士) 


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)