医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ほうれん草の効果】黄斑変性や白内障を予防する成分・ルテイン

【ほうれん草の効果】黄斑変性や白内障を予防する成分・ルテイン

「目にいい食品」というと、皆さんは何を思い浮かべますか。おそらく多くの人は、「ブルーベリー」と答えるのではないでしょうか。しかし、もっと効率よく目に効く成分としてお勧めしたいのがホウレンソウなどに多く含まれる「ルテイン」です。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


目の健康維持に欠かせない「ルテイン」

「目にいい食品」というと、皆さんは何を思い浮かべますか。

おそらく多くの人は、「ブルーベリー」と答えるのではないでしょうか。
ブルーベリーには、抗酸化作用を持つ、アントシアニンという成分が豊富に含まれています。

抗酸化作用とは、文字どおり酸化を防ぐ働きのこと。
特に、酸化によって体内にでき、さまざまな害をもたらす活性酸素を除去する働きをいいます。
目は、体の中でも、特に活性酸素の害を受けやすい器官です。
ですから、抗酸化作用を持つアントシアニンは、確かに目にいい成分といえます。

ただし、アントシアニンは、摂取すると全身に行き渡ります。
もちろん、目以外の部分でも抗酸化作用は必要なので、全身に行くのもいいことですが、「目への効き方」という意味では、効率が悪くなります。

その意味で、効率よく目に効く成分としてお勧めしたいのが「ルテイン」です。

ルテインは黄色の色素成分で、ホウレンソウなど、濃い緑の野菜に多く含まれており、アントシアニン同様、強い抗酸化作用を持っています。
そのうえ、摂取すると、全身より目に集まるのがルテインの特徴です。
目の中でも、物を見るときに中心的な役割をする「黄斑」という部分や、レンズの役割をする水晶体など、とりわけ重要な部分に集まるのです。

もともと私たちは、目に一定量のルテインを持ち、目の酸化を防ぐために使っています。
目は体の中で唯一、光を集めて利用する器官であり、奥まで直接光が入ってきます。
生活の中で浴びるさまざまな光、特に太陽光に含まれる紫外線や、スマートフォンなどの画面から発するブルーライトは、強い酸化作用を持っていて、活性酸素を作り出します。

目は、光を取り込まないと、物を見るという役目が果たせないので、光による酸化作用を受けてしまうのは、目の宿命ともいえます。
だからこそ、生まれながらにして目に多くのルテインがあり、抗酸化のために働いているわけです。

しかし、そのルテインは、加齢とともに乏しくなってきます。
人間はルテインを体内で合成できないので、食べ物で摂取する必要があります。

そのために役立つのが、ホウレンソウなど、濃い緑の野菜なのです。
 
黄斑と水晶体という、目にとって重要な二つの器官は、どちらも加齢とともにじわじわと変性していきます。
黄斑の変性が進むと、視野のゆがみや欠損が起こり、最悪の場合は失明することもあります(黄斑変性症)。
 
水晶体は、厚みが変わることでピント(焦点)が調節されますが、それが変性して硬くなると、老眼が進みます。
一方、水晶体が酸化による変性を起こすと、白濁して物が見づらくなります。それが白内障です。

黄斑変性症、老眼、白内障は、目の老化とともに起こりやすくなりますが、その基本には、いずれも酸化による変性があります。
それを食い止めたり、遅らせたりするために働くのが、ルテインなのです。

ほうれん草に含まれるルテインが目の酸化を防ぐ

少量の油とともに取ると吸収率アップ

先ほど、「ルテインは黄色の色素成分」といいましたが、実はここにも大きな意味があります。

パソコン、スマートフォン、テレビなどの画面は、一見、白に見えますが、そこからは青い光、つまりブルーライトが大量に出ています。
青は、見える光の中で、最も大きなダメージを与える色です。
ブルーライトは、青という色の波長と、光の酸化作用で、二重に目を痛めつけるのです。

黄色は青の補色(色として正反対の関係)なので、黄色の色素成分であるルテインは、目に入るブルーライトを吸収します。
ルテインは、この吸収力と抗酸化作用で、目へのダメージをやわらげてくれるわけです。
 
ルテインを心掛けて取っていると、以上のような働きによって、老眼、白内障、黄斑変性症などの予防や改善に役立ちます。
特に、喫煙している人やしていた人、紫外線を多く浴びる人、パソコンやスマートフォンを長時間使う人などは、ぜひルテインを積極的に取って、目を守りましょう。
 
目を健康を保つために必要なルテインの摂取量は、1日6〜8mgで、それほど多くはありません。
例えばホウレンソウなら、わずか2株で摂取できます。
 
ほかに、ブロッコリー、ゴーヤ、芽キャベツ、サラダ菜、トウモロコシなどにも、ルテインが豊富です。
食べ方としては、おひたしやサラダ、炒め物など、どんな形でもよいのですが、ルテインは脂溶性(油脂に溶けやすい)の成分なので、できれば少量の油と一緒に取ると、より吸収率が高まります。
油やバターで炒めたり、サラダなら油を使ったドレッシングをかけたり、おひたしなら、少しゴマ油をかけたりするとよいでしょう。

ぜひ毎日、おいしくルテインを取って、目の健康の維持・増進にお役立てください。

解説者のプロフィール

平松 類
昭和大学医学部卒業。昭和大学病院、三友堂病院眼科科長などを経て、2012年より現職。講演活動のほか、雑誌やテレビの出演多数。医療の情報をわかりやすく解説することに定評がある。著書は『100円メガネで視力は回復する!』(永岡書店)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


加齢黄斑変性の予防にニンジンのカロテノイドが有効!ハーバード大で実証

加齢黄斑変性の予防にニンジンのカロテノイドが有効!ハーバード大で実証

近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)


目を良くするには食事改善が大事!天然だしで作る「視力向上スープ」

目を良くするには食事改善が大事!天然だしで作る「視力向上スープ」

多くの病気は、食事を変えることでよくなります。目の病気はそれが顕著です。現代人の食生活は、エネルギー過多な一方で、バランスを欠いています。不足している栄養があると、体はそれを補おうとして、食べ過ぎてしまいます。【解説】山口康三(回生眼科院長)


【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

私がこれまでに行った、目の病気の鍼治療は、8000例を優に超えています。多くの目の症例を検討することにより、どのツボが、目のどの部位に対応するのか、明確にわかってきました。つまり、目の病気別に有効なツボ治療が可能になったのです。【解説】佐藤信雄(さとうのぶお鍼灸院院長)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)