【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

【ホットトマトジュース】動脈硬化を防ぐ「リコピン」は温めてオリーブオイルを加えて朝飲むのが良い!

野菜の食べ方として、皆さんがまず思い浮かべるのは、サラダではないでしょうか。しかし、私は野菜を生で食べるより、調理して食べることをお勧めします。 そして、なにより私が調理して食べることを強くお勧めしたい野菜が、トマトです。【解説】稲熊隆博(帝塚山大学現代生活学部教授) 


稲熊隆博
1952年生まれ。大阪府出身。帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科教授。農学博士、技術士。同志社大学大学院工学研究科博士課程(前期)修了後、カゴメ株式会社に入社。カゴメ㈱総合研究所主席研究員を経て、現職。トマトをはじめ、野菜研究のスペシャリストとして研究を重ねている。

トマトを生で食べるのはもったいない!

 野菜の食べ方として、皆さんがまず思い浮かべるのは、サラダではないでしょうか。しかし、私は野菜を生で食べるより、調理して食べることをお勧めします。
 そして、なにより私が調理して食べることを強くお勧めしたい野菜が、トマトです。
 ここでいう調理とは、砕いたり、潰したり、熱を加えたりすることです。

 野菜を調理して食べることの長所は、三つあります。順に説明しましょう。

 一つめは、かさが減ることです。
 加熱すると、野菜の体積は、約3分の1になります。それにより、多くの量の野菜を食べることが可能になるのです。食べる量が増えれば、当然、摂取できる栄養素の量も増えます。

 二つめは、栄養成分の吸収率がよくなることです。
 植物の細胞壁は、ヒトの体では分解できないセルロース(多糖類の一種)でできていますが、加熱すると、セルロースの構造が弱まり、くずれます。それをしっかり噛んで食べることで、細胞壁が壊れます。
 この二つの過程を経て初めて、私たちは野菜の細胞内にある栄養素を、しっかりと体内に取り込めるのです。

 三つめは、腸内に不要な物を取り込んで、体外に排出してくれることです。
 野菜のセルロースは、食物繊維として私たちの腸で働きます。食物繊維が働くためには、セルロースが壊れていることが重要です。大きく長いままの食物繊維よりも、細かく破砕されている食物繊維のほうが、表面積が増えるので、より不要物を取り込んで排出してくれるのです。
 さらに、食物繊維にはもう一つの働きがあります。腸内で善玉菌のエサになることです。腸内細菌も、分子の小さい食物繊維のほうが食べやすいので、善玉菌が増えやすくなります。

 野菜を調理するというと、「ビタミンが熱で壊れるのでは?」と思う人が多いかもしれません。
 しかし、ビタミンAやDなどの脂溶性ビタミンは、簡単には壊れません。また、ビタミンB群やCなどの水溶性ビタミンは、煮汁などに溶け込むので、こちらも、よほど長時間煮込まないかぎりは残ります。汁ごと食べれば、より多くの摂取が可能になります。

動脈硬化を防ぐリコピンの吸収率が16倍にアップ

 実際、トマトに含まれる栄養成分「リコピン」は、生で食べるよりも、加熱したほうが吸収率が上がると、実験で明らかになっています。

 海外では、野菜を潰して裏ごしし、ソースとして食べるのが定番です。フランスの研究では、トマトを加工品にすると、リコピンの吸収率が、生のトマトに比べて16倍に上がった、という報告もあります。

 リコピンには、活性酸素を消去する、強い抗酸化作用があります。活性酸素とは、細胞を傷つけ、生活習慣病や老化の原因となる物質です。
 血液中のLDLコレステロールは、活性酸素によって酸化すると悪玉コレステロールに変わり、それが血管内皮に入り込むことで動脈硬化を起こします。
 しかし、リコピンをしっかりとっていれば酸化を防げるため、動脈硬化、ひいては高血圧、脳梗塞、心筋梗塞の予防に役立つのです。

 紫外線によって発生する活性酸素を消去してくれるので、シミ、シワも防いでくれます。
 そのほか、骨粗鬆症の予防、気管支ぜんそくの症状緩和、喫煙者に起こりやすい肺気腫の予防、男性不妊に対する効果なども確認されています。

 加えて、リコピンには動脈硬化を防ぐうえで重要な、善玉コレステロールを増やす働きがあることも報告されています。

 最新の研究では、直線的な構造のリコピンは、加熱によって部分的に折れ曲がり、構造が変化するとわかりました。そして、折れ曲がった部分で壊れた物質には、さらなる健康効果を生む可能性があると期待されているのです。

 トマトには、リコピン以外にも、微量の栄養素が豊富に含まれています。それらが総合的に働くことで、疲労を軽減する効果もあります。マウスを使った実験では、運動する前、もしくは運動の途中でトマトを摂取すると疲れにくくなった、というデータが得られています。

オリーブオイルを加え加熱して朝にとろう!

 トマトを摂取する際、加熱とともにもう一つお勧めしたい食べ方があります。
 それは、オリーブオイルを加えることです。

 私たちの実験では、トマトジュースをそのまま飲んだ人よりも、オリーブオイルを加えて飲んだ人のほうが、リコピンの吸収率が約4.5倍も高まるという結果が得られました。

 別の研究では、ほかの植物油と比べて、オリーブオイルが、最もリコピンの吸収率を高める油だということも確認されています。

 また、リコピンの吸収率は時間によっても異なります。実験では、吸収率が最も高いのはだという結果が出ました。吸収量も、朝が最も多いと報告されています。

 つまり、オリーブオイルで調理したトマトや、オリーブオイルを加えて温めたトマトジュースを朝食にとるのが、理想的なとり方なのです。

 市販のトマトジュースは、リコピンが豊富な赤系のトマトを「破砕し、加熱」して作られています。ですから、リコピンを摂取するうえでは、とても効率的な飲み物です。

 リコピンは、とり過ぎで害になることはありません。むしろ、体内に蓄積されたリコピンは、摂取しないと9日ほどで半減するといわれています。ですから、毎日とり続けるべきなのです。

 皆さんもぜひ、ホットトマトを食生活に取り入れましょう。

リコピンの吸収率を高める「ホットトマトジュース」の作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)