【医師解説】熱中症予防に効果的な飲み物は"水出し緑茶" 糖尿病の改善に 肝臓病にも効果

【医師解説】熱中症予防に効果的な飲み物は"水出し緑茶" 糖尿病の改善に 肝臓病にも効果

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。 カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック 東京・日本橋院長)


栗原 毅
北里大学医学部卒業。前慶應義塾大学大学院教授、前東京女子医科大学教授。2008年より現職。医
療過疎地とテレビ電話を利用した遠隔治療を行うなど、予防医学の実践者として活躍。『糖尿病は歯ブラシで治せる』(マキノ出版)、『緑茶を食べると、なぜ糖尿病や認知症に効くのか』(主婦の友社)など書著多数。

ペットボトルの緑茶で毎日うがいを実践

近年、世界的に緑茶の人気が高まっています。
その背景には、緑茶が持つ多様な健康効果が、医学的に解明されてきたことが挙げられるでしょう。

身近なところでは、カゼやインフルエンザ、歯周病、口臭の予防策として「緑茶うがい」が注目されています。
緑茶の葉の渋み成分であるポリフェノールの一種であるカテキンの強力な殺菌作用で、細菌やウイルスを撃退してくれるのです。

緑茶うがいは私も実行していますし、患者さんにもお勧めしています。
外出時には常に緑茶のペットボトルを持参して、人混みに入った後や電車やバスの降車後、すぐに緑茶を口に含み、軽く口の中をすすいでから飲み込みます。
ペットボトルや缶入りの緑茶を購入するさいには、表示されている成分表を見て、カテキンの含有量が多いものを選ぶとよいでしょう。

緑茶の効果はこれだけではありません。

茶葉に含まれるカテキンやコエンザイムQ10は、認知症の発病にかかわるアミロイドβ が、脳へ沈着するのを防いだり、改善したりする効果があるといわれています。
また、私が専門にしている肝臓病にも、カテキンがよいことがわかってきています。

最近では、非アルコール性脂肪肝炎NASH(ナッシュ)の予防効果でも注目されています。
ナッシュは、アルコールを飲まない人でも脂肪が肝臓に蓄積して炎症を伴い、肝硬変や肝臓ガンへも進展することがある怖い肝臓病です。

高濃度カテキンの緑茶飲料の摂取が、肝臓脂肪の減少と肝機能を改善することが、研究で明らかにされています。
そのことから、ナッシュの前段階で肝臓のダメージを抑える可能性が高まると考えられるのです。

また、ナッシュの起因には、体内で過剰に発生した活性酸素(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)がかかわっています。
緑茶のカテキンは、体内、特に肝臓で発生する活性酸素を消去してくれることがわかってきました。
カテキンはメタボ改善にもよい、という研究もあり、多方面からナッシュへの進展を抑えてくれることが期待できます。

さらに、活性酸素の害を弱めることは、ガンの発生や進展の予防につながります。
多くの疫学研究により、緑茶は、肺、大腸、肝臓、胃など多くの臓器のガンの発生を遅らせることが報告されています。
国立がん研究センターらが1990年から、19年間にわたり、約9万人を対象に緑茶と死亡・死因について調査した結果では、緑茶を飲む量が多くなるほど死亡率が下がると判明しました(下のグラフ参照)。

朝は温かいお茶、夜は水出し茶が◎

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。
カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。
結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。

実際に静岡県立大学での研究で、緑茶を1日に7杯分ほど飲むことで、血糖値が改善されたことが報告されています。

カテキンは、80℃以上のお湯で入れると茶葉から溶け出しやすく、またそのときに覚醒効果のあるカフェインも一緒に溶け出ます。
頭と体がシャキッとするので、一日の始まりである朝に飲むとよいでしょう。

一方、就寝前は安眠をもたらす「水出し緑茶」がお勧めです。
水で出した緑茶には、緑茶の旨み成分テアニンが多く溶け出ます。
テアニンは、副交感神経を優位にして、心身をリラックス状態に導きます。
夜は水で入れた水出し緑茶を飲むと、ぐっすりと熟睡できるでしょう。

暑い時期は、水出し緑茶を冷水ポットに作っておき、こまめに飲めば水分補給となり、熱中症にもなります。


最後に少々余談になりますが、私は現在、北海道積丹町で茶葉を育てる試みを始めました。
これが成功すれば、積丹は世界最北端の茶処になります。
町興しの目的もありますが、すでに完成している老人介護施設の入居者の方々の健康維持に、地元で取れた緑茶が役立てば、素晴らしいことだと思うのです。

まさに緑茶の可能性は無限大です。
日本が世界に誇る、スーパードリンクといっても過言ではないでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

風邪の引き始めの対処法 医師が実践する「白ごま油うがい」の効果とやり方

のどの菌を洗い流すだけなら、塩水うがいなどでも可能です。しかし「白ごま油うがい」は、のどの菌を洗い流すと同時にのどや口の中を潤します。特に風邪の季節に効果を発揮します。私が患者さんにお勧めしている白ごま油うがいの効果、そして作り方とうがいの方法までご紹介します。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)