MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

【トマトジュース】糖尿病の食事療法 ヘモグロビンA1cが下がり 7.1%から5.9%に

担当医から食事療法の補助食として勧められたのが、リコピンを効率的に摂取できる、トマトジュースでした。その後、トマトジュースを積極的に取るようにしたところ、以前は7.1%だったヘモグロビンA1cが、現在では5.9%まで下がるようになりました。【体験談】前田涼介(仮名・東京都・53歳・会社員)

血糖値がやや高い状態が10年続いていた!

 血糖値が高いと指摘されたのは、昨年2月の人間ドックでした。実は、私がこう指摘を受けるのは、初めてではありません。ここ10年くらい、血糖値がやや高い状態がずっと続いていたからです。

 主な原因は、やはり、生活習慣でしょう。ご飯をよく食べ、お酒もよく飲むほうです。接待で会食することも多く、暴飲暴食とまではいかないまでも、食事内容は、野菜より肉中心でした。栄養バランスはくずれがちだったのです。
 仕事は忙しく、生活も不規則で、運動といえば、ときどきゴルフをするくらい。きちんと運動する機会は、ほとんどありませんでした。

 こうした生活を長く続けてきたために、ジリジリと血糖値が上がってしまったのでしょう。
 これまでは忙しさにかまけて、ほうっておいたままでした。しかし、今回の指摘を受けて、「さすがにこのままほうっておいてはいけないな」と考えました。年を重ねるうちに、そろそろ健康を意識しなければ、と思うようになったのです。

 そこで、人間ドックの担当医から勧められて伺ったのが、糖尿病の専門医である泰江慎太郎先生のクリニックでした。
 泰江先生からは、糖尿病の治療に関する詳しい説明を受けました。そのなかで先生から推奨されたのが、食事療法の補助手段として、トマトを利用することです。

 トマトには、リコピンという抗酸化物質が多く含まれています。なんでも、リコピンには、血糖値を下げる効果もあるとのこと。そして、トマトジュースは、生のトマトよりも、リコピンをさらに効率的に摂取できるのだそうです。

高めだった血圧が正常化。6kgスルスルやせた!

 こうして私は、昨年の4月から、食事の改善に取りかかりました。

 肉中心だった食生活を野菜中心に切り替え、トマトジュースを頻繁に飲むように心がけました。もともとトマトジュースは嫌いではなかったので、毎日飲んでも苦になりません。

 私の場合は、毎朝、トマトジュースをそのまま飲みます。お昼にも飲むことがあります。

 また、時間に余裕のある週末には、トマトジュースを鍋に入れて温めて、大さじ1杯のオリーブオイルを注いだ物を飲むようにしています。温めて、オリーブオイルを混ぜて飲むと、リコピンがより吸収されやすくなるそうです。寒い時期は温めたほうが飲みやすいので、わりと気に入っています。

 こうして、トマトを意識した食生活を続けたところ、その効果は着実に現れてきました。
 トマトジュースを常飲するようになって9ヵ月ほど経ちますが、トマトジュースを飲み始める前まで、7.1%あったヘモグロビンA1c(1~2ヵ月以内の血糖状態を示す指標。基準値は4.6~6.2%未満)が、現在では、5.9%まで下がっています。

 私の場合、時間が作れないため、運動療法は全くしていません。つまり、トマトジュースを毎日飲み、野菜を意識して食べるようにしただけで、大きな効果が出たのです。
 また、やや高かった血圧やコレステロール値も正常値になりました。

 体重も減りました。ここ10年くらいの体重は、74kg前後をキープしていました(身長は173cm)。それが今回、特にダイエットしたわけでもないのにスルスルと落ちていき、今は68kgになっています。無理なく6kgやせたことも、血糖値が下がった要因でしょう。

 さらに、おなかの調子もよくなりました。
 私の仕事は管理職です。毎日、さまざまなストレスを感じているせいでしょうか。以前から、おなかの調子が悪く、いつも下痢ぎみでした。

 それが、トマトジュースを飲むようになってから、おなかの状態が安定し、下痢をしなくなったのです。

 トマトジュースを飲むのは、手間がかかりません。毎日無理なく続けられています。
 もう少しホットトマトジュースを飲む頻度を増やしつつ、これからも、トマトジュースを毎日とり続けたいと思います。

リコピンの継続摂取で血糖値や血圧が改善(銀座泰江内科クリニック院長 泰江慎太郎)

 リコピンには、インスリンの効きをよくする作用があるため、血糖値を下げるのに役立ちます。前田さんの場合、トマトジュースを毎日飲むことで、治療薬の助けをいっさい借りずに、ヘモグロビンA1cを1%以上下げられました。以降も基準値内をキープしているのは、リコピンの継続摂取の賜物といえます。

 また、高めだった血圧やコレステロール値も低下し、すべての検査数値が正常化しました。これも、リコピンの抗酸化作用が大きく実を結んだ好例でしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt