MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ほうれん草の効果】黄斑変性や白内障を予防する成分・ルテイン

【ほうれん草の効果】黄斑変性や白内障を予防する成分・ルテイン

「目にいい食品」というと、皆さんは何を思い浮かべますか。おそらく多くの人は、「ブルーベリー」と答えるのではないでしょうか。しかし、もっと効率よく目に効く成分としてお勧めしたいのがホウレンソウなどに多く含まれる「ルテイン」です。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)

目の健康維持に欠かせない「ルテイン」

「目にいい食品」というと、皆さんは何を思い浮かべますか。

おそらく多くの人は、「ブルーベリー」と答えるのではないでしょうか。
ブルーベリーには、抗酸化作用を持つ、アントシアニンという成分が豊富に含まれています。

抗酸化作用とは、文字どおり酸化を防ぐ働きのこと。
特に、酸化によって体内にでき、さまざまな害をもたらす活性酸素を除去する働きをいいます。
目は、体の中でも、特に活性酸素の害を受けやすい器官です。
ですから、抗酸化作用を持つアントシアニンは、確かに目にいい成分といえます。

ただし、アントシアニンは、摂取すると全身に行き渡ります。
もちろん、目以外の部分でも抗酸化作用は必要なので、全身に行くのもいいことですが、「目への効き方」という意味では、効率が悪くなります。

その意味で、効率よく目に効く成分としてお勧めしたいのが「ルテイン」です。

ルテインは黄色の色素成分で、ホウレンソウなど、濃い緑の野菜に多く含まれており、アントシアニン同様、強い抗酸化作用を持っています。
そのうえ、摂取すると、全身より目に集まるのがルテインの特徴です。
目の中でも、物を見るときに中心的な役割をする「黄斑」という部分や、レンズの役割をする水晶体など、とりわけ重要な部分に集まるのです。

もともと私たちは、目に一定量のルテインを持ち、目の酸化を防ぐために使っています。
目は体の中で唯一、光を集めて利用する器官であり、奥まで直接光が入ってきます。
生活の中で浴びるさまざまな光、特に太陽光に含まれる紫外線や、スマートフォンなどの画面から発するブルーライトは、強い酸化作用を持っていて、活性酸素を作り出します。

目は、光を取り込まないと、物を見るという役目が果たせないので、光による酸化作用を受けてしまうのは、目の宿命ともいえます。
だからこそ、生まれながらにして目に多くのルテインがあり、抗酸化のために働いているわけです。

しかし、そのルテインは、加齢とともに乏しくなってきます。
人間はルテインを体内で合成できないので、食べ物で摂取する必要があります。

そのために役立つのが、ホウレンソウなど、濃い緑の野菜なのです。
 
黄斑と水晶体という、目にとって重要な二つの器官は、どちらも加齢とともにじわじわと変性していきます。
黄斑の変性が進むと、視野のゆがみや欠損が起こり、最悪の場合は失明することもあります(黄斑変性症)。
 
水晶体は、厚みが変わることでピント(焦点)が調節されますが、それが変性して硬くなると、老眼が進みます。
一方、水晶体が酸化による変性を起こすと、白濁して物が見づらくなります。それが白内障です。

黄斑変性症、老眼、白内障は、目の老化とともに起こりやすくなりますが、その基本には、いずれも酸化による変性があります。
それを食い止めたり、遅らせたりするために働くのが、ルテインなのです。

ほうれん草に含まれるルテインが目の酸化を防ぐ

少量の油とともに取ると吸収率アップ

先ほど、「ルテインは黄色の色素成分」といいましたが、実はここにも大きな意味があります。

パソコン、スマートフォン、テレビなどの画面は、一見、白に見えますが、そこからは青い光、つまりブルーライトが大量に出ています。
青は、見える光の中で、最も大きなダメージを与える色です。
ブルーライトは、青という色の波長と、光の酸化作用で、二重に目を痛めつけるのです。

黄色は青の補色(色として正反対の関係)なので、黄色の色素成分であるルテインは、目に入るブルーライトを吸収します。
ルテインは、この吸収力と抗酸化作用で、目へのダメージをやわらげてくれるわけです。
 
ルテインを心掛けて取っていると、以上のような働きによって、老眼、白内障、黄斑変性症などの予防や改善に役立ちます。
特に、喫煙している人やしていた人、紫外線を多く浴びる人、パソコンやスマートフォンを長時間使う人などは、ぜひルテインを積極的に取って、目を守りましょう。
 
目を健康を保つために必要なルテインの摂取量は、1日6〜8mgで、それほど多くはありません。
例えばホウレンソウなら、わずか2株で摂取できます。
 
ほかに、ブロッコリー、ゴーヤ、芽キャベツ、サラダ菜、トウモロコシなどにも、ルテインが豊富です。
食べ方としては、おひたしやサラダ、炒め物など、どんな形でもよいのですが、ルテインは脂溶性(油脂に溶けやすい)の成分なので、できれば少量の油と一緒に取ると、より吸収率が高まります。
油やバターで炒めたり、サラダなら油を使ったドレッシングをかけたり、おひたしなら、少しゴマ油をかけたりするとよいでしょう。

ぜひ毎日、おいしくルテインを取って、目の健康の維持・増進にお役立てください。

解説者のプロフィール

平松 類
昭和大学医学部卒業。昭和大学病院、三友堂病院眼科科長などを経て、2012年より現職。講演活動のほか、雑誌やテレビの出演多数。医療の情報をわかりやすく解説することに定評がある。著書は『100円メガネで視力は回復する!』(永岡書店)など多数。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt